大きな池のある公園に久しぶりに行ってきました
夫は1周1.7kmのコースを何周かまじめにウオーキング
私は1周をゆっくり虫撮りしながら歩きます

この日は初めての出会いがありました

ギシギシに黒いハムシ
クロウリハムシにそっくりですが頭が黒い!
同じギシギシに薄茶色のハムシがいました
こちらは羽化直後?かな〜〜?って思ったのですが

帰って調べてても黒いほうはわかりません

薄茶色のほうはウリハムシモドキ?
いたのが食草のマメ科でなかったので?でした
ハムシハンドブックをよくみると
小さく変異があると書いてあって
黒いクロウリハムシにそっくりのもウリハムシモドキだったのです

どうみてもこれらは別物です
変異ありすぎでしょう

ウリハムシモドキ
イメージ 1



イメージ 2

こちらも

ウリハムシモドキ
イメージ 3



イメージ 4

分かってからみると同じように見えるのですが・・・・・




少し歩くと桜の木があります
その木の下にある杭にセモンジンガサハムシがいることがあります
この日は晴れで陽の光が当たってる杭の上で光るものが
いてくれましたセモンジンガサハムシ
超久しぶりの出会いです

セモンジンガサハムシ
イメージ 5



イメージ 7


お尻のほうから

イメージ 6


桜の葉にのってもらおうと思ったら死んだふり
おかげでお腹がみえました

イメージ 9


触覚を出してくれて
こうなると虫だってわかりますね!

イメージ 8

横から

イメージ 10


杭の側面に黒い3mmくらいの点を発見
これは確かに甲虫だ!!
よく見ると上翅に模様があって美しい!!

調べてみると
これは何だって名前でした
ニセクロホシテントウゴミムシダマシ
テントウムシでもない、ゴミムシでもないクロホシテントウゴミムシダマシがいて
その偽物がこの子らしい

ニセクロホシテントウゴミムシダマシ
イメージ 11

べっ甲のような輝き

イメージ 12

真ん丸な眼

イメージ 13



しばらく歩くとヨモギにカツオゾウムシ発見!
いつも団地のイタドリにいるカツオゾウムシと違って模様があります
ハシスジカツオゾウムシです
幼虫はヨモギなどの茎の中を食べるそうです
いた場所に納得!

ハシスジカツオゾウムシ
イメージ 14

まるでアリクイです

イメージ 15



ウオーキングコースから少し外れたところに
山芋のつるがいっぱい出ています
これはヤマイモハムシがいそうだ!と思ったら
いました
ほとんどがつるの先の柔らかい葉の部分にいます
柔らかい葉のほうがおいしいですよね〜〜!
ほとんどがカップルです
ヤマイモハムシは上翅の紺色と胸、頭の赤がはっきりした派手なハムシです


ヤマイモハムシ
イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18

こちらは一人ぽっち

イメージ 19
















開く コメント(4)

開く トラックバック(0)



久しぶりに森に行ってきました
毎年グンバイトンボに会える小川のほとりを歩きます
グンバイトンボの姿はみえません
あきらめかけたころふわふわと1匹

グンバイトンボは中脚と後脚に白い花びらのようなものをつけてます
それが飛ぶときにひらひらと見えるんです
長さは4cmくらいの細いトンボです
数も減ってきているようでわが県でも準絶滅危惧種になってます

花びらをつけてるのはオスだけです

グンバイトンボ♂
イメージ 1


イメージ 2

ここにはこの1匹だけでした




小川が流れ込んでる大きな池に行ってみます
小川と池の合流地辺りにふわふわと1匹
ここでグンバイトンボに会うの初めてです
この子はさっきの子よりもブルーがきれいです
小川の中の飛び石に下りて撮りました


イメージ 3



イメージ 4

ふと小川の石に目をやると隙間から蛇が顔を出していました
急いで岸に上がります




池の周りを歩きます
毎年モノサシトンボがいる場所があります
そこにいたのはモノサシトンボではなくてグンバイトンボでした
この場所でのグンバイトンボも初めてです
移動してるのかな〜〜?


イメージ 5



イメージ 6



次はハッチョウトンボがいる湿地に行ってみます
目が慣れるまでハッチョウトンボが見えません!

ハッチョウトンボは2cmくらいの小さな赤とんぼです
今日は1円玉棒を忘れてしまったので大きさがわかりにくいです

ハッチョウトンボ♂
イメージ 10

向きを変えてくれました

イメージ 11



複眼の下半分が黒くて
半分サングラスをかけてるようです

イメージ 8


この子は少し若いのでしょうか赤が薄いです

イメージ 7


ちょっと離れたところにいたこの子は成熟したオスです

イメージ 9


ハッチョウトンボのメスは赤くならなくて
ヒラタアブのような腹部をしています

ハッチョウトンボ♀
イメージ 12


イメージ 13

子のメスは若いのでしょう
腹部の模様がはっきりしません

イメージ 14

ハッチョウトンボのオスも若いころはメスと同じような色をしています
若いオスをメスだと間違っちゃったりしました



湿地の上に池が2個あります
そこまで歩きます

2年連続サラサヤンマがいた場所に来ましたが
今年は残念ながら出会えません!

足元に飛んでいるのはグンバイトンボでした
こんなところに!!
しかも色がきれい!!

グンバイトンボ♂
イメージ 15



イメージ 17


もう1匹いました
正面を向いてくれたので

イメージ 16


あれ〜〜〜?
色の違うトンボが飛んでいます
グンバイトンボのメス?モノサシトンボ?
グンバイトンボのめすは花びらがないのでモノサシトンボと間違えます
眼からみると残念ながらモノサシトンボのようです

モノサシトンボ
イメージ 18



イメージ 19


グンバイトンボのメスには会えませんでした
昼になったので帰ります




















開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

いろいろ長い!



本日も車を3か所に止めて団地内を散策です
まずは前日ツマグロキチョウがいた場所に
不発です


次はミズイロオナガシジミがいた場所で
林縁から出ているススキに7mmくらいの黒い甲虫発見!!
縞々の足が目に入ってきました

イメージ 1

カミキリムシにしては触覚が短すぎ
これはゾウムシだろう
前方から撮りたいのですが向こうには行けません
撮ってきた画像から調べると
ナガアシヒゲナガゾウムシでした

確かに足は長い
ゾウムシにしては触覚も長い
長いを二つも使ってのネーミングって?
私だったらブチアシヒゲナガゾウムシにしたのにな〜〜なんて!

初めての出会いです
名前はともあれ初めてはうれしいです

ナガアシヒゲナガゾウムシ
イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4




少し歩くとクズに1cmくらいの赤い甲虫
よく見かけるベニホタルの仲間です

ベニホタル
イメージ 5

翅を開いては閉じ
これを繰り返しています
飛ぶぞ〜〜!!

イメージ 6


結局このベニホタルは飛び立つことはありませんでした

イメージ 7


いつも行く横道まで歩きます
またも不発!
横道を出ようとしたら
3mmくらいの赤い粒を発見!!
テントウムシだ!!

イメージ 12

近寄ってみるとかわいいヨツボシテントウでした
お〜〜かわいい〜〜!!

ヨツボシテントウ
イメージ 13

うぶ毛生えてます

イメージ 14





いつもの公園のそばに車を止めて
公園内を歩きます
藤棚をチェック!なし!!
5mくらい歩くとオレンジ色のチョウが舞い降りてツツジの植え込みの中に
近寄ってみるまで全くわかりませんでした
え〜〜!!!
ゼフィルスのアカシジミ!!

周りの枯れたツツジの花に同化して美しく見えないのが残念!!

アカシジミ
イメージ 8


近寄っても動かないので
クローズアップレンズをつけて

イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11


公園に寄らずに帰ろうと思っていたのですが・・・・・

寄って良かった!!


帰って3時のコーヒーです










開く コメント(0)

開く トラックバック(0)



お昼ごはんに五平餅が食べたくて
近くの五平餅屋さんに電話したら3〜40分かかるということだったので
その間団地内を車で散策することにしました


いつも歩くコースを逆走しました

ヒメアカネの公園には藤棚があります
毎年たくさんのフジハムシがいるのですが今年はまだでした

この日(6/1)いってみると葉が食べられた跡があります
いましたフジハムシ
カシルリオトシブミも同じ葉に

イメージ 1


まずはフジハムシです
フジハムシは上翅の色や模様が色々です
赤いもの、茶色いもの、そしてこの子は黒に赤の縁取りです

フジハムシ
イメージ 3



イメージ 2



そばにいたカシルリオトシブミはいつになく輝いていました
その輝きがうまく撮れなかったです
輝きを撮るって難しいです

カシルリオトシブミ
イメージ 4



イメージ 5


もう一匹ハムシです
瑠璃色のハムシは特に同定に自信がありません
多分

バラルリツツハムシ
イメージ 6


イメージ 7


まだ時間があります

毎年アレチケツメイがたくさん生える空き地があります
いつも通るのですが今年はまだツマグロキチョウには会えていません

道から見るとツマグロキチョウの姿はなくて
一歩空き地に足を踏み入れると飛び立ちました
キタキチョウとは違います
間違いない!
追っかけます
やっぱり!
秋型です
左下に幼虫の食草のアレチケツメイがあります

ツマグロキチョウ
イメージ 8


イメージ 9



イメージ 10



もう一か所行ってみます
先日ミズイロオナガシジミに出会った場所です
紫色の翅表をみせてムラサキシジミが飛び立ちました
6月なので今年生まれの子でしょう
遠くに行っちゃったので証拠写真程度です

ムラサキシジミ
イメージ 11


時間です
五平餅屋さんに着くとちょうど焼きあがっていました

五平餅も温かく
虫たちにも会えました

待ったかいがありました












開く コメント(2)

開く トラックバック(0)



またしても午後3時を過ぎてしまいました
いつもの公園に行くまでには出会いはなくて

公園に入るとクズが伸びていました
いつもいてくれるオジロアシナガゾウムシです
私にはこのゾウムシが動物のナマケモノに見えてしょうがありません
まずはカップルがいました
全く動きません
葉を動かしても動きません
やっぱりナマケモノです

オジロアシナガゾウムシ
イメージ 1



イメージ 2


しばらく歩いてから一人ぽっちにも出会いました

イメージ 3




必ず虫さんに会えてた横道がありますが
いつも虫がとまってるフェンスから出てる枝がすべて切ってあります
草もきれいに刈ってあります
だ〜〜〜れもいません!!涙です


ミズイロオナガシジミに会ったあたりまで歩きます
ジョウカイボンがいました
シャッターきった時にはジョウカイボンの姿はありませんでした
撮れなかった〜〜って帰ってみると写ってたんです

ジョウカイボン
イメージ 4



またしばらく歩いて
毎年キバラヘリカメムシがいるツルウメモドキの下に
白い髭がふわふわ
小さな蛾ですがとてもきれいで優雅な蛾です
蛾にしておくにはもったいないです

ホソオビヒゲナガ
イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7




木の枝に大きなシャクガの幼虫です
頭を糸でくっつけて丸まっています
猫の顔のような頭です
こんな姿のトビモンオオエダシャクの幼虫を見るのは初めてです

トビモンオオエダシャク幼虫
イメージ 8

触ると糸を切って直立不動になりました
これでこそトビモンオオエダシャクの幼虫です

イメージ 9


こうなると完璧な枝です
すばらしい擬態ですね

イメージ 10


どうみても枝ですね!!











開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事