Life with English - 英日日記 -

お休みしてましたが、また始めました(いつまで続くか!??)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

歴史ミステリ〜??

イメージ 2
 
 
I visited Kunouzan Toshogu last Sunday.
The VOIS’s Interpreters’ Training Course includes an on-site guiding practice and this term we chose Kunozan Toshogu.
 
Did you know Kunozan Toshogu has been designated as National Treasure recently?
It’s the only building National Treasure in Shizuoka Prefecture.
 
Not only was the master priest there kind enough to show us around as long as three hours, but he kindly gave special consideration to our admission fees. For a poor NPO, this is really unusual and we felt grateful.  We have often treated coldly by red-tape type authorities, so his kindness was really impressive.
 
イメージ 1
 
The most interesting point for me was his answer to my question at the tomb of Ieyasu.
As you know, most people believe the remains of Ieyasu were moved to Nikko Toshogu.
So I asked him, “I guess a lot of non-Japanese ask you what is inside the tomb.  How do you answer that?”
He said, “I say, ‘the remains of Ieyasu’”.  I was a bit surprised.
He went on saying “The remains of Ieyasu must be here.  There are some reasons why I say so.  First, the descendants of Tokugawa family visit Nikko Toshogu and Kunozan Toshogu.  At Nikko, they offer prayers at the main building but they do not go up to the tomb.  Here at Kunozan, they offer prayers both at the main building and at the tomb.
Second, the tomb stone yard at Kunozan was built over 20 years after Ieyasu died, after Nikko Toshogu had already been built.  In addition, the construction was done directly by the government.  Usually this kind of construction was ordered to provincial lords those days.  So if the remains had already been moved, the government wouldn’t have had to build this grand grave.  Third, Tenkai, a great Buddhist monk, left a waka, Japanese verse, regarding the transfer of the remains saying “Areba aru, Nakereba nashito, Suruganaru, Kunonakikamino Miyautsushikana”, which I dare translate as follows; “If you think it is there, it is there. If you don’t, it isn’t.  Removing only the spirit of the God in Suruga”.
「あればある なければなしとするがなる くのなき神の宮移しかな」
He said, “Ku ” as in “くのなき神の”, can mean “” meaning the body, so the latter half of the verse says “The God was moved but not the body”.
 
Well, if you are from Tochigi, you have a lot to say for this.
Let’s just believe what we want to believe.  (Running away from a controversial matter....  away .... away  )
 
先週の日曜日、久能山東照宮へ行ってきました。
NPO法人VOISの通訳トレーニング勉強会で、実地ガイド演習が入っていて、今期は久能山東照宮でやると決めたからです
 
最近、国宝に指定されたんですよ〜。ご存じでしたか?
静岡県で唯一の建物の国宝です。
 
宮司さんは私たちを3時間も案内してくださっただけでなく、入場料にもご配慮くださいました。貧乏NPOとしては有難いことです。いつもお役所みたいなところの壁に泣かされているので、ご親切が心にしみます。じ〜〜〜ん。
 
一番興味深かったのは、家康の神廟でのわたしの質問に対する宮司さんのお答えです。
 
ご存じのように、一般的には家康のご遺体は日光東照宮に移されたと信じられていますよね。それで「外国人はこのお墓の中に何が入っているか、聞きたがると思いますが、なんとお答えになりますか?」と伺いました。
宮司さんは、「家康のご遺体です」とお答えになりました。ちょっとびっくりしました。
 
続けてこう説明してくださいました。
「ご遺体はここにあるはずなんです。いくつか理由があります。最初に、徳川家の子孫がお参りなさる時、日光では拝殿でだけお参りをし、お墓には行きません。久能山では拝殿とお墓と両方でお参りをなさいます。
 
第二に、このお墓は家康が亡くなってから20年以上たって、すでに日光東照宮ができた後で、幕府がじきじきに建てています。普通は、大名に建てさせるものですが、幕府が建てているんです。もし、ここにご遺体が無いなら、そういう必要はなかったはずです。
 
第三に、天海僧正がご遺体の移動に関して和歌を残しています。
‘あればある なければなしとするがなる くのなき神の宮移しかな’
この中の「くのなき」の「く」は「躯‐身体」と読むことができ、「くのなき」つまり「体はないが宮を移した」と理解することができます。」
わたしは、とても説得力のある説だと思いました。
 
栃木の方だと、いろいろ反論があるかも知れませんね。
まあ、信じたい方を信じましょう!(逃げた・・・すたこらさっさ〜)
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事