車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

BKF:GF-EK3:D15B:681[2008.10.27]8288-408

DATA-NO 681
DSCF0975
MODEL GF-EK3,D15B
MODEL-No. 8288-408
date 2008/10/27
総重量 1200
軸重前 726
軸重後 474
Side Slip OUT:1.5

総和 527
% 43.9
制動力前 415
%[F>50%,40%] 57.1
差 10
LH
%[ <8%] 1.3
ひきずり 17
% 2.3
制動力後 112
%[R>10%] 23.6
差 2
RH
%[<8%] 0.4
ひきずり 13
% 2.7
駐車制動力 250
%[P>20%] 20.8
ひきずり 14
% 2.9

DATA-NO DSCF0976
CO% 0.15
HCppm 5
CO2% 21.14

HEAD LIGHT
DATA-NO DSCF0979
cd 17400
UP-DOWN D
cm/10m 10
L-R L
cm/10m 4

DATA-NO DSCF0980
cd 25000
UP-DOWN D
cm/10m 10
L-R
cm/10m 0

DATA-NO DSCF0978
CO% 0.09
HCppm 7
CO2% 21.26

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 1

MI:FUSO:CANTER:PW:配置図等:Fuel Tank:drain:W24:DC1532:DC2670:
boot:


作成過程ですので。追加情報とか検証、ご指摘下さい。



Fuel Tanl:70L
drain:W24:


TAS...


http://www.monotaro.com/p/1108/4053/
DC1532:
タイロットエンドブーツ
高さ(mm): 22.6 ●メーカー: ミツビシ ●上部内径(mm): 21.6 ●取付け方法: カシメ ●パーツNo.: MK384761 ●主な適合車種: キャンター ●下部内径(Φmm): 38


DC2670:

ドラックリンクブーツ/ドラックリンクカバーブーツ

(キャンター・FE71B/FE83C/FE83Dなど)

DC-2670 φ39.8 φ22.8 30.0

http://www.ohno5825.co.jp/products/size&type.pdf
















:HASPA:FE435F:CLuch:

平成元年式 20万2千km P−FE435F
クラッチが切れない

http://www.haspa.or.jp/members2/topics/troublechute/16/main016.html

開く トラックバック(4)

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

SB:KK3:PW:LH:DOOR SWwiper:circuit:KV3:



wiper:circuit:KV3:

開く トラックバック(3)

イメージ 1

イメージ 1

NKR66ED:LH PW 作動せず:回路概要図:SW交換:改善追加部品付き:接点焼け

TSM氏によると概要図と概報の抵抗とコンデンサの組み合わせの小さい部品が対策品として補給部品に付いていた。

現品との接続関係は確認してないが、各位はどのラインに接続しますか。

電解コンデンサは 47μF、100Vと読めたが抵抗値はどうだろうか。各位で
測定された方が居られましたら紹介下さい。
[2008.10.28]SW接点などを保護して、耐久性を増そうとしているのでしょうね。
流れる電流の変化などから抵抗値を特定する機会があればと思います。


作動
1)左SW操作
モーター2回路アースで待機、指示回路側を押すとアース回路が切れてその回路へ通電され、
モーターが作動する。
今回はそのアース待機に問題があったようだ。 この為マスター側からの操作もでき無かったと
推察している。

2)
左SWは 1)の状態で待機している。 マスター側の左SWでも 2系統がアース状態で待機して
いる。その状態で指示回路側のSWを押すとアース回路が切れて通電され、指示された側の動作が
なされる。

手動モードでの作動の多くが、このような回路構成になっているようです。
回路構成が違うケースなど見かけましたら紹介下さい。


[2008.10.28] この左側SWがOFF状態でアース待機の構成は配線の最小化と+系統の最小化を狙った
ものなのだろう。

[2008.10.31] TSM氏より対策品の抵抗部分が1KohmJの印字があったとの連絡あり。さらに
5pinの端子配列に付いて Rを#1として#3、Lと#5、Gがモータに接続されておりそこに
並列に先の改善対策品が付いている。 
#2と#4がマスター側に接続されているとのことです。


TAS...

イメージ 1

イメージ 1

NKR66ED:LH PW 作動せず:SW交換:改善追加部品付き:接点焼け
詳細写真は以下参照
http://blogs.yahoo.co.jp/ogw3ogw3/GALLERY/gallery.html

1>R >+B
2>L/W
3>L
4>G/W
5>G

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事