所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(題名とヒトラーのマインカンプとは無関係です。誤解なきよう♪)

全体表示

[ リスト ]

どうも、毎夜のほろ酔い所長です。

正月明けからの3連休でしたが、事務所は休みでも私は日曜日以外は仕事でした。

ただ最終日の今日だけは映画を観るため、仕事を5時で切り上げました。

映画はこの前ブログで告知した『聨合艦隊司令長官 山本五十六』です。

感想は…んーまぁ、一言で言えば監修の半藤一利さんらしい切り口の戦争映画ですね。

でも、嫌いじゃないですね、こういう視線。

半藤氏は『朝まで生テレビ』や『その時歴史が動いた』等で何度か、お話を伺っていて感じるのですが、

基本的には『戦前も現代もこの国には変わらないシステムある』というメッセージをされる方で、

この映画でもそれが伝わってくる。

その最たる手法がストーリ内に当時のメディア側の人間を登場させるという事なんです。

これは新しいでしょうね。

特に前半は面白かったですよ。

ただねぇ、後半は、半藤さん自身が山本シンパなもんだから、少し作りが雑かなぁ…と。

つまり山本五十六をまったく知らない人が観たら、ついていけた展開かな…と少し心配しました。


 それと、少し山本自身がノー天気な『ポヨヨ〜ン』としたオジサンすぎるような気も…

例えばミッドウェー海戦に失敗し何百人もの戦死者を出し作戦失敗の報告に来た、打ちひしがれている

南雲長官と二人で航行中の戦艦大和の艦内でお茶漬けを食べるシーンなんて…

コレ史実なのかなぁ…???と思ったりね。


あとはキャストの印象は…

【米内海軍大臣役】に柄本明さん…
んーちょっと線が細すぎやしないか?米内大臣は巨漢だったと思うが…

【井上軍務局長役】に柳葉敏郎さん…
海軍きっての理論派エリート井上成美に体育会系のキバちゃんはちょっとォ…

【山口司令官役】に阿部 寛さん…
デカすぎ・イイ男すぎ…でも山口少将は史実的には男としてカッコイイ人ですから…許すけど

【永野軍令部総長役】に伊武雅刀さん…
私のイメージどおり◎

【宇垣参謀長役】に中村育二さん
私のイメージどおり○

っとこれ以上書くとマニアック過ぎて誰も読まないのでこのへんで…

映画自体の総合点は100点満点中72点ぐらいかなぁ…半藤さん怒らないでね

でも私が前のブログでもアップしたとおり、山本は元々海軍省内中央にいる『軍政家』だったという

雰囲気はよく出ている。それは最前線では戦死者が多数出ているミッドウェー作戦中の艦内でも将棋を

さしているあたり…軍令家や軍略家らしくはないでしょう?でも実際はあんな風だったのかなぁ…


また永野総長と南雲長官派との確執があったとそころも描かれていましたね。(さすが半藤さん)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事