火事

冬は住宅が火事になったニュースがしばしばながれる。暖房にストーブを使うのが一番の原因で二番目がたばこで三番は放火だという。住宅の火災件数は毎年減っているもののまだ10000件くらい発生し1000人近くの方が亡くなっているとか。高齢者の住まいは古いものが多く暖房はストーブがよくつかわれる。断熱性能に関心がなかった時代の家の暖房はそれが普通だった。高齢者が多くなかった時代はそれでも済んだのだが高齢者だけの家がこれだけ多くなると事故が増えるのは避けられない。自分も先日ガスファンヒーターを消し忘れて寝てしまった。うっかりしても火災にならない器具を使うことが一番だとつくずく。つぎにできるなら断熱をよくすること、家中を温めヒートショックを無くすのがベストだがこっちは簡単ではない。  火災報知器を付けるのが義務化されたがこれはあくまですべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事