車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト ]

消えつつあるケーブルを実感する時:cable:wire:ワイヤ:

急速に変貌しているシステムでメカから電子制御へがある。
その結果旧来からお馴染みの部品に大きな変化が起きている。
 車検でシートベルトの警告灯の点検が行われ、メーターパネルの
脱着を余儀なくされる場合もある。そこでケーブルの有無が作業性に
大きく影響するケースもある。 ここであらためてケーブルの有無と
作業性を認識する事になる。 無い状況に慣れてしまうと、少し
不満も聞かれるのだろう。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

前席用座席ベルトのバックルにおいて、バックルの組立工程が不適切なため、バックル内部構成部品が折損しているものがある。そのため、当該折損破片がバックル内部に噛み込むと、ベルトを装着できなくなるおそれがある。
対 策 全車両、当該バックルを良品と交換する。
CBA-H92W オッティ H92W-0500668
〜 H92W-0500677
DBA-H92W オッティ H92W-0561136
〜 H92W-0561770
三菱

2010/9/14(火) 午前 9:45 ogw*og*2

顔アイコン

消えつつあるケースとタイトルにしたが、
逆に最後まで残るケーブル(ワイヤ)との視点ではどうなのだろうか。

サイド・ワイヤもすでに一部置き換わりの動きがある。
ケーブル(ワイヤ)も使う形態が違うだけで便利な機能は残るのだろうか。
クラッチなどは油圧との並存がなされてきた、それがAT:,CVT:などの台頭で一気に状況が変わった。
ドア・レギュレータにもギヤ式からワイヤ式の食い込みがあった。まだどの方式が優位なのか動向に注目している。

2010/9/14(火) 午前 10:36 ogw*og*2


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事