くるまの電機やさん日記(仮)

ブラジル、ロシア、カタールか…、生きてるかな

全体表示

[ リスト ]

アルファロメオのエアコン修理作業を行いました





イメージ 1

イメージ 2

アルファロメオ 156


モデルイヤー1998のE−932A2です






イメージ 3

まずはエアコン不具合状況の点検です


診断の結果、コンプレッサーが壊れている事が判りました


こちらのアルファは新しそうに見えるルックスですが、新車時より10年が経過しています
ので、コンプレッサーはそろそろ寿命だったのかも知れません






イメージ 4

取り外したコンプレッサー






イメージ 5

コンプレッサー交換と同時に、消耗品のレシーバも新品に取り替えます






イメージ 6

イメージ 7

新品のレシーバとリビルト品のコンプレッサーです


輸入車のコンプレッサーは驚くほど価格が高い事が殆どなのですが、リビルト品を使用する
事によりコストをかなり低減させる事が出来ます


…と言っても、国産車のそれよりは少し高くなってしまいますが(~_~メ)






イメージ 8

イメージ 9

エンジンルーム内にコンプレッサーを取り付けていきます






イメージ 10

装着が終了したらガスチャージをして修理完了です






イメージ 11

ガス冷媒はHFC-134a仕様のお車でした






イメージ 12

輸入車のエアコン修理、歓迎しております


欧州車の場合は部品自体の流通量が少ないので、エアコン修理のハイシーズンになると部品
の国内在庫が払底してしまう事があります


そうなると、部品を本国から取り寄せるのに船便で2ヶ月待ち!なんて事も昨夏実際にあり
ました


2ヶ月経ったら夏が終わってしまいます、みたいな(涙)




ですので、輸入車のエアコン修理は、特にお早めにーーーーー(*^。^*)

























浦和のテクニシャンと言えば…
くるまの電機の事ならおまかせを!!
  [自動車電装のプロショップ]
  株式会社  小國電機工業所
当店商品、取付作業はYahoo!オークションに出品中です
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事