(株)オオガネホーム、それぞれの日々

群馬で自然素材 百年躯体の家づくりをしています

お引渡ししました(前橋の現場)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

広々デッキから

イメージ 1
広々としたデッキから見える景色はとてもきれいです。
夏になると、2階のベランダから花火も見えるとか
 
 
 
 
イメージ 2
室内の壁の左官も塗られました。
漆喰の配合や塗り方もお施主様の要望通りになったとのことです。
 
 
 
イメージ 3
ところどころのお施主様のアイデアに、社長も驚いていました。
「いやぁ、本当に良い家だ。」
 
 
 
 
イメージ 4
無垢の板を使った腰掛けと、下駄箱
丸の棒もはいって和の雰囲気に。
 
土間は洗い出し仕上げです。
 
玄関に入って、広がるこの空間は非常に素敵です。
 
 
これから、一階部分の塗装、
電気・水道設備の最終仕上げに入っていきます。
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

内壁の左官

 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
前橋の現場は、足場が外れて、いよいよ内部の
塗り壁が始まりました。
下塗り、中塗りのあとに、仕上げになっていきます。
2階部分の塗装も始まり、いよいよ大詰めといったところです。
 
仕上げの漆喰は、すさや細かい石の配合
また、左官屋さんのコテ塗りによって表情が変わってきます。
こればかりはお施主様の好みなのですが、
オオガネホームのお施主様の場合、
今までの完成見学会で様々なパターンの漆喰の塗り壁を
見ていただいてるので、
「あのお宅の塗り壁が、私たち家のイメージに合っているので
あのお宅のような塗り方でお願いします。」
という方も多いです。
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

広々デッキ

今日のお天気は少し緩み、日陰のガチガチの雪も
融けそうな・・・でもまた牡丹雪が降ってみたり。
 
外は霧でモヤ〜としていたので家の中の湿度も上昇!
50%を上回りました!
この機会に調湿作用のある木や漆喰などの自然素材がたくさん
湿気を抱え込んでくれる事を期待します。
 
前橋の現場です。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一見変化のないように見える外観ですが・・・
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
居間から続くデッキが新たにお目見えです。
広々です。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デッキへ出る掃き出しの窓はすべて引き込むことが出来
全開放になります。
まさに広々です。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日、山川板金さんが付けていた樋受けと樋が
施工済みです。きれいですね。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストーブ置き場です。
ストーブの背面には耐火の為のボードが基準法に則った形で
施工されていました。
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和室の押し入れの上部に神棚が作られました。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この立ち入り禁止的な青いテープの向こうは塗装屋さんのお仕事
です。
2階のベランダは塗装済みで乾くまで侵入はNGです。
床はサンダーで表面をきれいにしたので立ち入り禁止。
次は杉の床材を保護する塗装に入ります。
 
床以外の壁などの木の板は呼吸ができ、調湿作用を存分に
発揮してもらえるよう無塗装です。
(床もそのままの家もあります。)
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内部の壁塗りなども始まりますので
またご覧になって下さいね。
                            M・O記(2月6日)
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日だまり

今晩も雪がちらついて寒い夜です。
息子の中学校ではインフルエンザが流行っていて
早帰りするクラスもでました。
連日の暖房で乾燥ぎみの我が家ではインフルエンザ予防対策
として薪ストーブの上にヤカンのほかに水を張ったふたなし
の鍋を追加し加湿器も始動です。
元気にこの冬を越したいものです。
 
さて、前橋の現場です。
先日金曜日の様子です。
建前の現場の応援で大工さんはお留守でしたが
着々と確実に現場は進んでいました。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
二階のベランダが完成していました。
手摺のデザインに個性あり。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前回にご紹介した煙突の設置も完了。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
屋根に登らなくてもお掃除が出来る煙突の付け方です。
ストーブの後方の壁からすぐに外に出た煙突。
それに続く直角に交わった上に伸びる煙突の下から
長い専用ブラシなどでお掃除できます。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
玄関の土間コンクリートが入って、あとは左官屋さんの
仕上げの作業できっと素敵な玄関になることでしょうね。
楽しみです。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
棟梁が「気を遣って造る見せ場」と言っていた和室。
壁が塗られ、襖などの建具がこれから入っていくと、大工さんの
丁寧な仕事が輝いてくるのだと思います。
 
イメージ 9
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バックの山は雪化粧。外は冷たい風でこごえる寒さですが、日当たり
の良い居間の日だまりは暖かい。ホッとしました。
                                  M・O記
 
 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

現場も賑やかな顔ぶれ

東京でも雪が予報されていましたが
沼田でも朝起きると雪。
積雪もありました。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日から夫が「チルチンびと」地域主義工務店の会
の定例会に出席する為に不在でしたので、今朝はその穴を
埋めるべく薪ストーブに点火し薪ボイラーに点火し
犬の散歩に行き、日々の夫の功績をたたえずにはいられない
思いです。
雪が降ると外の音がこもったように聞こえ、いつもより穏やかな
世界に思えます。犬を傍らに薪ストーブで暖められた静かな部屋
でブログを書いていると良いもんだなあ〜ずっとこんな日々が
続いてくれたらいいと思います。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日は現場2つ回ってまいりましたので御紹介します。
前橋の現場では山川板金さん、基礎屋さんの高島組さん
杉木塗装さん、薪ストーブ設置のヤマチインテリアさんが
入っていました。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山川板金さんは樋を受ける金物をを取り付けていました。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基礎屋さんはコンクリートを薪ストーブ置き場・風呂場・玄関に
流し施工です。
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマチインテリアさんは薪ストーブの煙突の施工です。
慎重に薪ストーブ設置場所のサイズを測っていたので
なぜそんなに測るのか聞いてみると
この家の薪ストーブはストーブの後方からすぐに煙突を
外に出すので煙突を出す穴の上下の誤差がほんの少ししか
許されないので慎重に測っているということです。
家の中に煙突が伸びるタイプなら煙突の長さで
穴に合わせられるのだそうです。
本体の後ろから煙突を外部に出すタイプは煙突掃除が
屋根に上がらず出来ます。
また設置後、画像で見て頂けば良くご理解いただけると思い
ますので楽しみに待っていてくださいね。
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
棟梁の中林さんはオオガネホームの事務所での天窓の講習に参加していて
午後から不在でしたが、二階のベランダの施工が進められて
いるようです。
 
伊勢崎の現場はもうすぐ完成です。
建具をお願いしている大沢木工さんとあすか設備さんが
現場に入っていました。
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
休憩中。
 
                                         M.O記

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事