さあ行こうぜ!ヴァンフォーレ甲府

15位 勝ち点28 6勝10分け15敗 得点22 失点38

全体表示

[ リスト ]

9月12日発行エルゴラッソ
明治安田生命J1リーグ 第25節 マッチレポートは
甲府担当の松尾潤さんで「わずかシュート5本。それでも清水が手にした勝ち点3」

--------------------------------------
今節も立ち上がりから攻撃的姿勢を継続し、
相手を圧倒できたが、得点は奪えず、勝ち点もゼロ。
しかし、残留圏は維持。
このまま攻撃的姿勢を継続していけるか。

--------------------------------------
実況:村上幸政さん 解説:須藤大輔さん 

清水、連敗を食い止めて4試合ぶりの白星を掴みました。残留争いから一歩抜け出す勝ち点3を手にした清水。主力を欠く中、アウェイで大きな白星です。一方の甲府は残留争いの終盤戦で5試合白星なし。残留を強く望むサポーターに歓喜の瞬間を届けることができませんでした。清水とすると、アウェイでの勝利は6節柏戦以来19試合ぶりということになります。90分戦いました富士山ダービー、清水、1対0で勝利です。
お互いが後半になって前半の修正点を修正しながらゲームが変わりましたよね。
前半と後半でガラッと試合の雰囲気が変わりましたよね。
やはりゴールへの姿勢というところでデュークの相手を欺くようなプレーからの北川の胸トラップ、ワンタッチ、前を向いて素晴らしいシュート。あの1点が本当に大きくなりましたよね。そのあとは一進一退の攻防の中、しっかり清水がゲームを終わらせた。でも、甲府もシステムもメンバーも代えて最後までゴールを狙ったんですけれども、1点が遠かったので、見ごたえのある試合だったですよね。
ゴール裏のサポーターとしても3連敗、また、チョンテセやチアゴアウベスといった主力がいない中で不安もあったと思うんですが、それを払しょくするようなアウェイで大きな勝ち点3を。
クリーンシートでね、全体的に必死に守りましたしね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事