小田マリコの遠吠え

高校演劇のこと真面目に記録していきます。

高文連大会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お礼状が届いた

釧路根室地区大会の審査員をやったお礼状が届いていた。
当番校をやっているときは、必至だが、本当に大変な作業だと思う。
せっかく予定されていた講習会も、私の時間に対する拝領がなくて、ほとんど実施できなかった。
もしかして、生徒たちは、それをとても楽しみにしていたかもしれないのに、申し訳ないことをした。

果たして、伝えたかったことはどこまで伝わったのだろうか・・・と思うと、
改めて、文章で講評を伝えなければなるまい。
なんとか時間を生み出して、できるだけ早く対応したい。

釧路地区大会終了

昨日に引き続き、釧路地区審査員。
今日の発表は5校。
お食事会にも誘われ、先生方の結束力と熱い思いに触れる。
私は十勝しか知らずにいたが、ここも素敵な地区と知る。
さて、これから、講評文の作成。
生徒が発起する意見を言えるようにがんばるよ。

釧路大会審査員その1

釧路地区の審査員を仰せつかった。
現在、釧路に行くには、JRの快速を利用する。
いつものことだが、学校をあけるときは、バタバタする。
職員室の皆様、ごめんなさい。

道中は、ガーガー寝てしまい、あっという間に釧路に到着した。
途中、汽車は、強風やら、踏み切りの故障やら、なんやらで15分遅れたらしく、
バスで会場に着いたのは、約束の14時を15分ほど過ぎていた。

しばらく、当番校の先生や審査員の先生方と談笑。

開会式がおもしろかった。
幕が下りている。
舞台上、審査員が上手は同じだが、下手に大会運営陣だけではなく、参加校の部長が座っていた。
そして、彼らが檀上であいさつまでする。
幕間討論も健在だった。

今日の上演は2作、明日は5作。
ご一緒させていただく先生方のお話は、とても勉強になる。
明日も楽しみだ〜。

16年度のうちの裏事情

うちの発表は、たった一人の部員が舞台上で声を張り上げてがんばっていたら、
行き当たりばったりの筋書きでも、表現にメリハリがなく、3回も同じ画面が繰り返されても、
ダメ出しをすることは、気の毒で できないだろう。
実際、審査員の先生方も、厳しいことはおっしゃらなかったし、
メッセージカードにも、大方は「一人でよく堂々とがんばりましたね。」だった。

夏休みを有効に活用して、彼女の生の声を台本に書き起こそうと考えていた。
しかし、咳が止まらないからと、彼女は全く夏休み中の練習に来なかった。
「夏休み前にネタは出そろっているし、あらすじも仕上がっている。
後は、台本に書き起こすだけだから、やり方も説明したし、自分で頑張ってみなさい。
困った時は、すぐに相談しなさい。」と約束をしておいた。

しかし、
「自力で台本ができないならば、先生は協力はする。
しかし、自分で何もしないで先生に丸投げするなら、
今年は、お前が最後の年だろうが、地区大会の出場はない」、と彼女に伝えてあった。

あれだけ念を押しておいたのに、創作活動について、彼女からは、何も連絡はなかった。
休みが明けると、
「地区大会には出たいです、先生が書いてください」と言い放った。
出場校がうちのせいで8校になるならば、なんとしても出場を考えたが、
うちが出なくても、全道大会の出場枠に影響がないのがわかったので、
当初の予定通り、不参加にすることにした。
しかし、多方面からの強い勧めに負けて、
突貫工事で、彼女の考えてきたネタを私がまとめることにした。

今回のテーマは、部員ちゃんの成長物語だった。
部員ちゃんは、部活動だけではなく、さまざまなことに挑戦し、結果を出した。
どんなにがんばっても、今の彼女では克服できないことがあることも知った。
それを背景に、登場人物のぞみは、
部員ちゃんと私、私のクラスにいた卒業生の
「不思議な思考回路や言動」を織り交ぜてできたキャラクターにした。
練習を進めるうちに、
演劇的に”のぞみ”の不思議っぷりを際立たせるには、取り巻きが必要だと痛感した。

いつか、うちの演劇部には、こういう子がいたんだよ、という台本にまとめ直したい。


審査結果:

最優秀:帯広三条 「Flag!」 演劇部作 全道大会進出

以下
 優秀:清水 「平成28年度高文連十勝支部然別高等学校参加作品」(既成) 井出英次作 演劇部潤色
 優秀:帯広柏葉 「ぜん」 演劇部作
 優良:帯広北 「屠られるもの」 森田葉月作(生徒創作)
 優良:音更 「70年前の沖縄へ」 田中丈晴作(生徒創作) 演劇部潤色

審査員講評
 工事中



全16ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事