車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 1

SU:DBA-MH22S:K6A:SK:002:15659-0009:CO:HC:CO2:BKF:HDM3K:

CO:0.00%
HC:0 ppm
CO2:19.81%

HDM3K:の対応はENG+AT,AirBag(SRS) 他は反応しなかった。 まだDST2ではやってないが、こちらに期待してみたい。さてどうなることやら。

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 1

きのこ3



すでに今回のものは白から茶に変わった段階のものなのだろうか。

?と表題には付けた、微妙な違いがあるので、コメントに検索した結果の一部をメモとして残す。


シロツチガキ (ヒメツチグリ科、ヒメツチグリ属)
Geastrum fimbriatum (Fr.) Fisch., G. sessile (Sow.) Pouz.
http://inflab.nagaokaut.ac.jp/kinoko/kinoko3/358.html

http://inflab.nagaokaut.ac.jp/kinoko/kinoko3/358-3.jpg

開く トラックバック(1)

MA:AT:DTC:P1609:

MA:AT:DTC:P1609:
[2011.09.09:14:40:45]

ECU-ECAT-CUシリアル通信

ハーネスの断線/ショート

セシウム137 (英: caesium-137, 137
55Cs) はセシウムの放射性同位体
http://ja.wikipedia.org/wiki/セシウム137



千葉県は27日、同県我孫子市で採取された露地栽培のシイタケから国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)の4倍近い同1955ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。規制値を超えたのは福島県に次ぎ2県目。
http://mainichi.jp/select/science/news/20110928k0000m040101000c.html

除染:が優先されるべきだろう。それと同時に実態を正確に把握しておくことも大切だ。
それは対応を判断して適切に実行する為には必要なことだから。 それに被害に対する補償の正確な
データとしても欠かせない。 もしそれらが曖昧になると加害者を利することにもなろう。
早く除染にジレンマにならなければと危惧する。

:花粉:汚染

手遅れの行政判断には、批判しても手遅れだ。

情報の収集と判断は独自におこなうしかない。 原子力推進関係者の責任は、事なかれ主義では済まない。
関係者の責任は忘れることなくなされるべきだろう。 しかし、多くの関係者は責任を問われる頃には
すでにこの世に存在してなかったりする。 被害を認識して、それを訴追するには今後どの程度の歳月を要すことだろう。 すくなくても、近隣の方々は声を大にして自己防衛をしていただきたいものです。



汚染された花粉も林野庁は問題ないと報道されていたが、さてその根拠は?少なくても花粉予報にそれらを捕捉しているのだろう。 され、それらの汚染状況も検査しようとの気配はあるのだろうか。
 

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事