つるりん和尚のああいえばこうゆう録

曹洞宗 松柏山 常圓禅寺ホームページhttp://www.oharu-zizo.jp/

全体表示

[ リスト ]

 
国会事故調で、枝野元官房長官が「記憶にない」を連発していたが、
その無責任さは、超ド級の犯罪のようなものだ。
 
県民健康管理調査で、事故当時の記憶を呼び戻せと言われている福島県民は、時系列、しかも30分単位で記載しなければ、今後健康被害が生じたとしても保障されない可能性もある。
 
「記憶にない」が通用するというなら苦労はない。
 
結局、菅総理を筆頭にした各大臣の他人事のような発言を見ていると危機管理体制云々の前に、当事者意識が著しく欠如しているということなのだろう。
 
それは民主党に限ったことではない。原発政策を進めてきた自民党の無責任体質はそれ以下とも言える。
 
反省がなければ進歩はない。
これは道理だ。
 
今、福島刑務所で命に関わる事案を起こした入所者の特別改善指導をしているが、彼らよりも人間的資質に欠けている気がしてならない。少なくとも自らの“業”と向き合って苦悩している彼らの方に人間らしさを感じる。
 
今日は、国会事故調に佐藤知事が呼ばれる。
東京電力福島第1原発事故で住民避難に活用できなかったことが問題視されている「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)について、福島県が事故後の昨年315日朝までにメールで送られた放射性物質の拡散予測のデータを消去していた件が質問の中心になるだろう。

私としては、オフサイドセンターを撤収した経緯についても深く掘り下げてもらえればと思う。
東電の全面撤退が議論になっているが、これは福島県の全面撤退であったからだ。内堀副知事によって県民が見捨てられたという福島県行政始まって以来の汚点だとも言える。
 
勿論、民間事故調と違い、手ぬるい国会事故調だから期待はあまりできないが、県民は静かに注目している。
 
無責任でいいなら、なんでもできる。
繰り返し言っておきたい。
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事