つるりん和尚のああいえばこうゆう録

曹洞宗 松柏山 常圓禅寺ホームページhttp://www.oharu-zizo.jp/

全体表示

[ リスト ]

裸の王様

 
佐藤雄平知事の参考人意見聴取が『国会事故調チャンネル』で放映されている。
勿論意図的な編集もなく一挙手一投足が映され、全世界に配信された。
恥ずかしいというのが見終わっての率直な意見だ。
これがわが故郷の首長かと思うと泣けてくる。
ノーカットなのだから、どんな言い訳も通じない。
 
先日、国と県のパイプ役として日夜奔走している元日銀福島支店長の鉢村内閣官房審議官が福島県行政を嘆いているという話を聞いた。
復興関係省庁の官僚が“福島県”に対し不快感を示しているというのだが、事故調を見ていて、それも頷けてくるのだから悲しい。もちろん、“福島県民”に対してではない。
県の当事者意識の欠如は明白で、そこに自主性がないことが理由だ。
自発的にこうしたいというビジョンを示さずに金をくれとだけ言ってくる福島県に対し嫌気がさしていると言うのだ。
 
国の政治も、県の行政もどっちもどっちだが、身近な分だけ県に対し失望感を覚える。
 
「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)についての質問に対し、「ついつい見逃した」と知事は答えた。
「ついつい」とはあまりにも凄い表現だ。
情報の中でも当時もっとも必要とされていた情報をついつい見逃したと言うのだから、危機管理などというレベルではなかったのだ。
 
また、オフサイドセンターを撤収したことへの内心忸怩たる想いも伝わりはしなった。県民が路頭に迷っている最中の撤収だったのだから、そこに対する配慮があって当然だ。「オフサイドセンターの線量が高かった」などというのは詭弁に過ぎない。命懸けで県民を守ろうという当事者意識の片鱗も見えなかった。
 
文科省の小中高生向けの放射線に関する副読本の中身も知らなかったようだ。
おそらくあまり興味がないのだろう。
私は、医療・教育・福祉の再生・充実が復興の礎になると言ってきたが、福島県庁にはそれを実感している人はいないのだろうか。言葉では綺麗事はいくらでも言えるが、切実にそう感じていれば具体的にひとつひとつをつぶさに眺め
何が問題で、何が重要かを判断できる。
少なくとも、放射線教育は、今後「福島差別」が行われないようにするためにも、全国民に向けて行われなければいけない最重要政策だ。
「風評被害」を撲滅するなどと言う前に、それが大切なのだ。しっかりとした知的理解がなくてはこうした問題の解決はあり得ない。
 
県民健康管理調査の詳細は担当者でなければ解らないとの発言は、なんら具体的な政策は承知せず担当に丸投げするという、もはや首長としての体をなしていないことを露呈している。
 
そして、保安院が県に対し、3号機の津波対策の必要性を打診していたことを事故調が明らかにすると、「知らなかった」と答弁。副知事までは上がっていたが知事は蚊帳の外だったようだ。
まるで裸の王様だ。
原子力村の人間にいいように操られていたことをこれだけで十分過ぎるほど証明している。
 
国にも県にも市町村にも原子力村の人間は存在する。
医療界には、白い巨塔を大手を振って闊歩している人間もいる。
彼らはつねに自分の利益を優先する。
そのためなら、手段は選ばない。
私たちがいまだに被ばくの検査を受けられないのは彼らの都合を優先しているからだ。
 
福島県民は怒らなければいけない。
強くそう感じた。
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

はじめまして。福島大学を卒業し山形で教員をしている者です。
放射線から子ども達を守るために極めて個人的に活動していますが本日福島の友人から和尚さまの存在を聞きやってまいりました。
本校にも福島から避難してきている子ども達が複数いますが、みな仲良くやっています。この子ども達が将来安心して福島に帰れる日を強く願ってやみません。

2012/6/6(水) 午後 8:10 [ たがまっつぁん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事