みなみの風 通信

子育てに優しく温かい風を〜

全体表示

[ リスト ]

こんにちは、三瀬りなです。
保護者の方からみなみの風新聞に載っている
竣工式の写真を見てりなさんが抱っこしているのは
りなさんのこども??というお話を聞いた時
私は、えっっ!!という驚きでいっぱいでいした。
私のこどもではなく・・・どんぼぐみのNちゃんですよ♪

さぁ〜ここからは
先日、6月16日に行われた
とんぼさんにとって2回目のクッキングについてお話したいと思います☆彡

登園してきた時から
「早くクッキングしたい」「持ってきたよ見てみて!」
とエプロンと三角巾を出してきてクッキングを楽しみにしているこどもたち。
(実は私も楽しみで、心の中ではワクワク・ドキドキでいっぱいでした。こども達よりも楽しみだったかも知れません…。笑)

とんぼさんは”梅ジュース”を作りました(#^^#)
朝の会が終わり、エプロン・三角巾の着用♪
その後、手洗い・消毒をして
クッキングをする前に・・・

梅はどうやってできているのかやどうやって梅ジュースを作のか
つまようじの使い方は??などのお話をしました。

なぜ、クッキングの前に上に書いてあるようなお話をしたかというと

梅について知ることから、食べ物への興味や関心を持って欲しい。
どうやって出来ているのか知って欲しい。
などの思いがあり、クッキングをする前にお話をしたり、こども達と一緒に考えたりしました。
イメージ 1

梅についてやどうやって作るのか分かってくれたかな・・・。
お話が終わった後は
給食室に材料の「梅」や「きび砂糖」を取りに行きました。

今回は3グループに分かれてクッキングを
行いました。
(しほさんグループ、さとみさんグループ、りなさんグループ)

イメージ 2

部屋に持ってきた梅の匂いをかいだり
手で触ってみたりと興味津々

イメージ 3

その梅につまようじで穴を開けていくのが
今回のとんぼさんのお仕事でした。

さとみさんからどうやって穴を開けるのかどのくらい開けたいいのかの
お話がありました。

その後、ボールに入った梅につまようじで
穴を開けました。

穴を開けるだけというと大人にとっては、簡単な仕事に思えますが、
3歳のこども達には
つまようじが途中で折れてしまったり
梅が固くなかなかさせなかったりしました。

でも中には梅を持ったままつまようじをさすのではなく
机に置いてさしてみたりと、どのようにしたら穴が開くのか工夫して
要領よくできるようになってきた子もいました。


私たち保育者がどうしたらいいのか1〜10まで方法を教えるのではなく、
こども達が考えられるチャンスを奪わないように保育を行っています。

結果・・・
こども達なりにいろいろ考えて
工夫できたて良かったです。


イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

穴をたくさん開けた方が、梅のエキスがたくさん出て美味しいジュースになるようです。
里美さんから1個の梅に10個穴をあけようと教えてもらい
みんな頑張っていました。

穴を開けた梅をビンに入れ

イメージ 8

そのビンにきび砂糖を入れ

イメージ 9

梅ときび砂糖をビンの中で混ぜ合わせたら作業完了です。

イメージ 10
イメージ 11

そのままゆっくり寝かせて
約3週間・・・

とんぼさんが作った”梅ジュース”
出来上がりが楽しみですね♪♪

でもこども達は・・・
クッキングが終わった後、早速「ジュースのみたーい!」
「もう、梅ジュース出来ているか見に行きたい!!」と言ってました。
3週間、どのくらい待てばいいのかこども達にはちょっと難しいですね。

今日の朝の会でも金曜日のクッキング振り返り
みんなでお話をしました。
そのあとにどんな風に変化しているかなーと
みんなで給食室に置いてある瓶を見に行きました。
ちょっと汁が出始めていましたが、まだお砂糖は全部解けていませんでした。

出来上がは、七夕の頃・・・
ゆっくりゆっくり待ちたいと思います( *´艸`)

実は私が一番早く出来ないかなぁ〜〜って思っているかも(;^_^A


△▽Rina△▽







この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事