車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

エステマハイブリッド 2007/12/20 9:45 [ No.883 / 944 ]
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=AU&action=m&board=1834968&tid=a53a5sa5ta5ea5bfa1bcbfgcg5a1a4ka4da4a4a4f&sid=1834968&mid=883

投稿者 :
sittakaburidesu



おっと、消えては困りますから・・・

トヨタ エスティマハイブリッド AHR10W
平成16年3月、約12万キロ走行
「ハイブリッドシステム異常警告灯が点灯し、ハイブリッド機能が停止する」と言う不具合で入庫。

エンジンを一度切ってしまうと不具合は無くなり、約30分の試乗では再現できなかった。
ユーザーの話では、1週間に1〜2度不具合が発生すると言う。

手持ちのS2000を接続してダイアグコードを呼び出すと、
P3130(インバーター冷却系異常)
詳細情報が1ケあり、346(ウォータポンプ ウイズ モータ系異常)を表示しています。

インバータ冷却水量はOK
ホース類の折れ、干渉はOK
IGスイッチonでウォータポンプ作動音なし
ウォータポンプへの通電はOK
以上からウォータポンプを交換し、ダイアグを消去して作業完了しました。

診断機を使えばどぉ〜ってことのない作業なのですが、
HVコントロール系統ではDLC3短絡での手動ダイアグコード出力が出来ないようです。
ちなみに、手元の診断機X431でも対応は出来ませんでした。
対応診断機が無かった場合、どのような手順で素早く故障探求できたか、シュミレーションしていますが苦労しそうです。

エスティマハイブリッドでは、IGスイッチをONにすると冷却水温5℃以上ではウォータポンプ作動音がします。フューエルポンプやステップモーター式ISCVなどもそうですが、正常時の各システムの作動音も日頃から確認しておいた方が良いようです。

開く トラックバック(2)

Re: カーメディカル最前線! 2007/12/ 5 12:27 [ No.882 / 944 ]
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=AU&action=m&board=1834968&tid=a53a5sa5ta5ea5bfa1bcbfgcg5a1a4ka4da4a4a4f&sid=1834968&mid=882

投稿者 :
tas_net



地元のスキャンツールの導入状況はどのように実感されてますか。
大半が必要性を感じてない?一方で40%程度の普及率?との報道は実態を表していると感じてられますか。 ニーズはあるが手控えているとか身近な雰囲気はどうでしょうか。
 さらに導入されている工場での稼動率の実態はこれまた大きな違いがありそうですね。
 先日遠方の知人と情報交換していたら、その工場にもX431が導入されたとの事で慣れて実測データが届くようになれば嬉しい限りです。

 

TAS...

返信


これは メッセージ 880 tas_net さんに対する返信です

コードリーダの違うアプローチ 2007/12/ 4 17:57 [ No.881 / 944 ]
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=AU&action=m&board=1834968&tid=a53a5sa5ta5ea5bfa1bcbfgcg5a1a4ka4da4a4a4f&sid=1834968&mid=881

投稿者 :
obd777777



 以下のURLを偶然見かけ、水を何に使うのかと思わず注視してしまいました。
 http://www.troublecodes.net/articles/rennacs/

HO:車は結構目視でも読めますが、中には何回も点滅する警告灯を注視しないとコードが認識できにくいものもあります。 そこで、この方はランプの点滅をPCに読ませてしまったのですね。
 常に違う視点で工夫すると、思わぬ収穫もありますか。
各位のアイデアでこの難局を乗り切りたいものです。


TAS...

カーメディカル最前線! 2007/12/ 4 9:01 [ No.880 / 944 ]
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=AU&action=m&board=1834968&tid=a53a5sa5ta5ea5bfa1bcbfgcg5a1a4ka4da4a4a4f&sid=1834968&mid=880

投稿者 :
tas_net



 日刊自動車新聞の連載で診断器の連載第二弾「カーメディカル最前線」が連載されてます。 各位は読んでどの様な印象を持たれてますでしょうか。
前回の連載では診断器のメーカーとかを取り上げてましたが、今回は違う立場の関連業界を含む状況でまた違った見解がでているようです。
 大半の整備事業者がそれらの必要性を感じてないとの言及には、その根拠など興味深々です。 古くから最新ツールがほこりに埋もれているようだとの、笑い種と同様にスキャンツールの多くが同様な状態との言及もこれまた複雑な心境です。
 スキャンツールとか最新のテーマに積極的に取り組んでおられる方々の情報を取り上げられる場になかなか遭遇しないのでその実態が掴み難いですが、断片情報から相当数の方々が大いに励んでおられると感じてます。是非ともそれらの方々の活躍の実情も紹介願えればと思います。


TAS...

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事