全体表示

[ リスト ]

朝日連峰縦走しました

イメージ 1
ひだまり山荘の荻原です。

8月17日から19日にかけて
ひだまり山の会9人で
東北の朝日連峰を縦走してきました。

アプローチの16日は月山の麓まで行き、
志津温泉のゆきしろ旅館に1泊。
美味しい料理と温泉で鋭気を養いました。

17日6時に旅館を出発。
登山口の日暮沢小屋に向かいました。

イメージ 2

17日、7時00分 日暮沢小屋出発

ことしの朝日連峰は、
台風5号依頼、ずっとぐずついた天気が続いているそうです。

今回の縦走も、
毎日雨が降ったりやんだりの繰り返しでした。

太陽が見えそうになった時もありましたが、
すぐに期待は裏切られ
大雨に変わってしまいます。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

12時7分、古寺山

イメージ 7

15時38分、大朝日岳山頂避難小屋到着

イメージ 23
スタッフ石川の友達が大朝日小屋で待っていてくれました。

イメージ 24
16時。早い夕食



そんな天気でしたが
17日、大朝日小屋に着いた日の夕方に晴れ間が覗き、
素晴らしい景色とブロッケンを見ることが
できました。

イメージ 8
突然の晴れ間
イメージ 9
ブロッケン現象

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 42

イメージ 43

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
17時50分、大朝日岳山頂を目指す
イメージ 18


イメージ 19

イメージ 20
18時10分、大朝日岳山頂
イメージ 21


イメージ 22

夕暮れ迫る山頂をあとにする

イメージ 44
18時35分 避難小屋にて


イメージ 46
18日、5時30分、朝食
イメージ 45

イメージ 25
18日、6時55分 大朝日岳山小屋出発

イメージ 26


イメージ 27

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 29
9時12分、西朝日岳

イメージ 28

14時20分 狐穴小屋到着

イメージ 32

19日、3時52分、狐穴小屋出発

イメージ 41

そして19日、縦走最終日。
以東岳を越えて尾根伝いに下って行く途中で、
突然雲が切れ始めました。

イメージ 33

6時42分以東岳山頂


雲は徐々に上がっていき、
ついに以東岳が全貌をを現してくれました。

この日は、まだ暗い朝3時50分に狐穴小屋を出発し、
雷が鳴る中を雨に打たれながらの行動でした。
そうやって以東岳を越えたあとのこのご褒美で、
みんなで感動しました。

イメージ 34

イメージ 35

以東岳を望む。右肩に以東小屋

イメージ 36


悪天のなか毎日が長い行動時間にもかかわらず、
最後までみんな元気で和やか、笑いが絶えない山行になりました。

景色は見られませんでしたが
なだらかな稜線ではお花が咲き乱れていました。

いい山でした。
もう一度天気のいい時にまた訪れたいと
思いました。

イメージ 37

イメージ 39

イメージ 38

イメージ 40

14時40分大鳥登山口に下山


コースタイム
17日  日暮沢小屋出発(7時00分)⇒古寺鉱泉分岐(10時18分)⇒古寺山(12時25分)
      ⇒銀玉水(14時45分)⇒大朝日岳山頂避難小屋(15時38分)⇔大朝日岳山頂往復(片道約15分)
18日  大朝日岳山頂避難小屋出発(6時55分)⇒西朝日岳(9時12分)⇒竜門小屋(10時55分)
      ⇒寒江山(13時4分)⇒狐穴小屋(14時20分)
19日  狐穴小屋(3時52分)⇒中先峰(4時45分)⇒以東岳(6時42分)⇒大鳥小屋(10時50分)
      冷水沢(13時28分)⇒大鳥登山口(14時40分)



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事