全体表示

[ リスト ]

DVD-RAM

これまで、DVD-RAMと言えばPCのデータバックアップ用に数枚買っていただけ。
フロッピーやMOのように扱いが楽だし、数年前までメジャーだったコンボドライブやDVD-Rドライブでは読むことができないため、なくしても割と安心?と思って仕事用データのバックアップに使っていた。
ま、今時のPCはスーパーマルチが当たり前のようになったので、なくした時の安心感はなくなってしまったが。

ところが、DIGAを買ってから、DVD-RAMがこんなにも重宝するものかと・・・。
家のようにアナログテレビや通常のDVDプレーヤーがまだまだ現役で動いている環境も混在している場合、通常のDVD-Video形式が一番互換性が高いというのはどこのご家庭もそうでしょう。
(VR形式でも認識するけど、その時間が異様に長かったりね・・・)
あ、家中の再生環境がBDやAVCREC対応で整っているなら、こんなことはする必要もないんです。

デジタル放送を焼く場合、BDかCPRM対応DVDメディアが必要ですが、CPRMを歌っていないPC用というか、データ用DVD-RAMでもデジタル放送を焼くことができます。
ま、公に表示がなくともCPRMに対応しているということです。

で、スーパーマルチ対応ドライブが積んであるPCで読み込むことができるんですね。
あとはいろいろ調べてもらえば、データ用DVD-RにDVD-Video形式にオーサリングソフトを使って焼くことができました。

通常のDVD-RにDVD-Video形式に焼いてしまえば、DVD-RAMはフォーマットしてまた使えるのでメディアが無駄に消費せずに済むんですね。
同様の使い方なら、DVD−RWでもいいんでしょうけど、手元にはCPRM対応のDVD-RはあってもDVD-RWはないので、試してません。
ま、書き換えの対応回数的にもDVD-RAMのほうが多かったような記憶もあるので、ちょっと多めに確保しておこう。

この方法でDVD-Videoを作ると、それまで行っていたRDでアナログ録画後にPCへ転送しDVD-Video作成をしていたものより画質がいい感じがする。
アナログ入出力をするため画質劣化があることと、DVDに収まるレートで録画していることで、更に劣化が進むのだろうね。

DIGAでハイビジョン録画したものを標準画質でDVD-RAMへダビングすると、ま、同じように容量に合わせてビットレートを設定するのであろうが、アナログ入出力していない分なのだろうか画質がいい感じ。
ディスク容量ギリギリまでビットレートを調整しているのであろうか。
これが難点となることもあるが。
オーサリングソフトで、チャプタを作ろうとすると容量オーバーに。
ま、チャプタは作らなくともいいなら、こちらがいいかも。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事