全体表示

[ リスト ]

201932日(土)
山口2-5甲府
10'山下 敬大
71'山下 敬大
3'ピーター ウタカ
4'ピーター ウタカ
17'曽根田 穣
47'ドゥドゥ
86'曽根田 穣
維新みらいふスタジアム
4,001
/ 12.9 / 40%
解説:幸谷秀巳さん 実況:江本一真さん
 
打ち合いとなりました。前半からゲームが動きました。
サッカーはミスのスポーツですから、ミスをいかに突くかなんですよね。やはり今日は甲府のほうが相手のミスを上手く突いて、得点を重ねて、山口のほうはミスを犯してしまったと。それがこういうゲームになってしまったかなと思うんですけどね。
ただ、そのミスを見逃さなかったピーター ウタカでありとドゥドゥでありといったしっかりとゲームを決め切るしたたかさ、そういうのも見られましたね。
落ち着いて、相手がミスしてくれたのは絶好のチャンスですから、そこをきっちり決めましたよね。
相手のミスを見逃さなかった甲府。25、勝利を収めています。一方の山口ですが、開幕からホーム2連戦2連敗ということになってしまいました。なかなかもったいないようにも見えましたが、山口から見た、この敗戦はいかがでしょうか。
山口のほうは2試合2連敗になりましたけど、やっていることはいいんですよね。選手たちもそうなんですけど、ミスが起きた時の修正ができないんですよね。ちょっとしたところでミスをしたたかに突かれているというのがあると思いますよね。
目指すスタイルはいいと。霜田監督も攻守両面で矢印を前に向ける。積極的なスタイルを貫くと断言しています。今日も積極的なスタイルが故に起こるミスも多かったと言えますか。
積極的なチャレンジのために起こるミスだと問題はないんですけれども、そうではなくて、ちょっとした集中力の切れだとか、ちょっとした基本的なことを怠ったりだとか、そういうところからのミスが多いですよね。その辺を選手たちが直していくというか、選手、プレイヤー各個人が直せるところだとは思いますけどね。
一つのミスでゲームは決まってしまうこともあるというサッカーの厳しさなんですが、今日は5失点ということになってしまいました。特にキーパーの山田は吉満のけがでチャンスが回ってきて、ここである意味、山田にとってはチャンスといったゲームだったんですが、結果を出すことができませんでした。
試合の入り方のところで、もっとセーフティに行くのか、つなぐのかという一つの判断ですよね。
一方の甲府は大量得点の5得点を挙げました。ウタカ、ドゥドゥ、今日は曽根田という3枚で前線はスタートしましたが、交代で入ったバホス、だれが出ても怖いアタッカーが揃っていますね。
3枚で5点取ったわけですから、甲府として見れば本当に良かったと思いますよね。
ウタカの先制ゴールでゲームはスタートしました。間合いの詰め方、守備のスイッチ、取りに行く気がないと見せかけて一気にギアを上げて、ブロックに入ったというシーンでした。

---------------------------------- 
相手のミスをしっかり突いて、大量5得点で今季初勝利。
前節から前3枚のうち1枚が変更になり、連係が向上。
しかし、2失点は残念。
楽勝の展開でも右サイドの守備の緩さは気になる点だ。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事