車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 1

NI:DBA-T31:MR20DE:CVT:HDM3K:data:040:Graph:cold satrt:SK:BKF:CO:HC:CO2:





vol.201010102029,

DSCF7176
F:830kg
R:620kg
15780-0018


DSCF7161


総和 698kg 42.4%

前軸 920kg
制動力前 524 kg
%[F>50%,40%] 56.9 %
差 48 kg
LH
%[ <8%] 5.2
ひきずり 47 kg
% 5.1

後軸重 726 kg
制動力後 174 kg
%[R>10%] 23.9 %
差 1 kg
RH/LH
%[<8%] 0.1 %
ひきずり 23 kg
% 3.1

車重 1646 kg

駐車制動力 331 kg
%[P>20%] 20.1 %
ひきずり 24 kg
% 3.3 %


DSCF7162

CO: 0.00%
HC: 0 ppm
CO2:17.74%

開く トラックバック(1)

消えつつあるケーブルを実感する時:cable:wire:ワイヤ:

急速に変貌しているシステムでメカから電子制御へがある。
その結果旧来からお馴染みの部品に大きな変化が起きている。
 車検でシートベルトの警告灯の点検が行われ、メーターパネルの
脱着を余儀なくされる場合もある。そこでケーブルの有無が作業性に
大きく影響するケースもある。 ここであらためてケーブルの有無と
作業性を認識する事になる。 無い状況に慣れてしまうと、少し
不満も聞かれるのだろう。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事