車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 1

SU:UA-HE21S:K6A:MIL on:DAIG:14:O2sensor(DTC:P0130P0135)JK1201p85TDA:
2002MY
88700km

14>P0135

O2sensor:Y34000.-

開く トラックバック(1)

HO:RF3:K20A:ENG:停止後始動しにくい:FUEL LINE:RETURNless type:SIN:

走行後エンジンを止めて、5分前後程度しての始動がわるい。
クランキングの時間が長いとか、時にアクセルワークを併用して始動するなど、キュルン一発始動とはならないケース。

燃圧保持、も指摘されたりする。残圧点検

加えて、パーコレーションの発生条件なども注意する必要もある。
どの程度雰囲気温度が上がっている可能性があるのかなど


ちなみに、RF3で少なくても2件似た傾向のものがあったようなので、車種の傾向にも注目してみたいが、
少なくても残圧が急速に低下すると配管内の燃料が加熱されやすい傾向があるとよりそれが加速され、
パーコレーションの状態が起きやすくなる。一度その状態になるとリターンレスではそのガス化した燃料が排除されるまで時間がかかる車のケースでは始動に影響が出る可能性はあるのだろう。

セダンでもVOLVO S40で似た傾向を示すものが1件記憶に残っているが、これも夏季など条件が厳しい状況だった。

2001 Volvo S40 with long crank time?
The car cranks for about 5 sec. before starting. It starts instantly after it has been ran recently but once it has sat for a few hours, the crank time goes back up to 5sec or so.What can I do to shorten the crank time?

http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20091015155922AAJkWdO


少なくても2つの条件がそろってしまうケースで起きやすい。
1つの条件ならどの車でも起きそうなので、
もしある種の傾向があればいくつかの悪い条件がかかわっているとみたほうが理解しやすいのかもしれない。

始動性
1秒以内なら正常(燃料噴射なら)
ここでも微妙な違いがあるのでデータを取ってみるとよいだろう。いまでは診断機があるので試してほしいものです。

何もない時は以下の感覚でどうだろうか

1)キュル(クランキングの感覚)、プルン(完爆の感覚)

2)キュル、キュル、プルン

3)キュル、キュル、キュル、プルン


日頃の始動感覚を覚えておくとよいだろう
キーSWの回す癖もあるので、ST位置からのアクセスを短時間でいかに戻せるかがポイントにも
なる。
これが比較できると、何らかの兆候の手掛かりともなる。
ここでキュルンの時間的間隔、感覚も問題となる。


始動(完爆)しても長くクランキングしているケースなどもみかけるが、その場合
ここを理解していただくには説明が長くなったりして困る。



5秒前後以上なら始動性が悪い
明らかに正常との違いがあるので、違和感を感じるだろう。

開く トラックバック(1)

EV:FCV:HV:磁石の寄与:ネオジウム系磁石:佐川眞人博士68:Nd-Fe-B:NJ120130p4

1960年代の主流はサマリウムーコバルト磁石

佐川眞人博士はNd-Fe-B系磁石を開発、現在さらに改良されつつある。

HV用の200℃耐熱をもつものが作れるようになっっているされる。


EV,FCVの基盤要素の1で、電池ともあいまって車の性能に大きく寄与する。さらなる進展を望んでやまない。

開く トラックバック(3)

イメージ 1

イメージ 1

SB:TT1:EN07:SPI:BAT:Cold Start -2℃:Sampling Interval:0.06sec/1:HDM3K

1項目のみでの測定では表題程度で、グラフでもクランキングの状況も若干かいまみれる



[20130723]
TT1:を以下で試みるが、アクセスできなかった。
DST2:対応せず:

サンバー
EN07
の選択項目があるが、今回試したTT1については対応してない。

どれが対象になるのか、順次サーチしておきたいものだ。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事