車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

イメージ 2

TO:UA-SCP10:HORNが鳴らず:GND:不良:JS0802,p97:

ステアリング・ポスト側に金属接触で車体アースされている事になっている。
それが、接触不良で回路が成立できない。!

Boeing 737は小型なので背面飛行も可能?SWの誤操作でもできる?Aileron trim

「FLT DK DOOR」SWと
近くにある「Aileron trim」とを誤操作?


さて巡航で「Aileron trim」を「FLT DK DOOR」SWを操作する意識で、福操縦士側の片手で見ないで
慣れた手つきで行った場合、機体の挙動はどうなる!


微調整で行うのでは無く、いきなり最大位置まで操作した場合は!

操作した本人は「FLT DK DOOR」SWを操作してドアが開くと思いこんでいる。
それが、全く本人の意識とは違った事態がおきた。 自分が行った操作が、
即誤操作と分かればよいが、おそらくパニック傾向を示す。 とっさに、
反射行動として操縦桿を操作する。

おそらく、データをみれば即その挙動は明らかになる。 
これらのデータは公開されるべきもので、人間の行動分析に役立つ。
多くのものが、日本では非公開になっている。 
これは、不幸なことだろう。
 利害関係より、事実関係を明らかにして再発防止に役立てることが大切だろう。

この点は、現政権までの、原子力事故などの記録を残さない、隠蔽体質、記録を公開しない。
など、似た体質が感じられる。 悩み、苦痛、痛みを伴うものでも乗り越え、直視する
真摯な対応が求められるのだろう。 そのような、人間性をこの国は取り戻せると良いのだろう。
(書いている、当事者には全く自信がないが、期待をこめてメモしておきたい。)

DA:S200V:EF-VE:NOISE:WATER PUMP:異音:WAT:
55000km

カーゴ:1999年-2004年 S200V系)

開く トラックバック(2)

BZ:W210:?:AT:走行中前後できない:クールダウン後走行可:過去に異音も:ATF:GTO12:
1998MY?W210?
80000km程
E-class

半年前には、AT付近からの異音、その時はATFを交換して改善されているそうだ。


今回、走行中前進もバックも出来なくなった。 2Hr程クールダウンして、再始動したら走行
可能になり自走回送できた。 その後著しい症状はでてないとのこと。


DIAG:DTC: ck

ATF: ck
 量、色、臭い、


ATF Pressure: ck

走行データ収集:


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事