虫の声

おどまばかばか ばかんもった子じゃっで よろしゅたのんもすジコ( 利口)かひと

短歌 うゐのおくやま けふこえて

○ひたひたと来たる気配に見返れば名残り月射すうゐのおくやま 〇去年ゆきし友と語らん今年もや山に萩咲き鹿鳴きたりと   ○ありがとが悲しい時があるなどと思いもせずよ君見舞うまで 今年ももう暮れようとしている。 昨年の夏、中学以来の親友が三年の闘病の末、泉下の客となった。 彼とは勉強の出来も同じ位、悪行も同じ位、結婚も同じ頃、お互いの子供が少し反抗したのも同じ、果てはこんな所まで、そう、癌が出来た場所まで同じだった。 まあ、発見時期が少しずれたから、旅立ちも少しずれるか、などと考えている。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事