車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 1

SB:E-BC*:EJ20:EJ18:E-001,89.02,p192:症例とATS:

1) MIL codeによるATS > A)P36,P54, B)P100,P140,C)P89,P134,D)P111,P158 ,E)P100,P146, L)P93,P138,M)P82,P128,N)P76,P122,O)P97,P143,P)P103,P149,Q)P164
2) SELECT MONITET > A)P176,B)P180,C)P178, E)P176,H)P177,L)P189,P191,O)P178,P)P178,Q)P181
3) その他点検法 > F)P42,P61,H)P47,P66,I)P41,P59,J)P39,P57
4) 始動せず
a) 初爆なし > A)1,B)10,C)11,F)5,G)6,H)7,I)2,J)3,K)4,M)8,N)9
b) 初爆あり > A)1 ,C)10,F)2,G)3,H)4,I)5,J)6,K)7,M)8,N)9,O)11
c) 初爆後エンスト > A)1,B)2,C)7,E)8,F)4,G)5,H)6,I)11,J)12,K)13,M)9,N)10,O)3
5) IDL不安定 > A)1,B)3,C)12,D)8,E)7,F)4,G)5,H)6,I)9,J)10,K)11,M)13,N)14,O)2,P)15,Q)16
6) 一定速走行不良 > A)1,B)4,C)6,D)8,E)7,F)3,G)2,H)9,I)12,J)13,K)14,M)10,N)11,P)5,Q)16
7) 加減速不良 > A)1,B)2,C)6,D)7,E)8,F)3,G)4,H)5,I)13,J)14,K)15,L)9,M)11,N)12,O)10,Q)2
8) IDL回転戻り不良 > C3,D2,O1
9) バックファイヤ、またはアフタファイヤ発生 > C)2,D)3,E)4,G)5,H)6,M)7,N)1
10) ノッキング発生 > B)1,C)2,G)4,L)3,N)5,Q)6
11) 燃費悪化 > B)3,C)4,G)1,H)2,
12) 走行中ショック > A)1,B)7,H)6,I)3,J)4,K)5,N)2,
13) 吹き上がり不良 > B)2,C)3,D)4,E)5,G)1,

点検項目
A)ECU電源/GND
B)AFM
C)THW
D)IDL SW
E)TPS
F)FUEL PUMP
G)PURESSUER REGULTOR
H)INJECTOR
I)IGNITER ,PTr
J)IG COIL
K)IG PLUG
L)KNK
M)CAM SENSOR
N)CRN SENSOR
O)ISCV
P)O2-SENSOR
Q)CHARGE CONTROL VALVE


P***は資料のページを示してます。 Pコードとは全く関係はありません、その当時はまだこの車種には
適用されてません。
 

lithium-ion rechargeable battery:リチウムイオン二次電池:三洋>PSAへも

三洋

PSA>for Peugeot 3008,citroen DS5
HO:
FORD:
VW:
TO:

NEC>NI:
GS-YUASA>HO:



日本経済新聞091101P1

[TERM]息つき(ヘジテーション:hesitationサグ:sag)MI:No.1036G00,94-10,p13A-24

息つきとは、ある車速から加速するためにアクセルレーターベダルを踏み込んだ時の車速、エンジン回転の応答が遅れる状態。
或いは、加速途中に一時的に車速、エンジン回転が落ち込む状態。
 それらはヘジテーションとも呼び、その状態の強いものをサグと呼んでいる。

上記は、その記述での見解なので、他の資料とも比較検証しておきたい。


GAD辞書による
ヘジテーション:hesitation
 エンジンのアクセル操作にたいする遅れ、もたつき
 アクセルを踏んでも想定したように加速しない症状

サグ:sag
 エンジンのわずかな息つきのこと

DOU辞書による
 サグの項目はみつからず

ヘジテーション:hesitation
へジテイション:hesitation
エジテイト:hesitate
ちゅうちょ、ためらい
 アクセルを踏んだとき、車両が円滑に加速されずエンストしたり失速状態に陥ること。
原因は燃料系統の詰まり、点火時期の狂いなど。


sag:

v.
1.to sink or bend downward by weight or pressure, esp. in the middle.
2.to hang down unevenly: a sagging skirt.
3.to droop;hang loosely: sagging shoulders.
4.to yield through weakness, lack of effort, or the like.
5.to decline, as in price.
6.Naut. to driftout of the intended course.

vt.
7.to cause to sag.

n.
8.act of sagging.
9.the degree of sagging.
10.
11.
12.

sagging

1.特に中央の重さか圧力に従って、下向きに沈めるか、または曲げるために。
2.不規則に垂れるように: 弛んでいるスカート。
3.うなだれに; だらりと垂れてください: 弛んでいる肩。
4.弱点、努力不足、または同様のものを通してもたらすために。
5.価格のように減退するために。6.Naut意図しているコースのdriftoutに。
vt。
7.弛むことを引き起こすために。

n。
8.弛む行為。
9. 弛みの度。

開く トラックバック(1)

[TERM]もたつき(スタンブル:stumble)運転性:症状表現

停車状態から発進時、アクセルレーターペダルの変化に対し、エンジン回転数の応答が遅れる。
スタンブルとも言わる。

GAD辞書では

スタンブル:stumble:
エンジンの息付きで、出力低下の大きい場合を言う。

DOU辞書では
スタンブル:stumble:

1)車両がよろめく

2)***(もどる:は誤植のようだ?)=スタッタ:stutter

stutter: 現在では適切な表現ではないようなので、紹介を控える。
     エンジンの回転が上がらない状態

stumble:つまずく
stutter:連続音を発する


-vi:
1. to strike the foot against something in walking, running, etc., so as to stagger or fall;
trip.
2. to walk or go in an unsteadily.
3. to make a slip, mistake, or blunder, esp. a sinful one
4. to proceed in a hesitating or blundering manner, as in action or speech.
5. to come accidentally or unexpectedly (fol. by on, upon, across, etc.).
6. to falter or hesitate, as at an obstacle to progress or belief.

1. よろめくか、または低下するように歩いていて、走っているなどにおける何かに足をぶつけるために。
つまずきます。
2. 歩くか、または入る、不安定に。
3. うっかりとするために、特に罪深いものを間違うか、またはしくじります。
4. 動作中のちゅうちょしながらの、または、不器用な方法かスピーチで続くように。
5. 偶然または不意に、来ます。(fol、オンである、直径である、など)
6. 進歩の障害や信念のように衰えるか、またはためらうために。

開く トラックバック(5)

ま・こ・つ さん、用語[TERM]「しゃくり」でT/Bさせて頂ます。 それに、貴重な事例も感謝です。

症例:
「一定走行の低負荷状態でしゃくり起こしてるっぽい」

しゃくり:を辞書でみると表題の英・米 termが記されてました。
SURGE:サージも参照するようになっているので、そちらもみてみます。

1)バルブ・サージング
2)エンジンのトルク変動によって車体が前後方向に 10Hz以下で揺れる状態。
  定常走行中にアクセル操作によるエンジン出力の変化や失火などに誘発されておきる振動。
  
  これに対して、急加速や変速によってエンジンに急激なトルク変動が生じ、駆動系にねじれ振動が
  起きて、車両が前後方向にガクガクと揺すぶられる現象はしゃくりと呼んで区別している。

サージの別の資料では
3)バルブ・サージの解説、電気的な分野での解説などあり
4)燃料供給が不円滑で、エンジンの息つき、回転変動などを示している。

JEDAでは
5)サージ:息つき
で「しゃくり」の言及は見つからない。


MI:のNo.1036G00,94-10,p13A-24では
いくつかの症状に関わる用語の簡単な解説をしている。

6)しゃくり(サージ):定速走行時、或いは加速走行時に車体が前後方向にガクガクと何度も振動を繰り返すこと。サージとも言う。 としている。


各社の解説書もサーチしておくとよいのだが、なかなかその機会がないので、各位の紹介などにも期待したい。

それに、各社のトレーニングでの認識の違いなどあるのか、それも興味ある点だ。 症状の認識とか表現に各社のトレーニングの違いがあるとすると、微妙な状況に違いも生じる事にもなる。
これは興味あるテーマなので今後も継続してサーチしておきたいものだ。



JISでの用語の解説もサーチしておきたい。


しゃくる?は

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事