全体表示

[ リスト ]

2019323日(土)14:04KO
甲府1-1金沢
90+3'佐藤 洸一
12'クルーニー
山梨中銀スタジアム
7,141
/ 12.5 / 20%
解説:石原克哉さん 実況:村上幸政さん
 
土壇場で追いついた甲府、11。甲府はこれでクラブ史上初の開幕5戦負けなしということになりました。
ラストワンプレーまで金沢の守備が素晴らしかったなと思っていたんですけれども、最後、ふとした時に真ん中が空いてしまいましたね。
今シーズン初の連勝、そしてアウェイ初勝利まであと数分というところだったんですが、古巣対戦となった佐藤洸一が値千金の同点ゴール、11のドローということになりました。
金沢としては素晴らしい戦いだと思いますね、今日は。
勝利まであと一歩というところで、よかった点、これからの課題面が見えた試合になりましたね。
1点取った後に追加点が取れるかとか、最後、試合の終わらせ方、残り何分になったときにだれがリーダーシップをとってどう終わらせるかというのが意思統一が図れるともっとよかったと思います。
途中でいい仕事をしていたディフェンダーの長谷川が退場になってしまったというのも、誤算の一つだったのかもしれません。
最終的に同点に追いつかれてしまったということは一人少なかったことが必ず影響していますし、そういうところをチームとしてフォローしてあげたかったですけどね。
そういった隙をきちんとついて、最後まであきらめなかった甲府が途中出場、古巣との一戦となった佐藤洸一のゴールで土壇場で引き分けに持ち込みました。
佐藤洸一もやっと出場機会をもらって、結果を出して、彼自身ここからチャンスを掴んで、出場時間を伸ばしていくというのに入りますから、いい準備をしていたということですね。
移籍後、今日が初出場、その中で移籍後初ゴールを奪った佐藤洸一。
ああいうところで足を止めないというのはフォワードとして当たり前かもしれませんけれども、こういう大事な場面で、それが出せるというのは彼自身の素晴らしい武器だと思います。

---------------------------------- 
3人の連係は機能せず、相手の連係した好守に流れをつかめず。
攻撃の駒を投入し続けたが、崩す形は作れず、敗色濃厚。
しかし、古巣対戦となった二人が劇的弾を演出し、勝ち点1を獲得。
次節以降、豊富な攻撃の駒を生かす術は見られるか。
 
なお、前半のオフサイドによる幻のゴールをJリーグジャッジリプレイで取り上げてもらいたい。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事