全体表示

[ リスト ]

6月13日 遠州森町


 5月の出張の時、京都の帰りに静岡県森町の友人宅を5年ぶりに訪れ、久し振りに旧交をあたためました。

 その折に、曹洞宗の大洞院を案内してもらいました。古い立派なお寺です。
 みなさんは、「遠州森の石松」をご存知でしょうか。浪曲に出てくる清水の次郎長の子分です。「江戸っ子だってねえ、寿司くいねえ」のセリフが有名です。
 次郎長も大政小政も実在した人です。しかし、石松は実在の人ではありません。森町を有名にしようとのことで、架空に作られた人物なのです。
 しかし、この大洞院に立派なお墓があります。(写真)
 「侠客石松之墓」と彫られています。しかも、今のお墓は3代目の墓石とのことです。お参りに来た人たちが、墓石を刻んで持ち帰ってしまうそうなのです。勝負事の運が向くように、との願いからそうするようです。いまのお墓もだいぶ削られていました。

 お寺にとっては迷惑なことでしょう。が、さて、ご利益は。・・・合掌十念


イメージ 1

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事