所長のひとりごと【我が闘争】人生は自分自身との闘いだ

常識を疑え!(ヒトラーのマインカンプとは無関係です)アダルト系&不適切なコメントは適宜削除します。あしからず。

恥じ騒音⇔多事争論

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

先日イチローが現役引退を発表した。

彼のインタビューの中で自分が海外に行って『外人』となって初めて気づく事があった・・・的な言葉があった。

実は今、我が事務所にはインターンシップで外国人が来ています。

相当日本語を勉強してきており、日常の会話には事欠かないレベルだが、

測量の専門用語は日本人でもわからず辞書にものってない・・・・

例えば「テンバにのせて」「トラバー」「逆打ち(ぎゃくうち)」「カネに(直角方向へ)」
「地盤高ゾロ?(同じ高さ?)」「とば口」「ちしん」etc・・・

こんな言葉、日本人だって覚えるのに時間がかかるから大変である。

さらに現場では『サゲフリ』という道具を使って位置を出すのは日常茶飯事なのですが、

この道具を一言で連想するには鋭く先が尖ったいるヨーヨーまたは剣玉の玉をぶら下げて測量位置を示す作業

しかしコレ、腕力に関係なく、測量技術者独特の力加減と視力さらには集中力が必要になります。

空手有段者でマッチョでハイパワーの留学生君でも、いくら腕っぷしは強くても体が揺れてしまうのです。

これは経験で不動の体勢が会得できないと、まともに垂らせないものなんですよ。

まぁ、これは外国人でなくても難しいのですが技術をひとつひとつ教えていく日々の中で、

言葉の壁+技術の会得+法律、その他の知識+気遣い+そして何年も後までの責任

一人前の測量技術者や土地家屋調査士になるには、どれだけのコストと時間がかかっているのか・・・

そして、将来にわたってまでの責任の重さ・・・それらを冷静に考えた時・・・

現在の土地家屋調査士の報酬は安すぎる

『上手く行って当たり前』と思われている事の裏にあるコストをもっと知ってもらなくては業界は良くならない!

 先日は留学生の彼と二人でテープ測距(これだって業界用語)で点検測量した。

私は測る時のテープに向かう位置から教えた(まさにイチからだねっコリャ)でも、初心者のテープ測距は加減を

知らないので必ず綱引になる。

 私は過去の自分の経験、綱引状態を知っていたので、回避できたが、この『綱引』という言葉がわからない

それでも・・・

目を皿のようにして必死に測量を覚えようとしている彼・・・でも空回り・・・時々申し訳なさそうな顔をする彼

彼を見ているとイチローの外国人になってわかった心情とは、レベルは違えども、こんな面もあったのでは・・と

日々何気ない業務の会得まで大変さと、それに見合った報酬に関してイチローのインタビューで再認識です。

イチロー選手お疲れ様でした。そしてありがとうございます。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい,それはとても嬉しい

開く コメント(0)

今話題の一冊

先日,現場の帰りにふと立寄ったコンビにこの本がありました。

実はこの本,テレビで池上彰氏が親から薦められた本だと話されていたので買ってみました。

感想は・・・
また始まった・・・と思われる方もいるかもしれませんが

私がいつも子供に話していた事でした。

基本的なこと,ひとつの見方にこだわらない・・・

けれど日々忘れがちな現実の再確認せよ・・・

ただ
「正しい人間とはこうあるべきだ」とまで押し付けがましくはないが,

結局そう言っているの同じだ・・・と感じる箇所はある。

 たけど,この提示は戦前の修身の授業とまでは言わないまでも少し危うい感覚かも・・

とも思いました。

 実は著書の中にも『修身の授業』のくだりはある

 しかしこの本が売れている現在の世の中とはどういう事かなのだろうなどと,

余計な事にすぐ考えが向くいてしまう私ですが,

正しい人生の答えが見つからない・・・どうしたらいいでしょうか

と人々が答えを欲すると・・・

ふと,どこからからか,こんな声が・・・

私は知ってますよ。

ならば教えてあげましょう・・・

それにはまず私財を教祖へお渡し,そして出家することです・・・

おいおい・・・

イメージ 1

−貧乏ということについて−
今の世の中で,大多数を占めている人々は貧乏な人々だからだ,
そして大多数の人々が人間らしい暮らしができていないでいるということか,

 この著書は80年前との事、したがって『戦前』である。
著者では国民の大多数を貧乏だと喝破してます。
たしかに戦前は貧乏よりもさらにひどい貧困だったと思います。
 
 それが高度経済成長後の今も多くの方に読まれているという事は,
戦前と戦後は貧しさの対象は違えど,根っこは今も変わっていないという事かもしれませんね。

 私は現在50代,戦争を知らない子供たち
『ジャパン・アズ・ナンバーワン』やら『一億総中流』その後の『NOと言えるニッポン』等という言葉で
バブルまでつながってゆくが,マスコミも政治家もおおよそ我が日本は『貧乏』ではない!
という風潮を作っていた時代,たしか第一回東京サミット開催時は特にそう感じた。

 当時私は高校生でしたが直感的に『中流』というくくりにどうも納得がゆかず,
『それって平均的貧乏』ってコトじゃん?などと,うそぶいていた私としては,
著書の『多くの人が貧乏』に関してはシンパシーを感じるところではある。

 そんな現実の直視から始まるこの本ですが,トツトツと問いかけるような文章ともあいまって,
厳しい現代の競争社会の中で,他人と比較される日々で心が折れそうなそんな時,
お読みなると,心穏やかになるかもしれない一冊と感じました。

ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/


開く コメント(0)

有賀さつきさん急逝

おはようございます。
 
本日は午後より東京土地家屋調査士会の必須研修のため予定は入れず,久々の朝更新です。
 
いやぁそれにしても昨日のフリーアナウンサの有賀さつきさん急逝のニュースには驚きましたね。
 
仕事や介護,子供の教育・・・私も同世代だけに衝撃的でした。
 
彼女いわく「自分以外のために15年間も・・・ダメですね」という言葉にはハッとさせられました。
 
 有賀さんは私より1歳(いや2歳かな?)若いのですが,女性とは多少違うかもしれませんが,本当に40代から
 
50代は,公私共々目の回るような忙しさです・・・さらに50代は少し疲れが溜まってきます。
 
 私も先月,要介護の親を見送りましたけれども,介護と経営,そして子供の進路等で私もここ数年間は正直
 
「空白」に感じる事もあります。まぁ落ち着いて思い出せば,覚えている出来事もあるにはありますけれど・・・
 
 このニュースをきっかけとして基本的に「人間は1つの事しかできない・・・」という事を再確認しました。
 
つまり,このブログ更新している時には書類の作成は出来ないし,打合せ中には立会も電話もできないわけで,
 
単純なことなのですが,日々あれもこれもと先へ先へと予定・計画ばかりを頭の中で考えると,その延長線上に
 
待っている結末は『ただ忙しいだけ』の人生になってしまいますよね。
 
今回の訃報は日々のそんな私に一石を投じる事となりました。
 
ご冥福をお祈り申し上げる次第です。
 
【オマケ】
今回の訃報を受けて,フジテレビ3人娘当時の映像が流れると同世代なので,なつかしいオーラを感じますね。
私の妻も当時はあんな感じだったなぁ・・・いやいや,あそこまでお美しくはなかったケド
髪型・ファッションの雰囲気がバブリーですな(笑)
 
そんな私だってその当時はこんな感じでしたよん・・・本邦初公開
今やオッサンの所長にもイケイケの時代はあったのですよ。
若いって素晴らしい・・・そして時間の力は恐ろしい・・・
よって日々大切に生きてまいりましょう。
今月もよろしくお願いします。
 
イメージ 1
 ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイトです。お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(2)

衆議院選挙戦ですな

おはようございます。
 
久々のブログ更新の所長です。
 
それにしても忙しい・・・そして選挙で外はにぎやかだ、とても静かににぎやかだ・・・
 
私のアタマでは今ひとつ争点がハッキリわからず『熱』が感じられない選挙戦に感じますね。
 
ただ選挙前の軽挙妄動・右往左往ぶりで野党が弱すぎるなぁ・・・と思いましたね
 
太平洋戦争敗戦目前、作戦を立案すべく艦艇数も無く、燃料も欠乏し、指示命令系統も寸断された海軍のようで
 
「敵ヲ発見次第、適宜攻撃セヨ」とのみ命令で出撃させられた潜水艦の艦長のよう・・・
 
つまり大本営は万策尽きたので勝手に敵を見つけて勝手に戦えと・・・
(しかし本来潜水艦とは元々はそういう存在だ。これが皮肉にも面白い)
 
今、選挙戦を戦っている、特に現職野党候補はこんなメンタリティなのかもしれませんね。
 
ユリノミクスだの三都物語だの、そんなスローガン(兵器)では、あっても無くても同じですしね。
 
新党ブームから早四半世紀経過したが、まったくもって進化無し、作っては壊し、くっついたり離れたり
 
『野党再編』という錦の御旗に正直うんざり・・・(いつまでやってんの)という方が多いのではないでしょうか。
 
実はこの長きにわたる離合集散を繰り返した野党の先生方にも政党政治の存在自体の制度疲労的な
 
いわゆる最大支持政党『無』を生んだ一因がありますぞよ。
 
 さて、投票日・・・誰に投票しようか・・・まぁ小選挙区はともかくとして
 
比例区はね・・・
 
これはと思う党に入れても、その時の代表の判断で勝手に解党(又は解党的○○も含んで)
 
されてしまうのでは・・・ねぇ
 
 
ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイトです。お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/

開く コメント(0)

こんにちは。
 
極めて珍しい『昼間所長』であります。
 
 実は先日の6月16日 上野東天紅にて行われました,一般社団法人 東京公共嘱託登記土地家屋調査士協
 
会の第33回定時社員総会におきまして,2期4年間勤めてまいりました理事の職を無事に退任する運びとなり
 
ました。
 
4年もの間,私を支えていただきました社員各位におかれましては,心より深く感謝申し上げます。
 
 
・・・という冒頭の挨拶はこのへんで,ここからは普段どおりの文章とさせていただきます。
 
 
イメージ 2
 
さてさて・・・個人的には正直,長い4年間でしたが大変有意義な4年間でもありました。
 
公嘱の理事職を引き受けるという事は,一土地家屋調査士道の選択肢として取り入れて,そのプライオリティを
 
計って一定期間,その職務に万全を尽くす事は,自己研鑽の場として悪いものではないと就任当時は思って
 
おりましたが,終わってみると,さすがに無傷ではいられなかったな・・・というのが本音です。
 
 私は開業してからの黎明期は積極的に事務所の受託高拡大・経済的安定・成長を第一目標としてきました。
 
その後は支部の先輩方にも支えられ,無事に土地家屋調査士として10年弱を過ごせた事への恩返しと,
 
さらには当時の東京土地家屋調査士会の理事さんの薦めもあって,平成17年9月に研修委員に就任から,
 
法令研究委員・登記基準点プロジェクトチーム・境界紛争解決センター運営推進委員・測量実務研修会助教を
 
経験させていただいたので,最後のご奉公のつもりで自己設定した満期2年を2期計4年の理事職をお引受
 
させていただきました。
 
 その自分で設定した任期を無事全うした現時点での得たモノや失ったモノへの所感と,さらにはこの4年間は
 
一体自分に何を与えたのか等の意味あいも含めて述べてみたいと思います。
 
イメージ 1
 
得たモノ・・・コレは正直ブログではコメントすべき事ではないが・・・
         ①イメージアップ
         本会の理事も含めて業界団体の理事職は経営者のイメージは決してマイナスにはならない。
         顧客・固定客,そして意外と思うかもしれないが金融筋からもなのである。
         この感覚は経験者にしか感じる事ができないのではあるまいか。
          それもそのはず,だって原則的に公嘱の理事に反社会勢力人は存在しない筈ですし
         理論的に信任投票選挙で選ばれた役職で519名以上の信任を得た人物であるわけです。
         まぁ・・・そうでない例外な人物も居たりするかもしれんが・・・あぁ危ない危ない
        
        ②エネミ−
         あとは『得た』というより『出来た』ものはエネミー・・・そう敵そして味方の両方です。
         (わかるかな・・・)無能=無敵・有能=会敵・・・コレが正しいのかは言及しないが・・・
         もちろん私が有能になったという意味ではございません。
          役職というのは僅かあっても付与される『権限』があるわけで
         これが『有能』と同じ色彩に他人の目には映り,結局役員はエネミーに感じる場合もある。
         ご批判も敵対関係にも感じる急進的なご意見も,理事報酬の内である。
         そういう事かもしれません。
 
        ③自分に何が出来て・何が出来ないのかをハッキリ確認できた事,
         これは同時に自分が目指すモノがハッキリ確認出来た事でもある。
         これは大きい・・・今後の人生に役立てようと思ってます。
       
        ④他支部の東京中の色々な土地家屋調査士の先生達との出会いと交流
         本当にデキる上には上のすごい先生かいらっしゃるものだ・・・と驚く・・・
          でもこのベクトル間逆な残念な先生も・・・2度驚いたりして(笑)。
 
        ⑤官公庁の担当者との交渉で積算・入札と実務的なノウハウを学べた事
          給料もらってこんな実践的な実務が勉強できるなんて♪っと・・・思うように努力しました(笑)
          ほとんど持ち出しで赤字なんだけれどね。
 
        ⑥『策士』という言葉・・・『政治家』という言葉・・・『相場師』という言葉・・・
         情報は捕るもの・掴むものであって,そのためには裏面戦・心理戦・時にハニートラップ的な
         手段さえも惜しまない。
          その戦場に安直な『仲良しクラブ』は必要ないのを知ったうえで情報収集のためニコニコと友人
         のように近づき『懐柔(かいじゅう)』をする『怪獣(かいじゅう)達』笑)の存在を知った事,
         成功・征服のためには,笑顔で人をぶった斬れる,そんな男の怖さも新鮮で勉強になりました。
         最近のドラマでのセリフ『敵は味方のフリをする』まったく納得ですな。
         
失ったモノ・・・①一部の人からの人望
          やはり無傷ではいられなかったというのはココです。
          『イイヒト・良い人・どうでもいい人』って言いますよね。
          理事を引受けずに一土地家屋調査士であれば
          『どうでもいい人』でそれなりに楽しく過ごせたものが,理事・519名の組織の役員となれば,
          そうでなくなるという事かもしれません。
          でも結構,心は今でも病んでます。。。
         
         ②年齢・・・それなりに苦労してトシとりましたです。ハイ・・・
 
この4年間は何だったのか・・・これはいずれまた・・・
 
 ただ,理事を引受けると,自分の事務所経営の足かせとなって売上げが落ちるというのが定説ですが,
 
幸いな事に我が事務所ではそのような事はありませんでした。
 
・・・でも労働時間は半端なく増えました。
 
その疲れもあるので,しばらくゆっくり休みたいのですが,なかなかそうもさせてもらえないようです。
 
 この4年間の総括については,オフィシャルサイトの『本音版・所長のひとりごと』で吐露するかもしれません。
 
 そんな明後日は退任後に現職理事も含めて,慰労で一泊の理事旅行に行ってきます。
 
2年〜4年間一緒に戦ってきた戦友達と愉しんでこようと思ってます。
 
ではでは,
 
結びに,このブログをお読みの方の中には,あと一期!と苦々しい顔の方もいらっしゃるかもしれませんが,
 
そこは自身の出処進退の事なのでひとつご理解いただきたく(笑)
 
 毒にも薬にもならない理事に映った4年間かもしれません,しかしそれは『土地家屋調査士とは潤滑油だ』
 
と私が日々標榜している,私の存在価値でもあると思ってます。
 
 オイルは外からは決して見えないがエンジンを滑らかに回し,時には冷却機能も備える・・・
 
そして自分の身を汚してもエンジンを綺麗にし,最後は交換時期来たら「ハイ交換」という訳である。(笑)
 
そんな私の理事として評価は後年の東京公嘱協会史に委ねるものといたしたい。
 
至らない点も多々あったと思いますが,本当に4年間ありがとうございました。
 
ÅÚÃϲȲ¡ëĴºº»¦¡­֥���\é\󥭥󥰻²²ÃÍѥê\󥯰ìÍ¡à←よろしかったらクリックをしてくれると嬉しい、それはとても嬉しい
 
我が事務所のウェブサイト、お問合せはコチラへ→http://www.office-muraoka.co.jp/
 
 

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事