車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

昔はZ-engine今はL13A!

昔はZ-engineなどが有名でプラグ交換で不評なエンジン形態もあった。
交換コストも倍で性能貢献などの効果が倍以上だったのでしょうか。
 点火の制御も2系統にしたりして、それも故障の要因にもなったりしたものもある。
 Z以外にもあった記憶があるが、サーチしてみないと思い出せない。
 今回福本児童舎 さんが紹介して下さったHO:L13Aは残念ながらまだ扱ったことが無い。
同じ車種でも4本しか使ってないものがあり、外見で識別するマークを指摘されている方がいた。
さてどんなマークなのだろう。 青と赤だったか?思い出せない。
福本児童舎 さんが指摘していたプラグの使用形態は面白い、その意図とか注視しておきたい。
 コメントでの指摘のEGRに付いても全てが対象になってないなど、その差に注目したい。



TAS...

DA:TA-S221G:走行NOISE

イメージ 1

イメージ 1

DA:TA-S221G:走行NOISE
受注時全く告知なし、走行してびっくりの異音。
ハンドルを切ると音が変化したそうな。
分解にはプレスで瞬間3トン近くを指示していたようです。
この抜けるまでの時間は何とも言えない気分になるのはTAS.だけでしょうか。
また移動する瞬間の衝撃音も心臓に悪いとは思いませんか。
このスリル感に付いては体験されている各位の実感などお聞きしたいものです。
 衝撃音は人によって無害かも知れませんが、不幸にその衝撃で破片が飛ぶと
想定外の事態も想定されそうです。 最低限の防護はすべきでしょう。
この業界は安全にうとい面を見かけることもあります。 気をつけたいと思います。

 今回の分解した部品を短時間だけ拝見させてもらいました。
外側のインナーレースに磨耗がみれました。その側のグリースには内側とは違い
変質したものがみられました。 短時間だったのでベアリングとアウターの状態は
未確認です。そのサンプルが廃棄されなく入手できればさらに詳細の観察ができるのですが、どうなりますか。

さて今回の損傷が何かきっかけだったのか興味ありです。


TAS...


2列

開く トラックバック(4)

イメージ 1

イメージ 1

U44V?4A30:始動できず:スパークが弱い:ITO:Distributor:ディストリビュータ:T6T88071A:
プラグを大気装着で、接地で電極間のスパークが弱い。
さらに接地から数ミリ離すと全くスパークしない。
点火電圧が弱い。 一体型DISのテスト品で始動した。
 そのサンプル品が提供されているので、何か手掛かり
が手軽にテストできそうかやってみたい。
 まず回路概要とか写真を準備中です。 何か手軽に
やってみたい事がありましたら紹介下さい。


TAS...




U41V:Distributor:ディストリビュータ:T2T52273:
内部構成の違いで品番が違うようだ。

音>sound>NOISE

車も音の塊です。
音の捕らえ方で対応が異なる。

不快な音とか有害な音は排除する必要がある。
異音、NOISEを認識したり識別するには固有差があったりして結構厄介だ。

以前から、車のSOUNDを収集したりしている。これも結構課題が多い。
直接耳で聞いた感じと、一度安価な手段で録音したものを聞くと認識の違いがある。
それでも何らかの手がかりとか雰囲気が記録されているものと時々やっている。
ATS-NOISEには音の擬音を主体として各位の表現されたものなどを収集している。
すでに多くの方がトライ、活用されている。 順次T/Bしたり、出合った症例、事例を
紹介できればと思ってます。


TAS...




>sound>


カテコール・アミン(アドレナリン、ドーパミン、)>笑う、泣きなどでも消去できる。
生態防御機構

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事