所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(題名とヒトラーのマインカンプとは無関係です。誤解なきよう♪)

全体表示

[ リスト ]

『同窓忘年会』前夜考

コンバンワ毎度のホロ酔い所長です。
 
以前のブログで少し触れましたが、明日は小学校時代の同級生達の忘年会があります。
 
実は私幹事なのですが、昔の旧友に会いますと、つい「子供の頃目指していた大人になれたのかな」
 
なんて思いがするものですが、私が少年時代に『こういう大人(男)っていいナ』と思っていた大人像のひとりに
 
『兵隊やくざ』という大映の映画に登場する、田村高廣さんが演じる、『有田上等兵』がいます。
 
私のキャラを外見だけで判断すれば、悪者相手に暴れまくる勝新太郎さん演じる大宮二等兵だと
 
思われるでしょうがね。。。
 
ところがどっこい実は、暴れ馬の大宮が慕う、兄貴分たる『真の上官』有田上等兵が大好きなのでした。
 
この上等兵さん、幹部候補の昇格試験で下士官になれる当時では珍しい大学卒のインテリなのに、
 
軍人での出世が嫌で、昇格試験はわざと滑べり続け、上等兵のままで大嫌いな軍隊から満期徐隊を夢見る
 
3年兵という変わり者(頭脳犯?)なのです。
 
その頭脳明晰で冷静沈着の中にも情があり、自分の意志を貫く逞しさもある。
 
上官に殴られたり、ならず者の古参兵達のリンチにあっても、敵・味方に関係なく、捕虜や女性や子供らの
 
弱者を守る『男』でした。子供ながらに熱い思いを感じたものでした。
 
 
しかしながら・・・この映画が今後テレビ放映される事はもう無いでしょう。
 
だって時代設定や登場する役柄、それに放送注意(禁止)用語が勉強になるくらいビシバシですからね・・・
 
私の少年時代は今とは違い、この映画は土曜日の2時くらいからテレビ放映されてましてね。
 
土曜日の朝刊で『兵隊やくざ』の放映をチェックすると、放課後楽しみで楽しみで・・・家まっしぐらでした。
 
おそらく、受験勉強や将来の不安を忘れさせてくれる爽快感と少々のエロスもあったりでして・・・(^−^;)>
 
えっ?やっぱり変な子供だって?大きなお世話だ!
 
ちなみに、シリーズ最高傑作は『兵隊やくざ・大脱走』だと思います。
 
興味のある方は一度ご覧あそばせ・・・昭和の少年たる所長のひとりごとでしたぁ・・・
 
ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事