所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(ヒトラーのマインカンプとは無関係です)アダルト系&不適切なコメントは適宜削除します。あしからず。

食べ歩き

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

昨日は調布市で建物調査&測量でした。

調布は私の故郷でして,調布と言えば深大寺,深大寺と言えば『深大寺そば』でしょう。

お奨めのそば店はいくつかあるのですが,今回は私が調布でよく立寄る『多聞(たもん)』を紹介します。

イメージ 2

場所は深大寺に入る深大寺小学校の角を曲がり坂をおりた付近にあります。

この店の特徴はなんと言っても…まずこのボリュームです…

イメージ 1

深大寺そば大盛 900円

もちろんお味も歯ごたえのある麺でとても美味しいですよ。


イメージ 3

現在調布はNHKの朝ドラ『ゲゲゲの女房』で盛り上がっているようでしたね。

私も元調布市民として暖かく見守っております。

次回は『小平うどん』を紹介しまーす。



我が事務所のオフィシャルサイトはコチラをポチッ!としてください→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(0)

イメージ 1

久々に奥多摩町で再依頼の測量がありましたので、青梅の『つけそば麺楽』に行ってきました。

あいかわらず行列でしたね。

しかし、ここのつけ麺は大勝軒とはまったく別の系統なのがポイントです。

ほんのりした甘味やら酸味が苦手な方には向いていません。

ラーメンに酢を入れて食べるほどの、酸味好きの私にはサイコーのお店ですがね…

でもこれだけの行列店ですから、一度ご賞味あれ…

開く コメント(0)

西友『KY弁当』検証

イメージ 1

今日は隣地の地主さんから署名捺印をいただくため、東京中を右往左往しておりまして。。。

昼食をとる時間も無く、ようやく時間がとれたのは15時半頃

「あーお腹すいたなぁ、何食べようかナァ」と考えたら先日ニュースで西友が低価格のK(カカク)Y(ヤスク)戦略で

298円弁当を売り出した事を思い出し、試しに買ってみましたよ。

種類は3種類『シャケ弁当』『ハンバーグ弁当』『和風煮物弁当』ふむふむ…

私はごまかしのきかない『シャケ弁』をチョイス。

うーん「夜霧のハウスマヌカン」に登場した当時のシャケ弁とはまったく違い、まぁまぁ美味しかったです。

しかし西友さん、昨年価格設定が安すぎて売れず破綻した『びっくりラーメン180円』の二の舞いにならないよう。

そのへんK・Y(空気・読めない)ではないKY戦略の成功をお祈り申し上げます。。

でも、正直 『大ヒット!』のオーラ-を感じる売り場ではなかったな。。

人は安すぎても買いませんからね。。。

昨今のよそ様の建物表題登記・滅失登記のKY戦略も。。。いやはや。。静観させていただきますですハイ

開く コメント(0)

イメージ 1

今日は新宿法務局への登記完了証受領に行く途中、中野の『青葉』に立ち寄りました。

特別ラーメン好きでなくても『青葉』や『大勝軒』ぐらいは誰でも知っている名店でしょう。

しかし実は私初体験だったんです。

でっ、正直な感想を述べさていただきます。ハッキリ言って拍子抜けしました。

そりゃあ、このクラスのお店ですから『まずく』はないですよ。

でも特別ラーメン850円のプライスの割には量が少ないような気がします。ゴメンなさい。。。

私的には『麺屋武蔵、町田雷文、なんつっ亭』と同列で「思ったより。。。」の名店でした。

名店のブランドに期待しすぎなのかなぁ。。。

ただ。。ただあともう少し量があればなぁ…

やっぱりお客様を損した気持ちにさせるのはよろしくないのでは。。。

だってラーメンの原点は庶民の食べ物なのですから。

大勝軒の『お腹一杯』のコンセプトを少し見習ってほしいような気もします。。。

量が少ないと、なんとなく経営者がケチに見えちゃうんですよネ。。。

そこそこ美味しいけれど次に行く気にはなれないような気がします。

私が入店したのは15時10分頃でしたが行列はありませんでした。

青葉は何重にも行列を作っているイメージがあったので逆にビックリしましたね。

開く コメント(0)

『大○軒』ラーメン

今日は練馬で現況測量でした。

練馬…この区は申し訳ないが正直言って,私好みの味のラーメン店に当った事がない。

たまたま名ラーメン店『大○軒』の看板を見かけたので入ってはみたが…

正直言ってこの大○軒の味は本家と比べると味・量ともに『モドキ』と感じてしまった。

申し訳ないですけど…

また店内に飾ってあるこの系列店での『お約束』親方さんの色紙と2ショット写真も,映っている人と

違う人が調理しているというのも…うーん…


さてラーメン屋と同じく土地家屋調査士事務所も『修行先』からの色合いってあると思うのです。

最も出るのが『作図』ではないでしょうか。

漫画家もアシスタントしていた先生とタッチが似てくるでしょ?

いくらCADが発達した現在でも,作成要領が規定されている登記用の地積測量図以外の測量図は

『記載物・凡例』に各事務所ごとに先生の個性が出るのである。

それが独立開業して1年2年と経ってくると外部の刺激を受けたしりて徐々に変わってくるのだが。。。

この大○軒のように,それが良い事なのか悪い事なのか私にもわからないが…


素人の方は意外と思うかもしれませんが,図面見ただけで

ラーメンで言う『家系』ならぬ資格士業の『士系』がなんとなく伝わるものなのですよ。

つまり修行先が建築士系か測量士系かそれともピュアな土地家屋調査士系か…ってところでしょうか。

面白いですよね。

私の事務所の図面でも方位マークに家紋入れたりしています。

別にどこぞの『5月人形や鎧かぶと』じゃないんだけど(笑)…


実は,あの伊能忠敬さんも方位に自分の装飾をしていた聞き,あやかって始めたのですが,そのせいか

どうかは知りませんが,単なる方位を示すだけの矢印ですが,なんとなく自分の作成した図面というのは

何年経過しても愛情をもっております。


さてそう考えると,我が事務所を巣立っていく補助者は将来どんな図面を作成していくのだろうか。

本家大○軒よりスポイルされた大○軒系ラーメンを食べて,そんな事を感じた一日でした。

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事