車QF

車のATS:故障探求と故障事例交換

CQF>DATA

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全133ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

TO:DBA-NZE141G:1NZ-FE:CVT:709:DTC:P1605:FFD:CO:HC:CO2:BKF:フィールダー: FIELDER:
15421-0013

56500km

CVT:

DTC:
P1605:アイドル不安定


手元にこの車種の資料が見当たらないが、ネットサーチでは KNKとか多くヒットするが

NM14B、p104 では HDM3Kと同じ表示が記載されている。

MILの点灯はさせない、DTCの記憶はあり

このケースでは
一度消去後はまだ同じコードはとってない。



FFD:

データ転送がまだ完了してないので、詳細不明

概要(一部)

A/F制御 #1:OPEN運転
C.Load: 56.9%
THW: 91℃
STFT: 0.0 %
LTFT: 7.8 %
Ne : 366 rpm
Vs : 37 km/h
IGt: 2.0 dgree
THA: 46 ℃
AFM: 13.8 g/s

イメージ 1

イメージ 2

TO:UA-NCP20改:2NZ-FE:BKF:CO:HC:CO2:TP2446:48817-52010:Bushing front stabilizer:VVT:HDM3K:G-scan



CO: 0.00
HC: 3%
CO2:20

WN14No6p30


HDM3Kでは、この車種でVVT:OCV:などの項目がなかった。

G-scanでは、上記の関連項目の表示と
記録ができた。

開く トラックバック(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

BZ:E320:E-124032:1049:AC:作動せず:1995MY:

開く トラックバック(1)

イメージ 1

NI:Y62:パトロール(Patrol :water base paint:水性塗料:

環境対応と高級車用塗装を両立させた新塗装技術を開発
〜日産車体九州の新工場で「新型パトロール」の塗装工程に採用開始〜

自動車の塗装工程には、塗料をスプレーする工程や高温で焼き付ける工程があり、車体・組立工程等を含めた自動車工場全体のおよそ1/4のCO2を排出している。このCO2排出量を減らし、環境への配慮に対応していくため、中塗り・上塗り工程でのスプレー・焼付けの統合3WET(スリー・ウェット)塗装を採用した。3WET塗装は、中塗り・上塗りのカラーベースとクリアーの3層を連続して塗り重ねた後、1回で焼き付ける方法である。
3WET塗装では3層連続塗装のリスクとして、塗装面の外観品質(肌の平滑感や艶)が従来の塗装方法に比べて低いため、高級車に求められる塗装外観品質を確保することができなかった。
今回、1層目の中塗りに新開発の塗料(吸水性中塗り塗料:*1)を採用し、これまで困難とされてきた水性の上塗りカラーベース塗料との層の間の混層(混じり合い)を解決することで、上塗りを平滑にすることが可能となり、3WET塗装においても高級車に適用できる塗装外観品質を世界で初めて実現した。


http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2010/_STORY/100224-01-j.html

イメージ 1

HO:DBA-GK3:DAA-GP5:HV:7速DCT型AT:water base paint:3コート2ベーク:水性塗料:

Honda S. E. 塗装
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1212/12/news087.html

開く トラックバック(3)

全133ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事