所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(題名とヒトラーのマインカンプとは無関係です。誤解なきよう♪)

全体表示

[ リスト ]

今日は3連休のど真ん中ですが、前回のブログでのとおり、スバルの新作 スバルXVの試乗に行ってきました。
 
まずは外観、どうでしょう、車高が上がるだけでずいぶんとゴツくなりますよね。
 
イメージ 1
 
ディーラの説明によると前評判の「なんちゃってSUV」では無く、最低地上高もキッチリ20cmあるとの事でした。
 
ならばと、普通のインプレッサと比べて見ましたよ。↓これが通常のインプレッサのシート高です。
イメージ 2
 
 
↓こちらがXVです。ちょっと逆光でわかりにくい画像ですが、かなり高く感じます。
イメージ 3
 
 
 
 
私の足の角度を見ていただければ一目瞭然ですよね。
 
 
 
 
 
 
さて、ポジションですが、これは『この車でしかない視界』といいうべきでしょうね。
私は日頃、普通車より車高が高い、初代レオーネエステートバン4WDという特殊な車に乗っているため、
いつもと変わらず『まぁ…そこそこ運転しやすいんじゃない』、なんて思うけれど、
普通の乗用車しか乗った事のない人は驚きかもしれない。
 
ただ、データー的にはフォレスターより2cm低いだけだという。
私は身長181cmなのですが、頭上には余裕があり、ここは◎ですね。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、いよいよ走ってみました。
視界はとにかく良い、正面はもちろん両サイドも・・・
歩道を通過して大通りに出る際などレガシィから比べると、とても楽ですよ。
 
さてさて、私が楽しみにしていた新型FB型エンジン、さっそく踏み込んで急発進を試る。
 
一番驚いたのは、エンジンの味付けよりも、CVTのスムーズ変速『感』であった。
 
実は、エンジンよりもCVTの効果が前面に出てくる印象が強いのだ。
 

イメージ 5
 
さて、そうは言っても、やはりスバル車ですよ。
 
EJ20エンジンより、かなりマイルドになってますが水平対向エンジン独特のバシャー感は感じる事ができます。
 
いや・・・コレはあえて残したのかな・・・感じないとつまらないですしね・・・ほんの気持ち程度ですけどね
 
だけどWRXのような、勇ましいボコボコ感は、一切感じず『万人受け』するでしょうね
 
『バシャー感』だの『ボコボコ感』だの分かりにくい説明で恐縮ですが・・・でも何となく伝わるでしょ
 
だけど、確かにEJ型エンジンより、踏込まなくてもパワーが出るエンジンかもしれない。
 
んーーーでもやっぱこれCVTの効果じゃないのかなぁ・・・
 
イメージ 6
 
 
画像では分かりにくいが、急ブレーキをかけて制動を試す。
 
3人乗車していましたが、ピッチングも少なく、キッチリ止まり
 
不快感の無い良く出来たサスペンションでしたよ。
 
コレ、ボディーの剛性も相当、功を奏してるなぁ・・・多分
 
 
あと、アイドリングストップも数度体験した、この短い試乗コースでも3回以上エンジンが止まりました。
 
停止後に急発進を試みてもまったく不安がない。いやはや、スゴイ時代なったものです。
 
さてさて、試乗を終えた感想は、軽自動車では物足りない、でも硬派なクロカン系SUVはちょっと抵抗があり、
 
せまい街中でも取回しが楽で安全性も高い、個性的な『街乗SUV』が欲しいという方には支持されるかも
 
しれないですね。(んーでも・・・それこそ『なんちゃってSUV』じゃないの・・・という疑問もあるけれど)
 
若者でも、オジサンでも似合う、そんな車だと思いますよ。
 
なにせカラーもソリッド系のオレンジから『オヤジ殺し』のメタリック系の9色もありますしね・・・
 
廉価版20iで209万円、アイサイト付の最高グレード20i-Lで235万円だそうです。
 
うーん買えねぇ。。。
 
\¹\¡ø·ë\֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à  ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックを・・・してくれると嬉しい、とても嬉しい
 
我が事務所のオフィシャルサイト→http://www.office-muraoka.co.jp/
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事