所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(ヒトラーのマインカンプとは無関係です)アダルト系&不適切なコメントは適宜削除します。あしからず。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全169ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

まじめなお話

こんにちは?こんばんは?黄昏の所長です。

昨日は小平商工会建設業部会での研修ならびに交流会に参加してまいりました。

実は私,この研修担当委員長に就任してから3年目の研修でしたが,今まで一番良かったかもしれません。

それはバイト・パートを募集しても建設・建設関連業界が不人気の原因のひとつに雇用する側にも問題があると

いう事でした。

 どういう事かというと・・・・以前3Kと言われ建設現場のバイトは人気の無いという時期がありました,

しかしながら給料は比較的良かったわけです。

つまり3Kではあるが収入第一なら,まぁいっか。。。となっていたわけですが

それが現在ではいわゆる3Kであっても,あまり賃金差が無くなってきており,それなら快適な室内で汚れないし

女の子がいるマクドナルド等のファストフード店なりファミレスの方がいいや・・・と若い人材はそうなります。

 ならば外国人労働者ってすぐに考えるが,言葉と文化の違いもあり技術者養成は逆に日本人の倍の費用と

時間がかかってしまう。

 このような状況の先を読み,最近ある大手ゼネコンでは,若手職人減少の危機感から外注やら下請という

旧態依然とした形に頼らず,育成会社に資本を投下して自社ブランド職人を育成し確保する,

『プロパー社員的職人』の養成を行っている事業所の紹介があった。

 これ私が前回のブログの構想と一部合致する。

他人それぞれ意見があるので,私見として私の事務所はそのようにシフトしたいですね。

自分の事務所の補助者なりに労働に見合った金額を払い,人材として事務所に存在し続けてもらうには・・・


まず安売りをしない事かと。(ぐっとガマンの実施済み・但し例外もあるので臨機応変に対応ますが)

そして不動産業者にへりくだらない事。(かといって威張らずネ・これも実施してます)

具体的には不動産会社等に紹介料なんて支払わない事かと。(そもそも禁止ですし・実施してます。)

そして情報を発信して多くの『不動産オーナー』に知ってもらう事ではないでしょうか。(挑戦中・届いてるかな)


 また土地家屋調査士会側も不当誘致禁止の錦の御旗で『宣伝するな・営業するな』的な事を声高に言わない

事です。

研修で懲戒の対象なんて言ったら開業したばかりの土地家屋調査士さんは萎縮してしまいますよ。

昭和場末のキャバレーで「マリが私の客を取ったってヨーコと大モメ・・・」的な

貴重な次代の業界後継者萎縮させてどうします。


 私はホームページを立ち上げましたけど,それは自身で良い成果品を事務所の経費から逆算した価格で

提供して宣伝して世の不動産オーナー知ってもらい紹介者を介さず依頼できて,その結果内容に見合った報酬

を堂々と受取り,各事務所が家族を養いキチンと納税して国を支えればよい,という考えからでした。


 話はそれますが,驚いたのは私をHPで知って客に紹介し,紹介料を希望する業者が結構いた事です。
(はあっ紹介料?・・・御社は私共のホームページ見て連絡しただけですよね?)

 このような方がいらっしゃるという事は対応される方もいるのかもしれませんけれど・・・

やはり報酬額と成果品品質基準について調査士会で定めて徹底しないと廉売は改善しないと思います。

今どき,図面も付いていない紙一枚境界確認書とキチンと図面と画像も付いて測量方法も実施要領をクリアー

している境界立会確認書が同一料金・同一仕様として取引されている・・・測量士のみの測量会社作成した筆界

確認書を登記に使用している現状も含めて,後に責任が取れるものにはコストが必要だと世間に知っていただ

かないと・・・

マクドナルドに土地家屋調査士は人材を奪われ弱体化してしまう・・・かもかもです。


ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く トラックバック(0)

おはようございます。

土曜日の朝,何とか雨は落ちてきておりません。

さて,そんな土曜日,事務所自体は休日ですが,私は職安に提出する求人関係の書類を作成しております。

 これがまぁ結構大変なのですが,記入していく過程で改めて自分の事務所の経営を見直すきっかけに

なってたりして。。。

 土地家屋調査士事務所に限らず『士業』全体としても,業務独占型(まぁコレも微妙な言葉だが)の国家資格者

の事務所の開業から業務廃止まで,どういう経過をたどる事が多いのかを今一度考察してみると独立開業型の

資格者であったものが就労型も可となった『○○士法人』となってからは,法人化した事業所の現在の状況を

冷静に観察する必要があるかもな・・・などと考えてしまって。


 近い将来・・・募集要件,『土地家屋調査士』というのが一般的という日も来るかもしれない。


人それぞれに人生があり,開業・経営の各々希望をもって開業すると思うのですが,『日本は資本主義』,

原則として資本投下して拡大し続ける状況下にあって,誠実な業務,正確な測量,迅速な納品を続け,

その結果として事務所が評価され,受託数が増え続ければ事務所は拡大し続けなければならない。

 その結果として優秀な土地家屋調査士で構成された法人事務所というのが最終形となるのか。 


そしてその法人が『ブランド化』又は『名門化』若しくは『老舗化』し,その法人に在籍することが

土地家屋調査士のステイタスになり,その結果としてクライアントが増加・・・経済的発展・・・くりかえし・・・

なのでしょうか。(忘れた頃にやってくる,『納税というビンタ』もあるものの・・・)


 私がかつて公嘱協会の理事であった頃,社員である土地家屋調査士の先生方に業務を配分する役目でした。

土地家屋調査士が土地家屋調査士へ業務をお願いする事は大変貴重な経験であった。

 毎月給料を支払っている雇用関係ではないので直接比較はできず,個人差があるものの開業している

土地家屋調査士のメンタリティというものを2期4年間の短い間であったが垣間見た気がします。


 ひるがえって,ふと自分に『それ』が出来るだろうか・・・などと自分の事業所の求人募集の書類を作成中に

感じた土曜日の朝であります。

【オマケ】
同業同士の話で「私はマイペースでガツガツしないで仕事してるよぉ・・・」的な発言聞く事もありますが,
マイペースで仕事させてくれる依頼者がいるのって,ある意味凄い。
いや皮肉じゃなくて。でも(本当なの)ともチラッと思ったりして・・・

 えっ社交辞令なの?・・・同業は皆様ホンネを言わないからなぁ(笑)・・・本当にひとりごとです。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(0)

□令和1年6月26日 アルバイト&補助者募集のお知らせ  

経験者歓迎します。
未経験者でも可,
内容は現場での土地測量業務がパソコンを使ってのCAD操作が主です。
アルバイト・補助者ともに週に3日のみの勤務でも働けます。

土地家屋調査士の受験勉強をしつつ,実務を覚えたがバイトで勉強に影響にならない程度・・・
とこんな方には最適かと思います。

残業は分単位支払い,総額30万円超えも可
補助者の場合は労災・雇用保険あります。
アルバイトは時給1200円から経験等考慮して決定します。
またお正月,お盆手当て有り。
 土地家屋調査士が行う,土地業務・家屋登記の実務は1年在籍すれば,個人差はありますが,
ほぼ身につくと思います。
 わが事務所はブログやウェブサイトで過去の募集をご覧いただければわかりますが,
一度入所した方の在籍が長いのが特徴です。

土地家屋調査士という職業に誇りをもって,稔りある人生にしたいと日々考えております。

応募は下記メール又は電話にて 代表 村岡まで

電 話 042−344−9889


ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(0)

こんばんは,黄昏時の所長であります。

いや、まだ仕事が終わってないのですが,少しひと休みしております。

さてさて・・・

 実は最近感じる事があるのですが,周囲から『ライバル視』又は『仮想敵国視』するような言葉をかけられる

機会が多い気がします。

  先日も宴席ではっきり言われましてね・・・これ全然関係が違う別々の宴席で別々の方でしたが,

いずれも私と同世代の50代の男性で,お酒もすすみ酔ってのご発言でした。

 かく言う私も20代から30代の間は,お酒が入ると議論に興じまして田原総一朗化するという

まーめんどくせーヤツでしたが・・・

 しかし40代になってからは不思議とお酒が入っても議論したり、カラんだりはしなくなりました。

おそらく,お酒が入って議論したり絡んだりする心理って,自分史からふりかえってみると

『さびしい』・『満たされてない』・『評価して欲しい』こんな欲求があった頃じゃないかな・・・と

もっと認めて欲しい,イマイチ世に出たいんだけど,日々の仕事をこなすのが精一杯で目的達成への

時間・資金・忍耐すべてが不足している・・・当時こんなジレンマだったのだろうなァ

しかし今や55歳です。

この年齢で宴席で同世代の同性が酒が入った怪しい舌で・・・

「私はあなたには負けません」とか「私あなたが大嫌いです」って言われますとねぇ・・・


温厚な私でも背中に彫った,この唐獅子牡丹が・・・いやいや違う違うって・・・(笑)
(ココ笑うトコですよ)


まず「あなたに負けません」という類でくる御仁へは・・・

「おーコワイコワイ」って笑ってスルーですね・・・だって私そんな狭い業界や世界だけで生きてないもん・・・

ハハハ少し酔いがまわりましたかね?まーまーツマミながら飲み直しましょ。で笑い話で終わり


しかし「私あなたが大嫌いです」という類でカラんでくる方へは・・・


「私を嫌っている人に好きになってとお願いするような人生は歩んではいない」の体で完全スルーですね。

 いい歳をしてそんな事を酒の勢いを借りなくては言えないの?そんなに私が怖いかね?

ならばシラフの時だけ懐の広い『イイ人ヅラ』するな、酔っても最後まで理解あるイイ人を演じきれよ

途中で酔って,自分の本心を抑えきれずギブアップしてキレる・・・みっともない・・・

 私を嫌いなのは一向に構わないが,言葉に出す出さないか、演じきれるかは,現在のあなたの限界であり

『実力』じゃないですかな。

 このセリフを『酒の力を借りて』で言った時点で私の中で,たとえ年上の先輩でも尊敬には値しない

残念な方確定ですね。

 ライバル視でも仮想敵国視でも結構なのですが,嫌いなら嫌いでいいのに,なぜにお酒の力借りて

告白するのでしょうかねぇ・・・

 やはり普段から怖くて憎くらしいんだろうなぁ私の事・・・なぜか笑っちゃう

あっ!でも私は嫌いな方でも,酔っても普通に接してますよ。むしろ笑顔になるかも・・・コワイでしょ

これ当然経営者たるもの演じると決めたら最後まで演じきらにゃあいかんぜよ。

なんて,久々ボヤいてみました。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい


開く コメント(0)

こんにちは久々の日中にブログ更新です。

実は3ヶ月ぐらい前から右足の裏が痛かったのです。

しかしいつも痛いわけではなく,乗車中の車内で同じ姿勢で座っているとだんだん痛くなる。

 夜になりスポーツクラブのスイミングでプールサイドを歩く頃には,歩行するたびに痛む始末

放っておけば良くなるだとろう・・・と思っていましたが一向に治らないので病院でレントゲンをとったところ・・・

長年の足の酷使で骨が棘状に変形している箇所があり,これが神経を刺激して痛みを感じているとの事,

「だいたいどのくらいで治りますか?」っと尋ねたところ

「完全には治りません,手術も不可能なので一生付き合っていくしかないですね・・・」

(はっ!?今何と・・・一生治らないって?)

「原因は何でしょうか?」

 おそらく右足に加重がかかりすぎる長年の歩き方の癖です・・・(マジか!)

この痛みだと,おそらく長時間のランニングは無理かもなぁ・・・

何か“シレッ”と言われたけれど「一生治りません」と診断されて,予想外の言葉に心の準備が出来ておらず

しばし呆然としてしまいました。

生活習慣病,ダイエット,血圧,中性脂肪,認知症予防・・・

自分の努力で出来る限りの『節制』と『摂生』を心がけていましたが,さすがに歩き方で足の裏骨まではなぁ

これも人生そして運命なのですかね。

これからの人生で残念な運命が増えないように願うばかりであります。


ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい

開く コメント(2)

全169ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事