車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 1

NI:MI:CVTF-Temp-Count graphHDM3K:RVR data:油温カウント:

NM08B,p135変換表掲載

CVTF.temp.sensor
抵抗値

6.5 k ohm :20℃
0.9 k ohm :80℃

電圧値なら条件次第で端子を外さないでも点検できる。
参考値を測定しておくとよいのだろう。
あえて、古くからそのような指示にはその意味があるのだろう。
しかし、現場的には簡易で手間がかからない事が望ましい。

MI:DBA-CY4A:F1CJA(2WD)W1CJA(4WD):4B11:CVT:IDL-N制御:NM12B,p281

アイドル・ニュートラル制御


Dレンジでのクリープ低減
フォワード・クラッチの供給油圧を低下させる。


この制御は、装着車両のみ

MI:DBA-CY4A:F1CJA(2WD)W1CJA(4WD):4B11:CVTの学習初期化要領:NM12B,p273


NM12B,p284
ダイアグノーシス機能

DTC:

インフォメーション画面に、注意喚起表示をする。


fail safe function

開く トラックバック(2)

MI:RVR:GA3W/GA4W:ETACS:HDM3K:G-scan:CVTF劣化度:スペシャル機能:

HDM3K:ENG:CVT:ETACS:等何とか対応、G-scanは?

どちらも、専用でみれるCVTF の劣化度なるものは見れない。
この点については今後サーチしておきたい。

PCベースの専用TOOLには
スペシャル機能:という項目があり、そこからアクセスする。
NM12B、p286










 

開く トラックバック(3)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事