瓦屋根

 瓦屋根が日本建築の存在感に果たした役割は大きかった。鬼瓦、高く積まれた棟、端部の風切りなどいろんなディテールが施されることで迫力が増すのは瓦ならではのもの。今こんな手のかかる屋根を葺くとなると大変なことになる。先人の技と熱意はできるだけ残したいものだ。万一地震で壊れたらという心配も一方であるがこれを葺き替えるのは余りにもったいない。土葺きはずれ落ちる代わりに本体は倒れにくくなるというメリットもある、先人の知恵を生かしてみるの一つの方法と言える。古いものを壊すのは簡単だがもとに戻すのは大変、いかに受け継いでいくかが問われる。かって漫画家たちがが住んだアパートを再建するという話だが予算を聞くと途方もない数字に驚いた。日本も遅まきながら残すための勉強をしないといけないようだ。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事