所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(ヒトラーのマインカンプとは無関係です)アダルト系&不適切なコメントは適宜削除します。あしからず。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

新元号ね

明後日の11時30分に新元号発表だそうですが

実はその時刻に私はすでに予定が入ってます。

嗚呼・・・それは土地家屋調査士のルーティン・・・

そう神経をすり減らして集める楽しい楽しいスタンプラリー・・・

「新元号○○ですってねーではこちらにご署名とご捺印、裏に割印をお願いします」なんて言いながら、

隣地の地主さん宅を訪問し境界立会確認書と土地境界図にご署名・ご捺印をいただいているのかも・・・

 あまりにもリアルな予定なので息抜きとして新元号の予想でもしてみますと

光輪又は光和なんてどうかなぁ・・・

なんとなく漠然と巷で言われる『安』より『光』が使われる気がします。

【追記】
ネットで調べると『光』は過去の元号で使用された事は無い漢字だそうです。
大穴狙いだねぇ、こりゃ

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい

開く コメント(2)

先日イチローが現役引退を発表した。

彼のインタビューの中で自分が海外に行って『外人』となって初めて気づく事があった・・・的な言葉があった。

実は今、我が事務所にはインターンシップで外国人が来ています。

相当日本語を勉強してきており、日常の会話には事欠かないレベルだが、

測量の専門用語は日本人でもわからず辞書にものってない・・・・

例えば「テンバにのせて」「トラバー」「逆打ち(ぎゃくうち)」「カネに(直角方向へ)」
「地盤高ゾロ?(同じ高さ?)」「とば口」「ちしん」etc・・・

こんな言葉、日本人だって覚えるのに時間がかかるから大変である。

さらに現場では『サゲフリ』という道具を使って位置を出すのは日常茶飯事なのですが、

この道具を一言で連想するには鋭く先が尖ったいるヨーヨーまたは剣玉の玉をぶら下げて測量位置を示す作業

しかしコレ、腕力に関係なく、測量技術者独特の力加減と視力さらには集中力が必要になります。

空手有段者でマッチョでハイパワーの留学生君でも、いくら腕っぷしは強くても体が揺れてしまうのです。

これは経験で不動の体勢が会得できないと、まともに垂らせないものなんですよ。

まぁ、これは外国人でなくても難しいのですが技術をひとつひとつ教えていく日々の中で、

言葉の壁+技術の会得+法律、その他の知識+気遣い+そして何年も後までの責任

一人前の測量技術者や土地家屋調査士になるには、どれだけのコストと時間がかかっているのか・・・

そして、将来にわたってまでの責任の重さ・・・それらを冷静に考えた時・・・

現在の土地家屋調査士の報酬は安すぎる

『上手く行って当たり前』と思われている事の裏にあるコストをもっと知ってもらなくては業界は良くならない!

 先日は留学生の彼と二人でテープ測距(これだって業界用語)で点検測量した。

私は測る時のテープに向かう位置から教えた(まさにイチからだねっコリャ)でも、初心者のテープ測距は加減を

知らないので必ず綱引になる。

 私は過去の自分の経験、綱引状態を知っていたので、回避できたが、この『綱引』という言葉がわからない

それでも・・・

目を皿のようにして必死に測量を覚えようとしている彼・・・でも空回り・・・時々申し訳なさそうな顔をする彼

彼を見ているとイチローの外国人になってわかった心情とは、レベルは違えども、こんな面もあったのでは・・と

日々何気ない業務の会得まで大変さと、それに見合った報酬に関してイチローのインタビューで再認識です。

イチロー選手お疲れ様でした。そしてありがとうございます。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい

開く コメント(0)

ワンギリ電話

先日,車を運転中スマホが鳴り,

ワンギリ・・・着歴を見ると,知っている不動産業者さんだと判明,

しかしこの方,見積だけで実際にご依頼いただいた事は一度も無い方

しかも2回も・・・

見積提出後に「ありがとうございます」も「金額が合わなくて・・・」も「すみません」の一言も無し

それでまたトートツにワンギリ電話・・・

あのね・・・私が折返し電話するとでもお思いか?仏の顔も3度まで(実際は2度目だけど)ですよ

ワンギリして連絡を待つ人,

何時何分又は何曜日に電話をくれという人,

私はそのような方のお仕事はお引き受けしない事にしています。

何か先行きに明るいものを感じられないですし・・・

そのような方は自分で自分の価値落としていると思いますよ・・・

どうぞお気をつけ下さい。

ご用件がある時はちゃんと電話していただきたいものです。


ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい

開く コメント(0)

こんばんは所長の村岡です。

年度末も最終モード,体調に留意して乗り越えて,所員全員で良い新年度を迎えたいと思う今日この頃です。

 ところで我が事務所の日々の業務での測量案件は,必ず作業着手前に所長の私自ら近隣の地主様に

ご挨拶まわりを行うのですが,昨日考えさせられることがありましたので,ひとりごと・・・

 この測量前の近隣へのご挨拶ならびに立入や掘削等の承諾は,例えば来週から着手予定の物件の全てを,

土日かけ,ご挨拶にお伺いする事が多いのですが,昨日は以前『現況測量』のご依頼を受け,

今回は境界の確認まで行う,いわゆる『確定測量』の再依頼で,前回ご挨拶した隣接地主さんだったので,

「前回は現況測量でしたが,今回は境界立会で又お手数をおかいたします」っと

ご挨拶するつもりで訪問したところ,目を赤くした女性の方にご対応いただき・・・

「父は先程亡くなりました落ち着いたら頃,こちらからご連絡いたします。」との事

以前は親切に境界点を案内していただいたのに・・・本当に寿命ってわからない,人の命は儚いものですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 さて,このような事は滅多にないと思われるかもしれませんが,実は私これで4度目でして,内2件はご依頼者

様,2件は隣接地主さんでした。

 一番印象的だったのは,まさに医師と家族が自宅で一同に会している最中にご挨拶に行った事があります。

その時は「今,父が危篤なんです(ええっ!)大変取り込んでおりますのでゴメンナサイ!」という事もありました。

 翌日,測量に行くと葬儀社の車が停まっておりました。

 ご依頼者の方では,業務委託契約書を取交して数日後・・・お亡くなりになられたケース,しかも孤独死でした

家の建替えを楽しそうにしておられたので本当にショックでした。

 長くこの仕事をしておりますと,このような色々な場面を経験するものです。

ひるがえって,人間何時死ぬわからないものだ・・・なと

生かされている自分の人生,日々どう生きるか,考えさせられた休日の挨拶まわりでした。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい

開く コメント(0)

こんばんは所長の村岡です。

現在我が事務所の戦闘詳報は

年度末納期の大型案件2つ・・・最後の砦で大激戦中・・・

境界確定案件依頼は常に2ケタ数にのぼり・・・

現況測量案件は・・・連日波状攻撃のごとく・・・・

建物登記は・・・予想しない方面から潜水艦による放射状での雷撃攻撃のように続き・・・

我が事務所555艦隊,年度末納期に向けて全力で戦闘中であります。

こんな年度末は開業以来初めてかもしれないなぁ・・・


っと,お正月からキチンと休みがとれない状況なので(断わっておきますが所員は休ませてますからね)

昨日,東京土地家屋調査士会田無支部の視察研修会があったので,一応むりやりにでも事務所から離れて

リフレッシュする良い機会と思い参加しました。

 また,伊能忠敬記念館に一度は行ってみたかったのでした。

さてさて・・・結果は参加して良かったです!

・・・っておい,感想それだけかい?いえいえ・・・私なりに大きな発見がありまして,それは・・・

イメージ 1


伊能忠敬宅の『家相』です。

イメージ 2

やはり巽(東南)と乾(北西)に張りがある,いわゆる巽と乾に長い大吉相の家相でしたね。

また,この平面図には記されていませんが,さらに運気を上げる巽(東南)に別棟もあるのです。

やはり世に名を残す方の家の家相は目を見張るものがあるんだなぁ・・・

一緒に行った支部の仲間とは離れ,建物の配置と造りをしげしげと眺める『変人家屋調査士』になっていた,

このように相変わらずのマイノリティーな単独行動でもしたがリフレッシュもできた楽しい視察研修でありました。

イメージ 3

       ↑向こう側に建っているのが巽の別棟・・・さすがですな・・・

ところで伊能忠敬さんは50歳過ぎて暦学をはじめ,55歳の時に日本測量の旅に出たという。

ちょうど私と同じ年か・・・まだまだ頑張らねば!

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事