ここから本文です

書庫小田急線撮影地紹介

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]



正直どんな事書くかあんままとまってないんですがとりあえず思いつきで書いちゃいたいと思います(笑)




小田急3.26ダイヤ改正まであと2週間程。
廃止される物の葬式も始まる頃合い、「一体どこで撮ればいいのか?」とか「とりあえずここで撮っておいたら大丈夫だろ」とかいう感じのをまとめてみました(新宿〜新百合ヶ丘間のみ)。

あ、順光時間帯とかはめんどくさいので省略しました。
下り→午後順・上り→午前順と思ってれば大体の撮影地で通用します。


1:新宿駅

イメージ 1

撮影可能車種:メトロ車以外全て(ごく稀に撮れる)
撮影可能種別:多摩急行以外全て

comment:とりあえず行けば何かしら撮れる。面縦以外にもスナップ、幕/LCD回収も出来るので効率がいい。

2:代々木八幡駅

イメージ 2

撮影可能車種:メトロ車以外全て(ごく稀に撮れる)
撮影可能種別:多摩急行以外全て

comment:小田急ド定番駅撮りスポット。被り率が高いがホーム10連対応工事によってこの構図では撮影できなくなると思われるので撮るべき。

3、祖師ヶ谷大蔵駅

イメージ 3
イメージ 4

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:各停,区準以外

comment:超定番撮影地。成城接続の急行or多摩急、快急が被られることがあるがそこは運の問題。優等種別で困ったらとりあえずここに来よう。

4、喜多見駅

イメージ 5
イメージ 6

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:各停,区準以外

comment:超とは言わないまでも定番撮影地。被りは意外と少ないので割とおすすめ。なお乗務員交代駅なのでたまに交代の乗務員が居る、注意されたら従う事。

5、和泉多摩川駅

イメージ 7
イメージ 8

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:各停,区準以外

comment:複々線区間内ではそしがやに次ぐ撮影地。特に下りは午前中でも光線がまとも、上りは日暮れ前の側面エロ光など、色々なポイントがある。なお一部列車は被られるので要注意(下り:ロマンスカー・上り:登戸区準接続の急行等々…)

6、向ヶ丘遊園〜生田(遊園カーブ)

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:全種

comment:撮影地に困ったらとりあえずここに来ればいい。と言う位なんでも撮れる万能撮影地。線路沿いの道からなので構図も沢山ある。下りは遊園留置が来ると死ぬ。

7、読売ランド前駅

イメージ 13

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:全種

comment:ド定番撮影地。小田急鉄なら一度は行っておきたい所。一部列車は被られるのとかなり高速で通過するので撮影時は注意。6連以外は編成入らないのも注意。

8、読売ランド前〜百合ヶ丘(水道局前)

イメージ 14
イメージ 15

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:全種

comment:下りはマチタマに次ぐスポット。公式でも使われるほど。被られる事もあるがここで撮っておきたいのは事実。上りも同様、被られる事はあるが
やはり1枚は欲しい。

9、百合ヶ丘駅

イメージ 16

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:全種

comment:少しマイナー?な撮影地だが10連のS字はやはり見物。8/6連だと迫力が落ちる。この駅からだと8番と10番両方行けるのでその点でも寄り道程度に撮るのもあり。

10、百合ヶ丘〜新百合ヶ丘

イメージ 17
イメージ 18

撮影可能車種:全種
撮影可能種別:全種

comment:ここも定番。ハイアン&S字と言う珍しい構図。撮影場所のすぐ横は車道なので撮影時は車に注意する事。




ざっとまとめてみましたがどうでしょうか…
写真の質は気にしない方向で(-_-)

もう1個、「余力があれば行きたい&バルブ撮影地」ってのも考えてるんでぜひお楽しみに〜(土曜に書きます遅い)


ではおやすみなさい〜!



            にほんブログ村・小田急線 
イメージ 5

イメージ 3
当ブログはにほんブログ村、鉄道コムに参加しています。
ぜひワンクリックお願いします!



開くトラックバック(0)


下り作例

イメージ 1

小田急線駅撮り撮影地では1,2を争う超有名撮影地。
6連〜10連が撮影できるが被り率がそこそこ高いので注意。

順光は夏場は午前遅め〜14:00?で冬場は昼頃。
駅先は広いので大人数でも撮影できるが周りは住宅街なので撮影の際は静かにして撮影してもらいたい。


上り作例

ほぼ撮影不可

両ホーム共に下り方は狭く、線路上に山手通りが通っているため陽も当たらない。

下りホーム中程からスナップ写真が撮れる。




開くトラックバック(0)

撮影地紹介・栗平駅


下り作例1

イメージ 1

少し下りの直線構図で編成全体が構図に入る。
被り率はそこまで高くないものの、列車によっては被るので注意。

順光は午後?

下り作例2

イメージ 2

1番ホームから下り列車を撮る。
この構図で撮影できるのは多くて3人程度。

架線柱の写りこみが多く、光線もあまり良くない(当たっても前面のみ)なので撮影地としては殆ど知られていない。
激パを回避できるが、編成が入らないのでここで撮る人はほぼ居ない。


上り構図

イメージ 3

多摩線の超有名撮影地。

直線構図で10両綺麗に撮れる。順光は午前中遅め。
列車によっては被られるので注意(特に区間準急)。
また駅先はホームが狭いので下り列車に注意して撮影すること。





開くトラックバック(0)


下り作例

イメージ 1

6〜8両程度がおすすめ。10両だと編成後方が切れてしまう。

順光は午後。冬場は14:00頃から?
本数に対して被り率はそこまで高くない。


上り作例1

イメージ 2

小田急線の駅取りの中でもかなり有名な撮影地。
10両、8両は編成が切れてしまう。

被られることもたまにあるので注意。

順光は午前中。
夏場なら昼前まで持つが冬場は10:00頃までか?

上り作例2

イメージ 3

作例1と同じ撮影地で6両編成を撮影した場合。
この撮影地で編成が入るのは以下の通りである。

・5両編成(クヤ31+1051F)
・6両編成
・7両編成(クヤ31+1751For1752F)
・11両編成(VSE,LSE)




[注意]
読売ランド前駅は上り下り共にホーム端が狭くなっています。
1人や2人での撮影なら問題ないですが大人数での撮影の際は安全に気をつけて撮影をしてください。
また上り方面は時間帯にもよりますが高速で通過します。
黄色い線の外側での撮影は絶対に止めてください。



開くトラックバック(0)


下り作例


撮影不可(撮れないこともないがお勧めしない)



上り作例

イメージ 1

6両編成から10両編成まで綺麗に編成が収まる。
一部の各停が被る以外、江ノ島線ではまともな撮影地ではないだろうか。

順光時間は不明だが高座渋谷駅の順光時間から判断して午前中と思われる。




長後駅東口を出て小田急線沿いの小さな道を大和方面へ5〜6分、高座渋谷13号踏切付近が撮影地となる。
人通りは決して多くないが道が細いため三脚を使用する際は通行人に注意してもらいたい。



開くトラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事