車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

TO:TA-ZZW30:1ZZ-:MR-S:DTC:P1646:P1647:SMT:O2sensor:FFT:G-scan:991:

DTC:

TCCS

P1646:SMT ECU異常
P1647:SMT-EFI 通信不良

FF (DTC): P1646
F/B実施状態 B1: 未実施1
F/B実施状態 B2: 未実施1
エンジン負荷値: 0.0 %
THW : 91 ℃
空燃比F/B値 B1 : -0.0 %
空燃比F/B学習 B1 : 3.1 %
空燃比F/B値 B2 : -0.0 %
空燃比F/B学習 B2 : 1.6 %
エンジン回転数 : 0 rpm
車速 : 0 Km/h
吸入空気温度 : 53 ℃
PS SW : OFF
STOP LAMP SW : ON
電気負荷信号 : OFF
ニュートラルスタート SW : OFF
エアコンSW : OFF
IDL SW : ON
STARTER 信号 : OFF
低負荷時フューエルカット : OFF
IDL on 時フューエルカット : OFF
Gセンサ フューエルカット : OFF
PS 信号履歴 : ON
G sensor F/C通信状態 : 正常
クルーズブレーキ SW : ON
エンジン停止制御履歴 : OFF



グラフはDTCとは直接の関係はないが、この車の事後の状態を示してはいる

開く トラックバック(6)

イメージ 1

イメージ 1

NI:MA:SK82TN:F8:734:O2:STFT:LTFT:G-scan:sampling <1sec.Tire Air Pressure:リコール 国-1295-1:RECALL:

8846km[20120730]
7500km[20110801]
6400km[20000803]


3項目で1秒弱のサンプリング速度、詳細はデータを検証してから

O2-sensor
STFT
LTFT

の3項目で試してみている。

この時期の冷間始動と実走行の2つのデータも収集してみている。

HDM3K、DST2でも若干データ収集している どれも、当然ながらMA:純正とは違うのだろう。


Tire Air Pressure

F:165R14-6PR:350kPa
R:145R12-6PR:300kPa

リコール 国-1295-1:RECALL:
不具合装置  ホイールベアリング 対象台数  40,576台
輸入/製作期間  1999年05月10日 〜 2004年10月30日

状 況  〇洋惷酘絢屬料行装置において、前輪ナックルのベアリング圧入部の構造が不適切なた
 め、当該ベアリング圧入部に溜まった泥水により、オイルシールが摩耗して性能が低下し
 、ベアリングに泥水が侵入するものがある。そのため、ベアリング内部のグリスが流出し
 て異音が発生し、そのままの状態で使用を続けると、最悪の場合、当該ベアリングが破損
 し、走行不能に至るおそれがある。
対 策  〜桓嵶勝▲淵奪ルを対策品(ベアリング付き)と交換する。なお、対策品の供給に時間
 を要すことから、当面の暫定措置として、全車両、ベアリングの摩耗を点検し、異常が認
 められるものは、ベアリングを新品と交換する。

開く トラックバック(1)

DA:ABA-S321G-ZPXZ:KF-DET:eng:oil:filter:15601-97202:736:
ATRAI wagon
turbo



oil filter:15601-97202:ND:115010-6330:<15601-87109:V9111-0101:90915-10003:

Tool:AVSA 064

AL oil pan:ネジ長:15-16mm
BOLT:ネジ長 9.8-11.4mmelt:



AL:belt:90048-31079:4PK718
PS:belt:3PK810
AC:belt:3PK705


BAT:4019L(運転席下側)


Tire Air P:

F:190kPa
R:250kPa
T:420kPa

開く トラックバック(1)

DA:ABA-S321G-ZPXZ:KF-DET:ABS:DTC:C1241:C1259:FFD表示されず:G-scan:736:
15878-0003:
16669km

G-scan,ENG:TCCS:,sampling speed 約1sec.

System search:
EFI
ABS(MIL off,DTC:C1241.C1259)過去歴、警告灯の点灯なし、まだDTC消去してない。
AirBag(DIAGのみ、データなど対応せず)


青灯(この車では緑色)の消灯は、G-scan data,142(02M10S)データが記録されていれば、この直前で
消灯している。


C1241:低電圧、過電圧異常
C1259:TRC信号、IDL up信号異常

FFDのデータは表示されない。 どのような状態でこのコードを記録したのかは、まだ手がかりなし。
一度消去して、再現を待つしかないのだろうか。

開く トラックバック(5)

HL:ハイビーム・インジケータ:SK:点検目安:TO:MR-S:TA-ZZW30:1ZZ-
10384-0006

35500km2010.07.30.

第32条
走行用前照灯

前照灯の点灯操作

走行用前照灯の点灯操作状態を運転者席の運転者に表示する装置を備えること。



平成17年度12月31日以前に制作された自動車には、この表示装置の規定は適用しない。

開く トラックバック(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事