全体表示

[ リスト ]

4月29日発行エルゴラッソ
J1第8節マッチレポートは「驚異の粘り。甲府、首位・横浜FMを引きずり下ろす」
横浜担当の藤井雅彦さんは「早すぎた先制点。主導権と勝ち点を譲る」
 
コラム横浜は「首位陥落も仕方なし。痛すぎる取りこぼし」
コラム甲府は「無敗の4月。成長を続けるプロビンチャ」
 
フォーカス甲府「古巣から奪った魂の同点弾 DF26 青山直晃」
 
----------------------------------------------
前半は前向きな姿勢があまり見られないというような展開。
終盤、前向きセンターバックの果敢な攻撃参加を合図に
最後の最後に相手を驚かす劇的な場面が訪れた。
 
同点ゴールが決まった瞬間、周りの大多数が落胆する中、
それまで息を潜めていた隣の若者も、その隣の御夫婦も、
そして二つ前の二人の若者も立ち上がって、両手を天に突き上げていた。
 
イメージ 1
 
----------------------------------------------
4/27(土)J1マッチデーハイライト #18

開幕からの連勝が6でストップした横浜F・マリノス。首位をキープするためにも連敗は避けたい一戦は10位ヴァンフォーレ甲府とのホームゲーム。
F・マリノスは前節から二人変更。怪我の齋藤学に代わって端戸仁が5試合ぶりにスタメン。ボランチには怪我から復帰の富澤。
対する甲府は4試合連続で同じメンバー。センターバックの青山直晃は古巣との対戦です。
ゲームは開始早々に動きます。4分、フリーキックのチャンスにキッカーは中村俊輔。中村俊輔の低い弾道のシュートが直接決まって、シーズン4点目。F・マリノスがリードを奪います。
さらにF・マリノスは20分、端戸のシュートが甲府・土屋に当たって、ゴールキーパー河田の逆を突きますが、追加点とはならず。
アウェイでのF・マリノス戦は3戦全敗の甲府。27分、クリアボールが流れて平本へ。
40分には福田のコーナーキックに土屋。ヒールでコースを変えますが、これも精度を欠きます。
続く43分、今度はF・マリノスに決定機。中村のサイドチェンジから小林祐三のクロスにマルキーニョス。フリーで合わせますが、ヘディングシュートは枠の外。
エンド変わって49分のF・マリノス。中村のキープから左のドゥトラへ。シュートは枠を逸れますが、後半もF・マリノスが主導権を握ります。
54分には小林のクロスをマルキーニョスが落として富澤。強烈なミドルシュートを放ちますが、これは惜しくもクロスバー。
さらに59分、ドゥトラのクロスに端戸。しかし、合わせ切れず。
なおも攻めるF・マリノス。75分には小林のロングボールを土屋がクリアミス。こぼれ球に端戸。再三ゴールチャンスを迎えるF・マリノスですが突き放せません。
すると甲府は75分、コーナーキックが流れてウーゴ。さらにウーゴ。ウーゴの決定的なヘッドは中町にブロックされ、同点ゴールとはならず。
しかし迎えたアディショナルタイム。甲府にとってのラストプレー。途中出場水野のロングスローから土屋。はね返りを青山。今シーズンF・マリノスから加入した青山直晃。古巣相手に意地のゴールを決めて、甲府が土壇場で追い付きます。
追加点を奪えなかったF・マリノス。甲府の粘りに勝利を取り逃し、痛恨のドロー。首位陥落です。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事