所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(ヒトラーのマインカンプとは無関係です)アダルト系&不適切なコメントは適宜削除します。あしからず。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

今話題の一冊

先日,現場の帰りにふと立寄ったコンビにこの本がありました。

実はこの本,テレビで池上彰氏が親から薦められた本だと話されていたので買ってみました。

感想は・・・
また始まった・・・と思われる方もいるかもしれませんが

私がいつも子供に話していた事でした。

基本的なこと,ひとつの見方にこだわらない・・・

けれど日々忘れがちな現実の再確認せよ・・・

ただ
「正しい人間とはこうあるべきだ」とまで押し付けがましくはないが,

結局そう言っているの同じだ・・・と感じる箇所はある。

 たけど,この提示は戦前の修身の授業とまでは言わないまでも少し危うい感覚かも・・

とも思いました。

 実は著書の中にも『修身の授業』のくだりはある

 しかしこの本が売れている現在の世の中とはどういう事かなのだろうなどと,

余計な事にすぐ考えが向くいてしまう私ですが,

正しい人生の答えが見つからない・・・どうしたらいいでしょうか

と人々が答えを欲すると・・・

ふと,どこからからか,こんな声が・・・

私は知ってますよ。

ならば教えてあげましょう・・・

それにはまず私財を教祖へお渡し,そして出家することです・・・

おいおい・・・

イメージ 1

−貧乏ということについて−
今の世の中で,大多数を占めている人々は貧乏な人々だからだ,
そして大多数の人々が人間らしい暮らしができていないでいるということか,

 この著書は80年前との事、したがって『戦前』である。
著者では国民の大多数を貧乏だと喝破してます。
たしかに戦前は貧乏よりもさらにひどい貧困だったと思います。
 
 それが高度経済成長後の今も多くの方に読まれているという事は,
戦前と戦後は貧しさの対象は違えど,根っこは今も変わっていないという事かもしれませんね。

 私は現在50代,戦争を知らない子供たち
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』やら『一億総中流』その後の『NOと言えるニッポン』等という言葉で
バブルまでつながってゆくが,マスコミも政治家もおおよそ我が日本は『貧乏』ではない!
という風潮を作っていた時代,たしか第一回東京サミット開催時は特にそう感じた。

 当時私は高校生でしたが直感的に『中流』というくくりにどうも納得がゆかず,
『それって平均的貧乏』ってコトじゃん?などと,うそぶいていた私としては,
著書の『多くの人が貧乏』に関してはシンパシーを感じるところではある。

 そんな現実の直視から始まるこの本ですが,トツトツと問いかけるような文章ともあいまって,
厳しい現代の競争社会の中で,他人と比較される日々で心が折れそうなそんな時,
お読みなると,心穏やかになるかもしれない一冊と感じました。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/


開く コメント(0)

さよなら平成29年度

こんばんは所長の村岡です。

いよいよ,平日という事に関しては,本日をもって平成29年度は終わりになります。

まぁ,明日も立会が控えておりますのでバリバリ明日まで「年度内」ですが・・・

さてさて,平成29年度を振り返って総括しますと今までお取引させていただいている固定大手不動産業者様

等ご依頼者様の中でも,新しい担当者の出会いがあったりで,多忙のなかにも充実した良い1年でした。

 よく,まぁあれだけの件数の測量業務を行い,事故もミスもなく過ごせたものだなーと正直思います。

所員達の活躍に助けられました。

そういえば,今マスコミでは貴乃花親方の『一兵卒からやり直し』の件が報じられておりますが,

私も一兵卒とまでは言わないまでも,来年度も新たな気持ちで日々の業務に向い合いたいと思います。

さよなら平成29年度・・・明日の年度ラストの境界立会を無事に締めくくりたいものです。

 ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(0)

こんばんは所長の村岡てす。

気がつけば3月も後半になり、花粉に苦しんでいる方も多い憂鬱な今日この頃ですが、

実は今日の午後、面白い放送を聴きましたのでご紹介を。。。

私、大抵外回り移動時は車内でラジオのFM−NACK5を聴いているのですが、

同局13:00からの「GOGOMONZ」http://www.fm795.com/pc/blog/936/が実に面白かった・・・

いや今までのラジオ放送で一番かも・・・

これは恐らく伝説になるんじゃないかな・・・


その爆笑シーンはパーソナリティの三遊亭鬼丸さんと高橋麻美さんのエピソードトークでして、

ざっくり掛け合いを説明すると、現在の高橋さんの彼氏があまりにも淡白・・・

一緒に部屋に行って、ちょっかいは出してくるのに、ほぼ毎回行為まで及ばない・・・

女性はちょっかい出されればスイッチ入っちゃうのにぃ・・・

理由は彼氏の体質が『ゴメンネ遅〇』のため、時間がかかり行為が苦痛だという、

それはそれで仕方が無いと一時は受入れたものの・・・

でも、だったら初めから、ちょっかい出さないでほしい・・・等々

恋人への『大人の営み』の不満を放送で時には声を震わせ熱弁


ひとしきり吐露した後で・・・
(※以下は言葉は記憶ですので一言一句合致してません)

「こんな恥ずかしいコト誰にも言えないし・・・・」

鬼丸さんも「えっ!?女子会でも言えないの?」

「言えませんよ!彼氏が シテくれないなんて・・・」

「女子会の友達同士でも言えないのに放送でマイクの前で言ってますけど・・・」

「いや・・・それは・・・」

実に面白い・・・

こういう、予想もしない場面に出くわすとは、やはり放送は生ですね。


 ところで、このブログは『土地家屋調査士事務所・所長のひとりごと』ですので、多少力技でまとめると、

このように人は時として何かのきっかけで感情のスイッチが入る事があるという事です。

 つい先日も立会の日程調整に電話した際、私のささいな一言で怒鳴り散らした方がいらっしゃいました。

しかし実際お会いしてみると低姿勢な方であったり、その逆の場合もあります。

 相手が怒りにしても不平・不満にしても感情のスイッチが入っている時には、後で後悔する事が多いのでしょう


さてさて・・・そこで高橋麻美さん、今頃落ち込んでるのかなぁ・・・

などと思ってしまう老婆心所長なのでした。

 ただ、局側で処分めいた事とかは絶対やめて欲しいですね。

処分なんて無粋ですよ、エンタメなんですから

来週も、オープニングから毎度の挨拶「三十路・独身・高橋麻美ですっ!」

と来週も明るく登場していただきたいと願う所長であります。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイトです。お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(0)

不思議な一日

 
久々のブログ更新です。
 
気がつけばもう2月も終盤ですな・・・早過ぎる・・・助けて・・・
 
そんな今日は朝から不思議な事がありました。
 
事務所始業早々に高校時代の山岳部の同級生から数年ぶりの電話!
 
やぁやぁご無沙汰だね!!・・・の挨拶もソコソコに,要件は『相続・登記のご相談』でした。
 
「こんな時にしか電話できなくて悪いな〜と思ったけど登記とか相続とか村岡しか思い浮かばなくてさ・・・」
 
との言葉がとても嬉しいかった。
 
いやいや商売じゃなくて『プロ』として覚えてくれていたこと,信頼して相談してくれた事がですよ。
 
 さてさて午後に入ってから・・・
 
今度は中学時代の友人からまたまた数年ぶりの電話!!(おいおい何だい今日は!?)
 
「いやぁご無沙汰・・・あのさ」と始まったのは,ご母堂様のまたしても『相続・測量』のご相談でした。
 
仕事や相談って,どうしてこう『団子状態』になって,やってくるのかなぁ・・・
 
開業して26年目ですが今だに不思議な『土地家屋調査士あるある』だと思います。
 
【オマケ】
そういえば三菱東京UFJ信託銀行のコマーシャルhttps://youtu.be/MejfHqZBVG4って,
明らかに「ふぞろいの林檎たち」のイメージですよね。
当時ドラマで風俗嬢にうろたえていた青年が,現在では自分の親の相続財産、退職金等の差配をする年齢という事を感じさせるコマーシャルでしたな。
ちなみに私よりちょいと先輩達ですがね・・・しかし風俗嬢役の高橋ひとみさん・・・衝撃的でした
 
ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイトです。お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/
 

開く コメント(0)

有賀さつきさん急逝

おはようございます。
 
本日は午後より東京土地家屋調査士会の必須研修のため予定は入れず,久々の朝更新です。
 
いやぁそれにしても昨日のフリーアナウンサの有賀さつきさん急逝のニュースには驚きましたね。
 
仕事や介護,子供の教育・・・私も同世代だけに衝撃的でした。
 
彼女いわく「自分以外のために15年間も・・・ダメですね」という言葉にはハッとさせられました。
 
 有賀さんは私より1歳(いや2歳かな?)若いのですが,女性とは多少違うかもしれませんが,本当に40代から
 
50代は,公私共々目の回るような忙しさです・・・さらに50代は少し疲れが溜まってきます。
 
 私も先月,要介護の親を見送りましたけれども,介護と経営,そして子供の進路等で私もここ数年間は正直
 
「空白」に感じる事もあります。まぁ落ち着いて思い出せば,覚えている出来事もあるにはありますけれど・・・
 
 このニュースをきっかけとして基本的に「人間は1つの事しかできない・・・」という事を再確認しました。
 
つまり,このブログ更新している時には書類の作成は出来ないし,打合せ中には立会も電話もできないわけで,
 
単純なことなのですが,日々あれもこれもと先へ先へと予定・計画ばかりを頭の中で考えると,その延長線上に
 
待っている結末は『ただ忙しいだけ』の人生になってしまいますよね。
 
今回の訃報は日々のそんな私に一石を投じる事となりました。
 
ご冥福をお祈り申し上げる次第です。
 
【オマケ】
今回の訃報を受けて,フジテレビ3人娘当時の映像が流れると同世代なので,なつかしいオーラを感じますね。
私の妻も当時はあんな感じだったなぁ・・・いやいや,あそこまでお美しくはなかったケド
髪型・ファッションの雰囲気がバブリーですな(笑)
 
そんな私だってその当時はこんな感じでしたよん・・・本邦初公開
今やオッサンの所長にもイケイケの時代はあったのですよ。
若いって素晴らしい・・・そして時間の力は恐ろしい・・・
よって日々大切に生きてまいりましょう。
今月もよろしくお願いします。
 
イメージ 1
 ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイトです。お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事