車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 1

V-U41V:3G83;wiring:配線:fuse box
The vicinity of fuse box
Related to fuse

開く トラックバック(4)

E11:HR15DE:ENGINE OIL LEVEL:

E11:HR15DE:ENGINE OIL LEVEL:

首下全長 445mm
2L注入してL付近で、先端より27mm
3Lで   H付近で、先端より53mm

エンジン始動して停止直後が43mmで

エンジン停止後の一定時間内に点検するように指示しているものも多い。
そこでエンジン作動状態での点検がスキャナで行えると、上記の時間的な
差を無くせることになる。 



TAS...

開く トラックバック(1)

BZ:C240:WDB2030611F:ENG OIL:ATF:guage無し:OP利用ATF量

オプションのゲージもとの情報を見た事もある。
ツールとしてのレベル・ゲージも売っている。
どれも測れる部位があれば測る条件を整えればどの方法でもよい。
この条件が見解の違いにもなるが、まずは条件提示とそれが安定的な結果をもたらすかが
大切だろう。
 高価なツールを使うにはそれなりの結果が求められる。 安価なツールでも安定した
結果が得られればそれは活用されるべきだろう。
 オイルの量は適正な量が規定されている。 レベルが長く使われている理由は、オイルパン
でのクランク・シャフトの位置関係が大切な要素の1つでもあり、それが安価な手法だからだろう。
これはシステムが変わらない限り原点は同じだろう。
 今では、先に紹介されている、レベル・センサで位置変化を電気信号で得られる。
これを使うとオイルの位置変化から容量変に換算できる。ここで形状が同容器なら単純計算で処理
されるがオイルパンは形状が複雑なので工夫がなされているのだろう。 
ここまで書くとオイル容量の変化で表示されるスキャナでの意味合いなどなるほどと感じるのでは
と思います。 試しにオイルを決めた単位量を順次注入しながらスキャナの表示を観察してみて
欲しい。
 市販ツールでも数種類があるようだが、レベルの比較となるので最初に目安を確認しておきたい
ものだ。加えて先端形状によっては軽く入らないものもあるので注意したい。ちなみにZD30用の
オイル・ゲージはC240のATFに届くようだ。
ATFのゲージの1つは全長が1115で950との実測情報が寄せられている。 詳細情報は機会をみて
確認したいが、各位の実測結果も紹介下さい。
 エンジン・オイルをセンサ値で静止状態とIDLで位置換算してみると、64>55mmと変化してました。



TAS...

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

KG-VWE25:ZD30DDTi:ENGINE wiring:配線:240-C15

写真のピントが甘かったのでイメージとして参照下さい。


http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/15/e7/ogw2ogw2/folder/701586/img_701586_18046511_0_thumb?1224369469
エンジン付近のハーネス概要
OPERAでは表示が違う場合もあるようですが、EXplorerでは予定の表示になっているようです。
表示が出来ない場合は上部にあるサムネールをクリックしてご覧下さい。



TAS...

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事