過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

デジタル放送・・

DIGAを買って色々と録画しまくってます。
画質はDRでなくとも4倍録画程度なら十分・・人にもよるでしょうが、綺麗に見れます。
録画時間もたっぷり撮れるので性能はいいですな。

メディアに焼く場合、前に書いたとおり、互換性とか言い出すとBDが簡単ですが、古いノートPCやブラウン管テレビにつないでいるDVDプレーヤーでも観れないのが難点。
で、DVDに焼く場合もAVCRECではBDと同じ。

そういう古い機器でも問題なく見ることができるのはDVD-Video形式なんですね。
ところが、デジタル放送をDVDに焼く場合、ハイビジョン画質のAVCREC形式か標準画質のVR形式しか対応していない。
コピー制限のないコンテンツなら、DVD-Video形式で焼けるんですけどね。

とりあえず、VR形式に焼いてみた。
画質は標準画質。
PCでも問題なく再生・・・と行きたかったが、ここでも古いノートPCが引っ掛かった。

調べたところ、CPRMの問題。
ドライブやソフトが対応していないとダメらしい。
ワシのノートPCの場合、ドライブは対応していたが、ソフトがCPRMコンテンツに対応していなかった。
まあ、バージョンを上げれば大丈夫そうだが、いずれ考えよう。

そうなると、ブラウン管テレビに繋いでいるDVDプレーヤーも怪しい。
取説にも対応しているとか書いていないし・・。
さっそく試してみたところ、ディスクの認識が非常に遅い。
シーク音も激しい。
こりゃダメか?と思っていたところ、しばらくしてから認識。
無事にCPRMコンテンツでも再生できた。
それにしても、最初の認識の遅さは実用に耐ええないな。

VR形式からDVD-Video形式へ変えれば問題ないんですけどね。
たいがいのDVDオーサリングソフトでは、そういう機能はついているんですが、やっぱりCPRMによって、編集不能となっている。

ま、その辺の対応は各方面からの情報を仕入れて、試行錯誤の結果、無事に解決。
それにしても手間をかけて画質を落として、互換性を高める作業をするってのは、意味があるのかと自分で思ってしまう・・・。

ま、家にあるすべての機器がBDやAVCREC対応機器になるまでは、ちまちまと作業するしかないか。

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事