車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

TO:GRX120:4GR-FSE:TCCS:89661-22A10:G-scan:TSM:

識別情報表示

ECU部品番号 : 89661-22A10



AT / CVT 学習値初期化
Gセンサ0点学習開始
CVT油圧学習開始
インジェクタ補整(手動ID登録)
サプライポンプ学習値初期化
A/Fセンサ学習値初期化
広域気筒間補正学習値初期化
微小噴射量通常学習
S被毒回復制御
DPR強制再生
インジェクタIDコード確認


ECT / SMT

データ表示
保存データ表示
アクティブ・テスト
作業サポート
識別情報表示


ECU部品番号 : 89661-22A10

TCCSとECT / SMTで同じ品番なのは双方が一体となっている。

閉じる コメント(3)

顔アイコン

グラフは高圧側のIDLの分布をプロットしたもの。
D4、燃圧

2012/9/2(日) 午後 3:22 ogw*og*2

顔アイコン

GRX120
4GR-FSE

エンジンが始動しない イグニション・スイッチONにしたがエンジン警告灯が
点灯せず、クランキングしても初爆が無い
(故障コード)ECUとの通信がエラー表示される車名 年式 車両型式 エンジン型式 走行距離
マークX 2007 DBA-GRX120 4GR-FSE 81,000km

翌朝点検のためにイグニション・スイッチONにするとエンジン警告灯が点灯し、
その時クランキングすると初爆はあったが、すぐにエンジン警告灯は消灯し、
初爆も無くなった。

初爆も無く、エンジン警告灯が点灯しないということは、エンジン・コンピュータが
正常に作動していない可能性があるためエンジン・コンピュータの電源とアースを点検してが正常だった。

http://nayami07.red/index.php?%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%EF%BC%B8

2016/2/29(月) 午前 6:16 [ ogw*og*3 ]

顔アイコン

あとは、エンジン・コンピュータ不良が考えられるため、
中古のエンジン・コンピュータと交換しても不具合症状に変化はなかった。

また、人庫後も朝―香のイグニション・スイッチONではエンジン警告灯は点灯するがすぐに消灯しエンジンは始動しなかった。

やはりエンジン・コンピュータが正常に作動していないと考えられるため、再度、竃源とアースを確認したが異常はなかった。

交換したエンジン・コンピュータ不良も考えられるが、全く同じ症状とは考え難い。

行き詰まった結果、
車両は違うがエンジン・コンピュータからの定電圧電源

2016/2/29(月) 午前 6:18 [ ogw*og*3 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事