車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1

イメージ 1

DA:S331:SRS:AirBag:MIL on:DTC:B1800:Squib Circuit:TSM:G-scan:AC:

CN:Lockが少し甘かった。確実に押し込んで完了:

確実に結線されると、メモリーの消去無しに、DTC:は消去される。()

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 1

HO:GD1:NOISE:ゴー異音:Front:HUB bearing:TSM:

年間4万kmも乗ている車



写真は破損したベアリングを洗浄して取り出した金属微粉、中には写真にある大きな剥離した破片もいくつも見られる。

糸くず状のものは濾した紙のもので、転着したときに粘着面に付着してしまった。それを除いて
みてください。












HASPA:ABS:sensor:
LA-GD1

ハブベアリングのオイルシールが磁化されている

http://www.haspa.or.jp/members2/topics/troublechute/18/main018.html

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

DA:EF-SE,VE,DET:TIMING BELT Layout:CRN:CAM:WAT:TSM:water pump:Ca sensor:



[2012.10.25]
60 deg.CR(30 deg.CA)間隔の信号に対し、その間に1つだけ識別信号がある。
その信号を認識した後、次に来る信号が
第一気筒の圧縮上死点前5°(BTDC5°)として検出されるとされる。 このセンサの取り付け位置が、
ともかく始動時の点火時期に大切となる。 始動後はそれなりに補正も加わるのでその影響の程度は
症状が大きくないと認識できないのだろう。
このあたりはscan dataで記録、認識できればと思っている。


EF-SE:のwater pumpは図と写真のように上部に pipe(1)が出ている。 これは、SB:の軽4気筒、サンパー等とかの一部で water pumpの背面に向かって付くパイプの作業性よりはましではあるが、少しは工夫を
するとよいのだろう。


[20131027]
Timing belt,108YH20,の場合、印刷線が 50 toothスパンで2本ある。
この会いマークは下向きで、上側のみでの作業ではミラーで確認することになる。
図のような歯数となっているいるので、上側にもマーキングしておくと、便利な場合もある。

50+(50-1)+9 = 108 tooth

ちなみに、波形チャート(当方がエクセルで簡易的に作図)図でセンサ位置との関係も示して
おいたが、複数チェックの場合に使える。

CRN:22 tooth 、CAM:44 toothで 8.181818°相当で,もし何らかの原因でずれるとそれに相当した
分影響がでる事になる。 もし、外部からそれらに相当する変化が認識できれば、原因の把握に
役立つことにもなろう。






  


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事