車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

BW:BMW:MINI:Cooper:ABA-MF16:N12B16A:RECALL:外-1453-0:FUEL TANK:Leakage:R56:
15665-0001

N12B16A:1.59L:1-4-3-2:



リコール 外-1453-0 届 出 日  2007年12月26日
車 名  BMW 対策箇所説明図
不具合装置  燃料タンク 対象台数  15台
輸入/製作期間  2007年07月20日 〜 2007年07月20日

状 況  燃料タンクと給油口パイプの接合部の溶着に不適切なものがあるため、燃料を充填すると燃料漏れを起こすおそれがある。
対 策  全車両、燃料タンクを良品と交換する。


ABA-ME14  MINI One  WMWME32080TM74095
 〜 
 ABA-MF16  MINI Cooper  WMWMF32020TT25243
 〜 WMWMF32090TT25269

閉じる コメント(5)

顔アイコン

117(21):燃料ポンプと燃料タンク
http://blogs.yahoo.co.jp/ducapapa/60694979.html
トヨタ車ミニバン63万台リコール、燃料タンクに亀裂の恐れ
http://blogs.yahoo.co.jp/ygmjpjp/53681343.html
ボルトが刺さり、燃料タンクに穴 中華航空機で事故調委
http://blogs.yahoo.co.jp/action_mt/49103820.html
2007年8月14日 雑草からディーゼル燃料・地球環境機構が新技術
http://blogs.yahoo.co.jp/kedume1998/23926087.html
ホンダFCX-燃料電池は小型化に成功、残るは燃料タンクとインフラ

http://blogs.yahoo.co.jp/tosutaro/25940745.html

2012/9/22(土) 午前 9:31 ogw*og*2

顔アイコン

2代目(2006年-)R55/56/57/58/59/60 [編集]

2代目 クーパー

2代目 クーパーS リア

2代目 クーパーSのエンジンルーム

2005年フランクフルトショーで発表されたコンセプトカー
この時点ではまだ2ドアであった。


クーパーS クラブマン

カントリーマン(クロスオーバー)

クーペ JCW

ロードスター

HOTEIxMINI コラボカー

2006年のモンディアル・ド・ロトモビルで発表。サルーン(ハッチバック)は2代目に移行したが、コンバーチブルは初代が継続して生産されていた。コンバーチブルは2009年モデルより新型を導入。
R55は「クラブマン」、
R56はサルーンの「ワン」「クーパー」「クーパーS」、
R57は新型「コンバーチブル」、
R58は「クーペ」、
R59は「ロードスター」、
R60は「カントリーマン(クロスオーバー)」のモデルコードである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ミニ_(BMW)

2012/9/22(土) 午前 9:40 ogw*og*2

顔アイコン

ボディー構造は、初めての小型FF車ということで、気負いの見られた先代とは異なり、こなれた部分も見られ、開発、製造コストも低減されたと言う。

オリジナルミニ同様、「変わらない良さ」が基本コンセプトとなっており、外観は、先代ミニとの区別が難しいほど類似しており、「変えないこと」に対する意思が強く現れている。ボディーサイズは、前後左右に20mmほど大きくなった。

ヘッドランプ一式が取り付けられた、重く生産コストのかかるエンジンフードは姿を消し、ランプは車体側に固定された。そのためフードの開閉も軽くなった。燃費、省資源や安全に関する面は、相応の改良が成され、確実に進化しているが、R53 COOPER Sと比べ新型COOPER Sの車重は30kg増量し1210kgとなった。

2012/9/22(土) 午前 9:41 ogw*og*2

顔アイコン

エンジンはBMWとフランスのPSAグループとの共同開発による新型エンジン(コードネーム:Prince)シリーズを搭載。最初はバルブトロニック技術を採用した直列4気筒DOHC1600cc(最高出力120ps)エンジンを搭載する「クーパー」と、通常のバルブ機構を備えた直列4気筒1600ccツインスクロール直噴ターボチャージャー(最高出力175ps)の「クーパーS」が発売され、2007年には直列4気筒1400cc(最高出力95ps)搭載の「ワン」と直列4気筒1600ccターボディーゼル(最高出力110ps)搭載の「クーパーD」も追加された。これにより、ディーゼルエンジンに関するトヨタとの提携関係は解消された。

2012/9/22(土) 午前 9:42 ogw*og*2

顔アイコン

トランスミッションはゲトラグ製6速MTと、パドルシフト付きのアイシン・エィ・ダブリュ製6速ATが用意され、油圧制御式湿式多板クラッチの制御問題から評判が良くなかったCVTは廃止された。

発売は、まず、「クーパー」と「クーパーS」が英国及びドイツで11月に発売開始、日本での発売は2007年2月24日となった。

2007年4月より、英国を皮切りにベーシックモデルの「ワン」と、「クーパーD」が発売になったが、日本には「ワン」のみが導入されている。

2012/9/22(土) 午前 9:44 ogw*og*2

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事