小城市民病院のブログ

小城市民病院のスタッフによるブログです。初めての方はINDEXをご覧下さい。

災害対策について。

お久しぶりです。看護師Nです。
さて
4月14日で熊本地震から一年が経ちました。
私は、発災から3週間経った頃に、看護協会の災害支援ナースとして、大津町の老人福祉センターへ派遣され、行ってきました。

イメージ 1

イメージ 2



※日本看護協会 災害支援ナースとは
1999年の阪神淡路大震災を機に日本看護協会が作った制度です。都道府県の看護協会に登録し、看護職能団体の一員として災害時に看護活動を行う看護師のことです。


これから先の不安について語られる方のお話を聞いたり、身体症状や内服中の薬の相談を受けたりしました。食物アレルギーを持たれている方は、一般のお弁当が食べられないので、避難所にあるもので工夫し、食事を提供しました。もしも、また大きい地震が起こった時はどうしたらいいかなど、常に考えアセスメントしながら行動していました。小城市民病院の夜勤中に感じた震度5弱より、熊本地の大津町で感じた震度4の方が揺れ方も違い、とても怖く感じました。


一年経った今も、まだまだご苦労されておられる方々はたくさんおられると思います。熊本地震で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに1日も早い復興をお祈り申し上げます。


当院も、公立病院として患者さまや地域住民の方々を守るために、災害医療について研修を行ってきました。
自然災害については昨年2回行いました。
第一回目は、災害医療の基礎知識。第2回目は災害医療の実際について、長崎大学病院 救命救急センター 副センター長で准教授の山下和範先生にお話しして頂きました。院外からも病院や、市役所、看護協会の方など、たくさんの方が参加してくださいました。

イメージ 3



「情報を制するものは災害を制する」とよく言われています。安否確認情報や医療情報を速やかに共有するためのシステム「広域災害・救急医療情報システム(EMIS)」というものがありますが、県主催のEMIS研修&入力訓練が当院でも行われ当院の事務と看護師も参加し学びました。

災害対策について、小城市役所の地域防災課や福祉課の方々と話し合いも行い、また、現在は災害マニュアル備蓄品の見直しなども行っています。



自然災害だけでなく
スタッフが少なく対応が遅れてしまいがちな、夜間火災時の対応も強化しなくてはいけないと研修や訓練を重ねてきました。
年二回の防災訓練のほか、火災時の対応に焦点を当てた研修も三回行い、アクションカードの作成も行いました。入職したばかりの職員でも、アクションカードを見れば、緊急時行動できることを目標に作成しました。訓練後に、反省を踏まえ毎回改定しています。

※アクションカードとは
災害時に取るべき対応が簡潔に書いてある「行動指標カード」のことです。

訓練では、まず煙の怖さを体感してもらいました。消防署の方のご厚意で、病院の敷地内へ煙体験ハウスをして頂きました。1メートル先も見えない状況で煙の怖さを感じました。


イメージ 4

イメージ 5



また、エアストレッチャーや、小千谷担架での患者搬送訓練では、実際に職員が寝たきり患者さん役などを行い、二階、四階の病棟から院外へ避難させました。


イメージ 6

イメージ 7



また、今までは、火の模型に向かって初期消火の訓練を行ってきましたが、実際の火ではどれくらい消しにくいのか、実際に消火器を使用した場合どのような感じになるのかを知る為に、消防署の方や業者さんにお願いし、実際の火を使って(専用のものを使用し業者さんがひをつけられました)消火訓練を行いました。

イメージ 8



実際の火は消えにくく、また消火器で消そうとしても消えるまでに火が大きくなったりして、火の怖さも知ることができました。

研修や訓練を行ってどうだったのか、今後に生かす為、災害医療の研究なども行っています。

これからも、患者様や地域住民の皆様の為に、災害対策を行っていこうと思います。

看護師N

この記事に

ACLS 頑張ってます!!

看護師のNです。
今回は、7月10日に当院で行われたACLSコースの報告を行いたいと思います。

ACLSとは。。。?
AHA(アメリカ心臓協会)が主催している、国際ガイドラインに基づいた資格で、二次救命処置のことです。

心停止などに陥った、成人の患者様をどのように助けるのか?といった方法を学ぶコースで、実践的なトレーニングコースです(^^)

救急医療に携わる者だけではなく、多くの医療従事者が習得しておいた方がいいスキルとなっています。

今回は、院内から看護師Tさん、Mさんが受講されました。

イメージ 1



受講前から、休みの日や仕事の後に集まり、毎回3〜4時間程度あーでもない、こーでもないと、普段の仕事と結びつけながら、ディスカッションしたりと、勉強会をしました。

当日は、他の受講者の方々と、この患者様は現在どんな状態なのか?薬剤を使うタイミングはどうだったのか?除細動が適正に行われているのか?挿管のタイミングはどうだったのか?などなど。。。ディスカッションしながらコースが行われていきました。

イメージ 2




地域の方の為に、小城市民病院がどのように還元していけるのか、看護部も日々考えています。

まずは、院内、どこで心停止が起きても、全力で救命できるように、看護部も日々自己研鑽していきます。

ありがとうございました。

イメージ 3



看護師N

この記事に

開く コメント(0)

おつかれさまです。

11月28日に、玄海原発の重大事故を想定した佐賀県原子力災害訓練が、福岡県・長崎県と連携して行われました。

イメージ 1


当院からは、尾形院長と私が救護班として訓練に参加させて頂きました。

イメージ 2



唐津で入院中の患者様が自衛隊の車とマイクロバスで30km圏外まで搬送され、医療救護避難所に一旦避難し、どこの病院へ搬送するか決定するという内容でした。
実際に模擬患者様が、約2時間かけて搬送されて来られ、放射線技師さんによるスクリーニング(放射能に汚染されてないか、すぐわかる検査)も実際に一人一人行われました。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



今回、訓練に参加させて頂き、かなり緊張しましたが、すごく勉強になりました!
その分、反省点も多かったのですが。。。

この今回の訓練の教訓を、(当院は30km圏外なので)受け入れる側として、しっかり体制を整えていきたいなと思います。

看護師 N

この記事に

開く コメント(0)

はじめまして!

今回、ご縁がありホームページ運営・管理を担当させてもらうことになりました、事務局のIです。
 
初めてのことばかりで精一杯ですが、市民の皆様のための『市民病院』!!
 
その『市民病院』をよりよくするために、一生懸命がんばります♪
 
 
よろしくお願いします
 
 
ぜひ、皆様のご意見・ご要望など、たくさんお聞かせください!!
 
  事務局 I
 

この記事に

 平成25年8月29日(木)に株式会社ティオテクノ様よりマスクを1万6000枚も寄贈していただきました
このマスクは、光触媒の力でウイルスや菌を抑制するもので、使用後に太陽光に当てると数回繰り返し使える特別なものです。
 通常のマスクは一度使えば、捨てなければなりませんが、これは太陽にあてるだけで、繰り返し使えるスグレモノ!!
 とてもエコですね!
 
 これから風邪やインフルエンザが猛威を振るう季節になります。
 このマスクは当院ご利用の皆様のために有効に使わせていただきます!
 
ティオテクノ様、本当にありがとうございました!
イメージ 1
 
写真を撮ったのですが、逆光ですね・・・すみません

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事