みなみの風 通信

子育てに優しく温かい風を〜

全体表示

[ リスト ]

天から与えられたもの

こんにちは
毎日暑い日が続いていますね。
台風が雨をもたらしてくれそうではありますが、サマーキャンプの日には降らないで欲しいなぁと勝手気ままに思う森谷文です。

さてさて、唐突ではありますが、皆さん「この人みたいに仕事が出来たらなぁ」とか「あの人みたいになりたい」とか思ったことはありませんか?

私は、ドラマに出てくるような テキパキとかっこよく仕事をしている人を見ると「あんなふうになりたい」と思うことがよくありました。

そして、苦手な内容の仕事も「がんばって」こなし、判断に迷うようなことがあれば、憧れるあの人ならどう決断するかなと「がんばって」考え…。

頑張ったら出来るようになる。頑張ったらあの人のようになれる。そう信じて私の人生数十年を費やしてきました。

結果…、可もなく不可もなくいろんなことをやりこなしてはいるけれど、思い描く私の理想の姿とは違うような。。。しかも疲れる。
その上、「私も頑張ってるんだから、あんたも頑張りぃーよ」と周りにまで強制するかのような心情も。

「なんでも頑張れば出来る」と「あの人のようになりたい」この考えが自分を苦しめていることに気が付いたのは、つい先月のことでした。(今頃?なんて突っ込まれそうですが)

今、学んでいる講座の中で、“人はそれぞれ『ギフト=生まれながらにして天から与えられたもの』を持っている”
他の人が持っているギフトは、真似をしようと思っても出来るものではない。というような話がありました。

「頑張ったらあの人のようになれる」なんてことはなかったんですねー。
そして、講師の先生が次にした言葉は…

「誰かのようになりたい」と思って、真似をしたり、その人と自分を比べたりすることは、本当の自分を殺していること同じなんですよ。

「ぎゃ〜〜〜!!!」もう、その時は私の心の叫びが声に出そうなくらい。。。

『ギフト=天から与えられたもの』というとスポーツ選手や研究者などの有名人のような素晴らしい才能に限定されるイメージがありますが、実はそうではありません。
ギフトは、みんながそれぞれ必ず持っていて、その数は少なくとも一人10〜20個あるそうです。

私の中にも天から与えられた才能が10個?20個!?
「では、みなさん、自分のギフトは何?何個出てきますか?」ということで、私も書き出してみましたが5個も出てこず(笑)
あと15個はどこ行った??

自分も周りも知っている私のギフト
自分は知っているけれど、周りの人は知らない私のギフト
自分は知らない(気づいていない)けれど、周りの人は知っている私のギフト
自分も周りの人も知らないギフト

いろんなところに散りばめられているのかも。
そして、自分ではマイナス(欠点や短所)だと思っていた部分が実はギフトだったりすることもあるのだそうです。

八方美人→誰とでも話を合わせられる、仲良くできる、気配りができる
優柔不断→いろいろな観点から物事を考えられる
飽きっぽい→気持ちの切り替えが早い
おおざっぱ→細かいところは気にしない

なるほど、なるほど、逆転の発想ですね。
こう考えると、私のギフトも増えそう♡

それから人とは違う点、短所だと思っていたことを逆転の発想で書き出してみるとなんだか気分も上々になり、
自分のことだけでなく、周りの人(大人もこどもも)に対してもこれはこの人のギフトだなぁ〜なんてさらに素敵な人に見えるようになりました。
そして、あの人のようになりたい→出来なくて苦しいなんて思うこともなく、自分を誰かと比べることもなく、
私はこうしたい、今度はこんなことに挑戦してみようと楽しいことがすごく増えたような気がします。
これからも、自分を大切に、周りの人も大切に、気持ちよく過ごしていくために「ギフト探し」を続けていきたいと思います。

AYA

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事