全体表示

[ リスト ]

2019317日(日)14:03KO
41'ピーター ウタカ
山梨中銀スタジアム
15,665
/ 13.2 / 23%
解説:須藤大輔さん 実況:大門雅明さん
 
監督がガッツポーズ。甲府、長崎を下しました。得点は20、そして、ピーター ウタカの2得点。これで3連勝となります。
非常に安定した戦い、決めるときにしっかり決め切った甲府、上手くこのホーム初戦を力強い勝ち方で逃げ切りましたよね。
これでホーム初戦を白星となったのは3年ぶりということになります。
欲を言えば、PKを決めておけば、完璧な試合だったのかなというのはありましたけどね。
今日のゲームは勢いそのままに持ち込んだ甲府が序盤から圧倒する、そんな展開でした。長崎もチャンスはあったんですけれども。
基本的な戦い方として、甲府は中盤のエリアでボールを奪ってからシュートまでという回数が多かった。それによって、リズムができて、決定的な場面の回数というのが増えていったのかなと。逆に言うと、長崎はその中盤でのエリアでボールを上手く運び込んで、玉田ないしは大竹というのがもっともっと回数を増やす、バイタルで受ける回数が増えていったら、また違う展開になったのかなというのがありましたけれども、そこを甲府がうまく埋めてきたというふうにも言えるかもしれないですよね。やはり守備の安定というところで、甲府に分があったのかなというのを感じましたね。
注目選手に挙げていただいたピーター ウタカ、玉田、玉田はなかなかエリアの中でシュートというよりは少し下がったところで隙を見てシュートというシーンありましたね。
彼のところでボールをもっともっと持つ時間を長くしたい、そういう意味では後半、活性化したのはイ ジョンホという選手がうまくディフェンスラインを下げさせて、間のスペースを開けたというところは一つ言えますよね。もちろん長谷川が悪いというわけではなく、長谷川はどちらかというと、ターゲットになる、ないしは引いてきてボールを収めながら味方を使っていく、そういうところで被る場面があったなと感じましたね。
これで開幕から4試合で無敗ということになりました甲府です。
 
----------------------------------
今節は得点後も速攻が機能し、何度も決定機を創出。
追加点こそ取れなかったが、勝ち点3を獲得。
次節以降も攻撃が機能する戦いが継続できるか。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事