車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト ]

ディーゼルノック:DIESEL Knocking:

軽減策

1)セタン価の高い、燃料(市販の値は45-50程度)、値にバラツキがあるようなので、もし不審があれば、GS,ブランドなど変えて反応を見るとよい。 (燃費なども同時に比較してみる、ノックに直接関わりはないが、コスト面でも同時に観察する。)

2)シリンダー内の温度を上げる。(圧縮圧を高くする)
3)冷却水温を適温にする。 過冷は避ける。
4)噴射時期を適正にすること
5)燃料の噴射圧、噴霧状態を適正にする。


ディーゼルノック

http://www.weblio.jp/content/ディーゼルノック
でも言及されているように着火遅れによる未燃焼ガスが一気に燃焼する事での急激な圧力変動に
起因する。

筒内圧力変化ークランク角図で着火した時の接線T'とその時のクランク角燃料を噴霧しない圧力変化の接線Tとの角度αの大きさでノック強度の度合いが変化する。
 これは筒内圧力センサとクランク角などの設定が必要なのでまだ多くに手軽に観察する手段とはならない。 やはり、これに対応するノックセンサなどが手軽なのかも。


以前はスモークに悩まされ、激減した乗用DIESELも欧州では日本と少し事情が違うようだが、これとて
充分ウオッチする必要がある。
今後のDIESELにも使用過程での問題がある、それは高度な電子制御とより高圧化の実態だろう。
ガソリンでの燃料噴射でも構成部品の高額化で補修費用でのコストが問題だが、DIESELではその比ではない。 その点での言及はあまりまだ聞かれないが、充分検証する必要がある。 すでに一部ノズルでの不調例でも高額なコスト負担例もある。これに付いてはクレーム対応から、りビルト品とか対策品とか情報も錯綜している。


TAS...



 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

TCFI IID Tuning Manual 7
http://blogs.yahoo.co.jp/crosstakubone/11729456.html

2009/10/31(土) 午前 6:46 ogw*og*2


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事