全体表示

[ リスト ]

明治安田生命J2リーグ 第9
2019414日(日)14:03KO
2'横谷 繁
26'黒川 淳史
90+4'志知 孝明
山梨中銀スタジアム
7,912
/ 20.4 / 26%
解説:石原克哉さん 実況:和泉義治さん
 
アウェイの水戸、志知の劇的逆転弾で、勝ち点3を奪いました。これで負けなし記録は9、しっかりと左サイドを活性化、そして後半アディショナルタイムには壁の脇をしっかりと抜ける直接フリーキックを決めまして、水戸が12で甲府を下しました。
前半先制したのは甲府、ただ、前半の内にしっかりと追いついた水戸。両チームチャンスを作り、最後の最後に志知の直接フリーキックが決まりまして、12、水戸が勝ち点3を取りました。
非常に早い段階で甲府は先制しました。
入りは素晴らしかったですけれども甲府は。
水戸は前半の内に追いついて、最後の最後、アディショナルタイムに見事なフリーキックが決まりました。
勝ちたいという執念をもしかしたら水戸のほうがちょっと上回ったのかなという気がしますけれどもね。
前半、内田のコーナーキック、ウタカが絡んで、こぼれ球、横谷が2分に先制しましたが、26分に黒川のゴールで水戸が追い付きまして、最後の最後に志知が直接フリーキックを決めました。
水戸は開始2分と早かったおかげで、逆にメンタルを取り戻せる時間が作れましたよね。甲府は逆に落ち着かせる時間を作ってしまったというのもあるでしょうね。2点目、3点目を受けるように取りにいくとバタバタしまいますから、落ち着いてしまったかなと思いますね。
ここまで甲府も水戸も負けなしでした。迎えた第9節、甲府に初めて黒星。横谷の移籍後初ゴールがありましたが、ホームで勝ち点1はおろか勝ち点が手からこぼれていった、そんな結果となりました。

---------------------------------- 
これまで同様、前半は陣形を変更せずに、守備に重点を置きつつ、
後半に陣形を変更して得点を狙うという戦術を継続するも、劇的弾を浴びる。
次節に向けて、修正力はあるか。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事