お絵描き王子のお絵描き日記

画家、大路 誠の絵のこと・見たもの・感じたものを週間で…。
しばらく雨続きだという東京に日帰りで行ってきました。
作品を出品している日本橋三越のイベントに参加するためです。

ただ三越に行く前にどうしても見たかった「ジャコメッティ展」を見に、
国立新美術館に行ってきました。

僕の中では最近の展示の中で1、2を争うくらいいい展示でした。
もともとジャコメッティが好きということもありますが、
作品がうまく分類、展示され、リズムのいい展覧会だと感じました。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3


いいのか悪いのかはわかりませんが作品の写真を撮れる一角があり、
 僕ももちろん撮りましたが作品を観るよりも撮影に一生懸命な人の姿が不思議に映りました。
まぁ美術館側のSNSに拡散してほしい狙いがあるのでしょうね。
まんまとその狙いに乗っかっています。

展示は9月4日までだそうです。
お近くの方でまだご覧になっていない方は是非!

さて、新美術館の次に銀座に行き画廊を数件周り、
その後三越に行きました。
この日が初日の「LIONCEAUX RENAISSANCE 2017」でしたが、
18時から「アート夜会」と銘打ったイベントが開かれるということで、
どんなイベントか楽しみに行ってきました。

イメージ 4
こんな感じにカルタ大の色紙に描きました。

まず到着してやったことは、
イベント内の抽選会でプレゼントされるカルタサイズの色紙に絵を描くこと。
いきなりでしたし、画材もなぜか鉛筆と、カラーペン、
クレパスだけだったので変なものができあがってしまいました。
一応ザクロですが、想像で描いたので抽選で当たった方が喜んでくれたかどうか…。

イメージ 5
イベントは雨の中でしたが多くの人に来ていただけました。

イベントは色紙プレゼントの抽選会の他に、
◯×クイズなどもあり今まで見たことがないような画廊でのイベントでした。
お客さんたちは色々もらえるので、
概ね喜ばれていたようですが。

出品している他の作家さんとの交流もできましたし、
楽しい時間でした。
日帰りはキツかったけど。

会期は21日(月)までです(前回のブログでは22日と書いてしまいましたが間違いです)。
もしお時間ございましたらご高覧の方よろしくお願いします。

イメージ 6
このような感じで展示されています。

「LIONCEAUX RENAISSANCE 2017」
会期:2017年8月16日(水)〜21日(月) 10:30〜19:30(最終日は17:00まで)
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
        東京都中央区日本橋室町1-4-1 TEL03-3241-3311

今月はもう1つ東京での展示があります。
また詳しくお知らせします。
概要は以下の通りです。

「HOPES〜次世代百選展〜」
会期:2017年8月30日(水)〜9月5日(火) 10:30〜19:30(最終日は17:00まで)
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊、美術サロン、他
        東京都中央区日本橋室町1-4-1 TEL03-3241-3311
イベント:「出品作家と三越スタイリストによるクロストーク」
                  9月2日(土)、3日(日)、各日14:00〜
                 ギャラリートークの少し変わった形のものだと思います。
                 私は9月2日(土)に参加予定です。
スペシャルサイト

この記事に

開く コメント(7)[NEW]

毎日本当に暑すぎますね。
そしていよいよ台風シーズン。
色々気をつけないと。

さて、秋の個展に向けて鋭意制作中ですが、
8月は日本橋三越で2つのグループ展に出品することになりました。

そのうちの1つが8月16日水曜日から日本橋三越本店にて行われる「LIONCEAUX RENAISSANCE 2017」というグループ展です。

「LIONCEAUX RENAISSANCE 2017」
会期:2017年8月16日(水)〜22日(火) 10:30〜19:30(最終日は17:00まで)
会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊
        東京都中央区日本橋室町1-4-1 TEL03-3241-3311
イベント:「アート夜会」8月16日(水)18:00〜

イメージ 1
出品作品「まどろみ」P12号

「リオンソールネサンス」と読みます。
「リオンソー」とはフランス語で「ライオンの子供」のことです。
三越の看板犬ならぬ看板ライオンが有名ですが、
そこにもかけているのかな。
若手作家(この業界では41歳の僕も若手に入れてもらっています)約50人の展覧会です。
千尋の谷に蹴落とされても這い上がってくるようないい作家さんを求めているんでしょうね。
僕もそう強くなれればいいのですが。


イメージ 3
イメージ 2


こちらは展覧会のカタログからです。
色校正ができないのでやたらコントラストが強い写真が載ってしまいました。

会場には初日の16時くらいから在廊できればと考えています。
そして16日の18時からは「アート夜会」というイベントがあります。
作家とお客さんとの懇親会のようなものだそうです。
こちらにも参加しますのでお時間合いましたら会場でお会いできればと思います。

もちろん初日以外の日でも作品だけでもご覧いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m。



この記事に

開く コメント(3)

東京でのグループ展が終わってずっと制作などが忙しくしばらく更新できていませんでした。
油彩画を数点制作中ですが、なかなか完成ができません。

代わりに水彩画の作品を描いたのでその制作過程とともに載せてみます。

イメージ 1
これが今回描いた水彩画の作品です。
「トウモロコシ」P6号です。
久々の水彩画だったのでギクシャクするところもありましたがなんとか完成することができました。
下に順番に制作過程を載せてみます。


イメージ 2
まず鉛筆で薄く下描きをしていきます。
自分自身で見えるか見えないかギリギリのところまで消しゴムなどで薄くします。
光る部分などにはマスキングをしていきます。

イメージ 3
最初の着色は背景からです。
「背景」という扱いなので実際に見えるよりも薄めに描いています。

イメージ 4
トウモロコシ自体を描いていきます。
まずは実の部分から。
この状態だと屋台の焼きトウモロコシのように見えますね。

イメージ 5
葉っぱ(?)の部分に色を入れたところ。
マスキングが効いているので単色を入れるだけでも表情が出てきます。

イメージ 6
トウモロコシの落ちている影と同時に、
物自体にある陰も描いていきます。
これを入れることでずいぶん立体感が増してきました。

イメージ 7
この時点でやっとマスキングを剥いでいきます。
剥いだ部分は真っ白なので、実の部分のハイライトはそのまま真っ白なまま。
他の部分は明部として使っていきます。
この後暗い部分をより描き込んで一番上にある完成になっていきます。

この作品は10月に京都で行う生徒作品展の賛助出品として出そうと思っています。
その後は同じ月に行われる大阪阪急百貨店での個展かな。
また近くなりましたらお知らせしますので、
お近くの方、お時間合いましたらご高覧の方お願いします。

この記事に

開く コメント(12)

先月は白日会関西展や引越し、そして7月1日まで銀座のギャラリーアートもりもとで行われてい「Zephyr」展のために東京に行ったりと慌ただしく過ぎて行った1ヶ月でした。

イメージ 1
画廊の看板には教え子の吉間春樹君の作品が選ばれていました。

その「Zephyr」展、無事終了しました!
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

白日会関西支部の若手作家を中心にしたグループ展でしたがやはり銀座ということや、
アートもりもとさんが若手作家の登竜門的な位置にあるということもあり
多くのお客様に来ていただくことができました。

今回は賛助出品という立場で参加しましたが、
同じく(同じくというのも憚られますが)賛助出品の生島浩先生の作品と並べることができて
嬉しかったです。

イメージ 2
出品作品「ドライフラワー」です。
額縁に入ると多少はよく見えます。

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
会場に飾られている作品の様子です。
賛助出品以外は10号とSMの2展出品ということでした。

若手作家たちはいい結果が出たり出なかったりでしたが、
それぞれに課題を見つけられた経験の場になったようです。
みんなこうやって作家さんになっていくんでしょうね。

そしてお知らせが遅くなりましたが、
「Zephyr」展の最終日の7月1日から港区青山のGallery5610では「現代アーティスト クレパス画展」が始まりました。
大阪のサクラクレパスで行われていたクレパス画展の東京展です。

イメージ 6

「現代アーティスト クレパス画展」
会期:2017年7月1日(土)〜8日(土) 11:00〜18:00(2日(日)休廊、8日(土)16:00まで)
会場:Gallery5610 
        東京都港区青山5-6-10 5610番館
        TEL03-3407-5610
        www.deska.jp

クレパス画での初めての作品を出品していますので、
お時間ございましたご高覧いただけますようお願い申し上げます。

会期後は鳥取県日南町にある日南町美術館に巡回されます。

東京展は観に行けないのですが、日南町などは行ってみたいなぁと思っています。
またご案内しますので、何かついでがありましたらよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(4)

「第93回 白日会関西展」、無事に終了しました。
こちらのブログのお知り合いの方含め、多くの人に来ていただけたようです。
本当にありがとうございました!

そして告知するのが遅くなってしまいましたが、本日6月23日より銀座のギャラリーアートもりもとにてグループ展がはじまります。
いまこのブログを書いているのもその展覧会に向かう新幹線の中からです。

イメージ 1


「第1回 Zephyr」展
会期:2017年6月23日(金)〜7月1日(土) 10:30〜18:30(日曜休廊)
会場:ギャラリーアートもりもと
         東京都中央区銀座3-7-20
銀座日本料理会館2F
         TEL 03-5159-7402
         http://www.artmorimoto.com
出品者:上田治希、小椋喜公、瀬尾佑佳、中道佐江、西脇恵、山本周、吉間春樹
 (賛助出品)生島浩、大路誠、小森隼人、阪東佳代

「ゼファー」と読みます。
バイク好きな人はすぐにピンとくるかもしれません。
西風という意味です。
今回の展覧会のメンバーはほとんどが関西在住の白日会の若手作家でして、東京から見て「西からの風」という意味だそうです。

僕も気分的にはまだまだ若手のつもりでいるのですが、さすがに20代には入れてもらえず恐れ多くも賛助出品という形での参加になりました。


イメージ 2


出品作品はこちらのブログで作品を載せたことのある「ドライフラワー」M6号変形サイズです。
久しぶりに描いたドライフラワーが会場でどのように映るか楽しみです!

会場には本日15時くらいからと、
明日24日の同じく15時くらいから入ろうと考えています。
もしお時間合いましたらどうぞよろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(0)


6月15日から「第93回 白日会関西展」が始まりました!

「第93回 白日会関西展」
         (最終日は17:00まで。入館は各日とも閉館の30分前まで。)
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館8階 近鉄アート館
         TEL 06-6624-1111
入場料:一般500円、大学・高校・中学生300円

会期も折り返しですが、
僕は本日18日の13時頃から17時頃(17時から20時までは受付やってます)に
会場にいる予定です。
もしお時間ございましたらご高覧いただき、
ぜひ声をかけてやってください!

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
会場搬入風景です。
本当にたくさんの作品が一度にやってくるので飾れるか心配になります。

さて、今回の白日会も搬入から行っていたのですが、
毎年この量が収まるのかなとは思っていました。
そしてやはり会場には収まりきれず巡回予定だった作品数点と、
関西支部の出品者の数点が入れ替えという形になってしまいました。
全体的な出品者の増加と、
特にここ数年で関西支部の出品者が増えたことが原因ですが、
それはそれでうれしい悲鳴です(やられた方はたまったものではないでしょうが)。


イメージ 4
イメージ 5

僕の作品は会場奥の向かって左側の壁面に展示されています。
僕の作品の左側には偶然にも広島市立大学の後輩、
長坂誠君の作品が展示されています。

とにかく盛りだくさんの展覧会です。
タワー館11階の画廊で行われている
白日会選抜小品展も併せてご高覧の方よろしくお願いします。

この記事に

開く コメント(2)


こちらでの告知が遅くなってしまいましたが、
6月15日木曜日から大阪天王寺、
あべのハルカス近鉄本店で「白日会関西展」が始まります。

イメージ 1
イメージ 2

「第93回 白日会関西展」
会期:2017年6月15日(木)〜20日(火) 10:00〜20:00
         (最終日は17:00まで。入館は各日とも閉館の30分前まで。)
会場:あべのハルカス近鉄本店 ウイング館8階 近鉄アート館
         TEL 06-6624-1111
入場料:一般500円、大学・高校・中学生300円

僕は初日の15日13時頃から15時頃と、
18日の13時頃から17時頃(17時から20時までは受付やってます)に会場にいる予定です。
もしお時間合いましたら会場でお会いしましょう。

イメージ 3
出品作品「Bibliophilia」P100号。
ハガキのものを載せましたが、
今回は会場でのハガキ販売もある、かも、です(まだ決定ではないので)。


そして今回の白日会関西展ではイベントや同時開催の展覧会もたくさんあります。

まず、白日会関西展の会場では、
6月16日(金)10:30から、17日(土)14:00から、18日(日)14:00から、19日(月)14:00から。
以上の日時に作品解説やギャラリートークが行われます。

去年好評だった「色紙プレゼント」、今年も行われるそうです。
(僕は今年は出していません。

そして6月17日(土)11:00から13:00の間、
ウイング館7階では「缶バッジ作り」を行うそうです。
子供さんは喜びそうですね。

イメージ 4
「白日会会員選抜展」出品作品、「イチゴ」M4号。

最後に、タワー館11階美術画廊では「第11回 白日会会員選抜展」を行います。
先日ここで作品制作過程をお見せした「イチゴ」M4号を出品します。
会期は14日(水)から20日(火)まで。
こちらの方もご高覧いただければ嬉しいです。

告知ばかりになってしまいましたが、
年に一度の大イベントです。
お近くの方がおられましたらご来場、どうぞよろしくお願いします。


この記事に

開く コメント(6)

今日は絵画の話ではなく、
僕の作品がデザインされたコスメを載せてみます。

イメージ 2
イメージ 1

写真では見えにくいかもしれませんが、
袋に付いているシールが僕の桜の作品をデザインしたものです。
京都造形芸術大学の同級生の高木よしえさんが経営しているエステ
「京都Juniper(ジュニパー)」がコスメを開発、販売することになり、
そのパッケージに僕の作品を使ってもらえることになりました。

袋には手触りのとてもいい京都の伝統的な和紙が用いられているのですが、
僕の作品が日本らしさを表現できるということで使ってくれたようです。
普段は本物の作品を見てもらうだけですが、
こういった形でまた違ったところで色々な人の目に作品が触れるのもいいですね。

僕ごとき無粋な男がコスメについて詳しいことは何一つ言えませんが、
高木さんがこだわりぬいて作ったものだそうです。
もし興味がありましたら一度詳細を見てあげてください。

「京都ジュニパー モリンガコスメ」で検索。
もしくは http://juniper.kyoto-beautysalon.com/ まで。

高木さんだけではなく、同級生は色々な場所で活躍をしています。
僕はスマホのゲームをしませんが結構有名なゲーム会社の社長さんだったり、
世界的なダンサーになっていたりと僕とはえらい違いです。

同じ絵画の世界ではないのですがその姿には本当に刺激をもらっています。
頑張っている同級生の存在はありがたいです。
彼らの刺激になれるかどうかわかりませんが、
僕ももう少し頑張ってみようと思います!!

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事