車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1

scilab-5.2.1>xcos() 変化に対応するには!>4.1.2版で当方のIBM対応!

確認したバージョンではscicos()のデモを確認できた。 しかし最新のscilab-5.2.1では、
エラーとなる。 xcos()がそれに替わるものなのか、途中までの作動は確認できたがまだ
グラフ表示とかできてない。

いくつかのモジュールも増えているようだが、さてどうなりますか。

scicosLab4-4もインストールしてみたが、どちらもまだその特長とか全く理解できてません。

IBMの古いノートで,
5-2-1と 5-0-3を試したが、 5-0-3はJAVAに関わるエラーで全く立ち上がらず。
5-2-1はコンソールまでは立ち上がるが、作動で進展せず。

[2010.03.23]追記
当方のIBMでScilab 4.1.2 for Windowsで何とかscicos()が作動できました。

全般に作動をよく理解してないので、目下 ? 以下のメニューにあるDEMOを選択すると
その中のいくつかで作動する。 作動しないものの中には別OS等でのコンパイル・エラーなど
の表示が出て止まったりする。

PalettのメニューでのBlocks or regions の使い方なども上記のデモの作動とかで学習したいものです。

Scilabも旧版が残っているので、いくつか試してみるとよい場合もある。
http://www.scilab.org/communities/developer_zone/scilab_versions/oldreleases/scilab_4.1.2

Linux などでやると、コンパイラーが連動していると、使用の範囲が広がる可能性もあるがさて、
どうなることやら。

閉じる コメント(42)

顔アイコン

v = [ 初期値 : 増分 : 最終値 ]
ただし、増分は省略可能です。その場合、1ずつ増えます。

http://networkprogramming.blog18.fc2.com/blog-entry-49.html

2013/7/3(水) 午後 9:24 ogw*og*2

顔アイコン

Peak Finding and Measurement
http://terpconnect.umd.edu/~toh/spectrum/PeakFindingandMeasurement.htm

2013/7/19(金) 午後 1:26 ogw*og*2

顔アイコン

現在の作業directoryの確認
-->cd

Check the present working directory by typing cd on the command prompt


ファイルの読み込みなど失敗した時など、探す場合先に確認するとよいのだろう。
行方不明になったら。 cd :check directory

2013/11/2(土) 午前 1:50 ogw*og*2

顔アイコン

http://www.ee.iitb.ac.in/student/~sengupta/scilab/workshop/basic/03%20Scripts%20and%20functions/Scripts%20and%20Functions%20with%20Scilab.pdf

2013/11/2(土) 午前 1:55 ogw*og*2

顔アイコン

;We can also execute the script directly from the scilab interpreter using the exec command:
-->exec("Hello World.sce")



function [degrees] = radians2degrees(radians)
degrees = radians*(180/%pi);
endfunction

2013/11/2(土) 午前 2:02 ogw*og*2

顔アイコン

-->deff("[radians] = degrees2radians(degrees)","radians = degrees*(%pi/180)")

-->degrees2radians(90)
ans =

1.5707963

2013/11/2(土) 午前 2:06 ogw*og*2

顔アイコン

Inline Functions:
Functions are segments of code that have well defined input and output as well as local variables. The simplest way to define a function is by using the command `deff'.

2013/11/2(土) 午前 2:11 ogw*og*2

顔アイコン

Scilab-5-5-0-b

http://www.scilab.org/development/sources/beta

2014/1/19(日) 午後 3:11 ogw*og*2

顔アイコン

-->clf()
ans =

!--error 999
get: ハンドルは有効でないか有効でなくなりました.
at line 4 of function %h_e called by :
at line 12 of function %h_p called by :
legend(['Einstein model';'Debye model'],5)//凡例
at line 17 of exec file called by :
ec(%fileToExec); disp(msprintf(gettext("Execution do
while executing a callback

2016/10/1(土) 午前 4:01 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

DebR = (C/DT)*((temp./DT)^5).*integrate('x^5/((exp(x)-1)*(1-exp(-x)
!
at line 9 of exec file called by :
ec(%fileToExec); disp(msprintf(gettext("Execution do
in execstr instruction called by :


警告: 構文 "vector ^ scalar" は廃止予定です. この構文は Scilab 6.0 で廃止されます.
代わりに "vector .^ scalar"を指定してください.



http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~myogi/member/yogi/scilab/calc5.htm

2016/10/1(土) 午前 4:10 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

Scilab 6.0 で廃止されます.」
とは

すでに、Ver.6が進行中となりますか。


スクリプト(sce)ファイルの保存先の注意

http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~myogi/member/yogi/scilab/calc4.htm

2016/10/1(土) 午前 4:14 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

3. ループ計算は遅いので,できるだけ使わない

Forループを使用した場合としない場合で数10倍は計算時間が違います。試してみて下さい。
http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~myogi/member/yogi/scilab/calc3.htm

以下が結果(環境など条件の違いに注目)


time of for loop (sec): 7.332047

time of vector calc (sec): 0.0624004

Execution done.

2016/10/1(土) 午前 4:24 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

//-------------------- for loop --------------------//
clear
timer();
J = 0;
for i = 1:2000000;
J = J + 1/i;
end
J;
timing = timer();
disp('time of for loop (sec): ' + string(timing))
//--------------------------------------------------//

2016/10/1(土) 午前 4:28 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

//------------- vector calc // no loop -------------//
stacksize(50000000); //扱える行列の大きさを増やしておきます。
clear;
timer();
i = [1:2000000];
J = sum((i./i)./i);
timing = timer();
disp('time of vector calc (sec): ' + string(timing))
//--------------------------------------------------//

http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~myogi/member/yogi/scilab/calc3.htm

2016/10/1(土) 午前 4:28 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

この結果は
歴然で
これが書かれた、環境(マシンのスペックなど)がまだ推定できてないが
実行したとき10倍程度の差がでた条件と
今回の実行で70倍の差と、今でも処理によって7秒かかる手法と瞬間に終わる手法の差は、さらなるスペックの向上を持ってしてもその差の違いを認識させられる。


認識の違いと、新たな手法を再認識させられる。

2016/10/1(土) 午前 4:43 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

警告: 構文 "vector ^ scalar" は廃止予定です. この構文は Scilab 6.0 で廃止されます.
代わりに "vector .^ scalar"を指定してください.

http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~myogi/member/yogi/scilab/calc5.htm

の9行目の件、指示に沿って以下で
ガイダンスは表示されなくなった、実行結果もでているので、これでよいのか?



DebR = (C/DT)*((temp./DT).^5).*integrate('x^5/((exp(x)-1)*(1-exp(-x)))','x',0.0,DT./temp);

2016/10/1(土) 午前 5:05 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

ans =

Handle of type "Legend" with properties:
========================================
parent: Axes
children: []
visible = "on"
text = ["Einstein model";"Debye model"]
font_style = 6
font_size = 1
font_color = -1
fractional_font = "off"
links = ["Polyline","Polyline"]
legend_location = "by_coordinates"

2016/10/1(土) 午前 5:20 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

position = [0.9524590,0.5608696]
line_width = 0.1
line_mode = "on"
thickness = 1
foreground = -1
fill_mode = "on"
background = -2
marks_count = 3
clip_state = "off"
clip_box = []
user_data = []
tag =

Execution done.

2016/10/1(土) 午前 5:22 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

EinC = 3*N0*kB*((ET./temp).^2).*exp(ET./temp)./(exp(ET./temp)-1).^2;
DebC = 9*N0*kB*((temp./DT).^3).*integrate('x^4*exp(x)/(exp(x)-1)^2','x',0,DT./temp);


http://www.phys.u-ryukyu.ac.jp/~myogi/member/yogi/scilab/calc6.htm

2016/10/1(土) 午前 5:25 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

SCILAB 5.5.2
をインストールした環境での実行状況

2016/10/1(土) 午前 5:30 [ ogw*og*3 ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事